頭皮の生乾きは雑菌などが増えるリスクが高いから悪いのです


きちんと水分を乾かさない生乾きの頭皮環境は、マラセチア菌などの雑菌が増える土壌になってしまうと考えられています。

マラセチア菌は通常量なら頭皮環境を守るためにも必要なのですが、増えると、炎症やかゆみやフケのきっかけになるものです。

また、生乾きの状態ですと毛髪のキューティクルにも悪影響を与えると考えられています。

また、濡れた状態で寝てしまうと、枕が汚れてしまい、それもまた雑菌が増殖するきっかけとなるので生乾きは悪いと言えるのです。

生乾きが雑菌の増殖や髪のダメージにつながります

頭皮トラブルが起きるとシャンプーや髪の洗い方について注意する人も居ますが、乾かし方にも気をつける必要があります。

生乾きだと頭皮にいるマラセチア菌などの雑菌が増殖することにつながると考えられているからです。

この雑菌の増殖した頭皮は衛生面でも問題がありますし、フケやかゆみなどのリスクが高くなると考えられます。

また、髪の毛のキューティクルにも悪影響を与えると言われているのです。

キューティクルは毛髪の表面を覆い外部から刺激に対し、髪の毛を守ると同時にツヤという部分でも大きく関係している成分と考えられています。

しかし髪の毛が濡れているとキューティクルの機能が弱まっているため、ダメージを受けやすい状態と考えられるのです。

さらに、髪をきちんと乾かすのをさぼって眠れば、枕が濡れることにつながります。

濡れた枕は雑菌が繁殖するかっこうの土壌になりますので、頭皮トラブルの原因の一つになることも考えられるのです。

そのため頭皮の生乾きは避け、早めに乾かすことが良いと言えるでしょう。

ドライヤーは正しい使い方を意識するのが大事です


生乾きを防ぐには、ドライヤーを使用して早めに乾かすことをおすすめします。

しかしドライヤーも適当に使っていると、頭皮トラブルにつながるので使い方には注意が必要です。

まず、ドライヤーで乾かすにしても事前にタオルを使い、髪からある程度の水分を吸い取って事前準備を行いましょう。

拭いた後、水が落ちないくらいが目安です。

注意したいのはタオルでこすり過ぎると、髪の毛のキューティクルが剥がれやすいという点です。

優しく水分を拭き取ってあげましょう。

ドライヤーをかける時は指で髪をかき分け、頭皮に向かい熱風を送ることを意識するのが大切です。

しかし、あまりに近づけすぎたり1箇所に長時間かけていたりすると、熱により頭皮がダメージを受けるので注意してください。

少し当てたら次の場所に移動させていくのがポイントです。

全体的に頭皮へ熱風をかけたら次は髪の根元を乾かしていきます。

最後は熱風から冷風に変えて髪を冷ますことでキューティクルを引き締めることができると言われています。

乾かし過ぎるのも頭皮環境の悪化につながります

ドライヤーを使用する時には熱風を1箇所に当て続けないことが重要と言われています。

これは頭皮だけではなく髪の毛を傷める原因の一つになってしまうからです。

頭皮や毛髪にも水分が含まれているため、熱風を当てることで乾燥する可能性が高くなるからと言えるでしょう。

水分が含まれていない毛髪も頭皮はパサパサになってしまうので、ツヤなどもなくなることが考えられます。

また、頭皮が乾燥をすればフケなども生じますし、そこからターンオーバーが乱れ頭皮環境の悪化を招くという悪循環に陥る可能性も出て来るのです。

ただ、生乾きもトラブルにつながるので難しい所でしょう。

実は完全に乾かすのではなく、8割程度で良いという考え方もあります。

8割ぐらいでしたら頭皮の乾燥予防にもつながるので良いと言えるでしょう。

また、毛髪の先は乾きやすいため、その中間や頭皮を乾かしておけば全体の自然乾燥も早まると考えられています。

このように自然乾燥も意識した髪の乾かし方をすることで、効率的に生乾き対策ができると言えるのです。

(まとめ)頭皮が生乾きだと何が悪いの?

1.頭皮の生乾きは雑菌などが増えるリスクが高いから悪いのです

頭皮が生乾きだと、マラセチア菌などの雑菌が増殖する、毛髪のキューティクルが弱まりダメージを受けやすい状態となります。

また枕が濡れるとそれも雑菌が増える温床になるので悪いと言えるでしょう。

2.生乾きが雑菌の増殖や髪のダメージにつながります

生乾きの頭皮は、マラセチア菌などの雑菌が増殖することにつながるため、衛生面の問題やかゆみ、フケなどを引き起こす原因にもなります。

また、生乾きのままではキューティクルも機能が低下し、濡れた枕は雑菌が繁殖する土壌になってしまうと言われています。

3.ドライヤーは正しい使い方を意識するのが大事です

生乾き対策に関しては自然乾燥ではなく、ドライヤーで丁寧に髪を乾かすことが重要になります。

また、ドライヤーの前にもタオルで十分に水分を取ることを心がけることも重要です。

さらにドライヤーの熱風を長時間同じ所に当て続けるのも良くないと言えます。

4.乾かし過ぎるのも頭皮環境の悪化につながります

ドライヤーで熱風を同じ所に当て続けると、頭皮の乾燥につながります。

髪の毛もパサパサになり、ツヤが消えるだけではなく、ターンオーバーの悪化につながるので注意が必要でしょう。

自然乾燥も考えて目安で8割程度を乾かすと良いという話もあります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む