人によって頭皮環境と相性が悪いシャンプーがあるとされています。


頭皮環境によっては、ある人には大丈夫だけれど、またある人には向いていないというシャンプーがあります。

特に注意したいのは洗浄力の強い高級アルコール系のシャンプーや、石油系界面活性剤などが含まれたシャンプーでしょう。

頭皮がそもそも乾燥しやすい人の場合、必要以上の皮脂を取りすぎることで症状を悪化させる可能性があるからです。

シャンプーの成分表示では、一般的に含まれた成分が多いものから順番に記載されており、界面活性剤を含んだものであれば、水の次あたりに表記されていることが多いです。

界面活性剤などの有無を調べるなら、まずは成分表示をしっかりとチェックしてみましょう。

洗浄力の強いシャンプーは刺激が強いです

頭皮環境によっては、適切ではない悪い影響を与えるシャンプーもあるので注意が必要です。

例えば一般的に、ドラッグストアやスーパーなどで販売されているシャンプーもありますが、多くは高級アルコール系界面活性剤や石油系界面活性剤です。

高級アルコール系、石油系界面活性剤のシャンプーは汚れを取り除くという意味では良いのですが、頭皮にかかる負担が大きいために気をつける必要があるのです。

特に乾燥肌や敏感肌の人の場合、水分が蒸発するのを防ぐ働きを持ち、外部からの刺激を防ぐための皮脂まで必要以上に取り除く可能性が出て来ます。

そのため、皮脂量が通常より多くいつもべたついているような人や、普通の皮脂分泌量の人なら良いのですが、乾燥肌やすでに頭皮環境が悪くフケやかゆみや炎症が起きている人の場合では、症状を悪化させる可能性も出て来るのです。

一般的なシャンプーの成分表は、基本的に含まれている量が多いものから記載されています。

シャンプーの成分は50~70%ほどが水であり、界面活性剤を含んだ洗浄剤が30~40%と言われています。

そのため界面活性剤をチェックするなら、水の次などに表示されているものを確認すると良いでしょう。

界面活性剤やシリコンに注意しましょう


厳密に見ると高級アルコール系界面活性剤の一部には、天然由来のものもあるのですが、大半は石油系と考えられています。

石油系のシャンプーで良く見られる界面活性剤はラウレス硫酸Naなどです。

また、界面活性剤だけではなく、シリコンタイプかノンシリコンタイプかも考える必要もあるでしょう。

シリコンが入っているものの場合、髪の毛のツヤを出したい場合には良いのですが、すすぎをきちんとしなければ髪の毛に残ってしまい頭皮への負担につながると言われています。

医療現場でも使用されていると言われていますが、フケなどの原因の一つになるという話もあるので気をつける必要があるでしょう。

では、高級アルコール系や石油系界面活性剤が含まれているもの以外では、どんなシャンプーがあるのでしょう。

頭皮環境を考えた時には、アミノ酸系シャンプーが良いと考えられています。

髪の毛の元はタンパク質なのですが、それはアミノ酸で構成されているので、髪にも優しいと言われているのです。

また、頭皮についても刺激が少ないですし、特に頭皮の乾燥予防という面から考えても良いと言われています。

頭皮環境に合わせアミノ酸系のシャンプーなども選択肢に入れましょう

界面活性剤自体は何も悪いものではありません。

高級アルコール系や石油系のシャンプーなどに含まれることが多いラウリル硫酸Naや、ラウレス硫酸という成分は界面活性剤の一種です。

このような成分は洗浄力が強いのがメリットでありデメリットとも言えます。

そもそも界面活性剤がなければ、頭皮の汚れなどを落とすことがむずかしくなると言われているのです。

ただ、ラウリル硫酸Naは、刺激が強いだけではなく肌の奥まで浸透するので、頭皮環境によっては変えたほうが良いと言われるようになりました。

そのことを踏まえ改良して作られたラウレス硫酸Naでは、ラウリル硫酸Naより分子が大きく肌への浸透率が強くないということがメリットと言えるでしょう。

ただ、洗浄力が強いという点はどちらも変わりません。

どちらも皮脂を取り除きすぎる面があり、頭皮の乾燥を助長するリスクがあるために注意が必要と言えるのです。

そのため、頭皮トラブルが生じたら、高級アルコール系ではなくアミノ酸系シャンプーの方が良いと考えられるでしょう。

また、アミノ酸系なら添加物が少ないもので、同時にイソフラボンなど頭皮に良いと言われている成分が含まれたシャンプーであれば、よりおすすめです。

このように自分の頭皮環境に合わせてシャンプーを選ぶことで、トラブルを極力少なくすることができると言えます。

(まとめ)頭皮に悪いシャンプーってどんなもの?

1.人によって頭皮環境と相性が悪いシャンプーがあるとされています。

乾燥しやすいなど、その人の持つ頭皮環境によっては、洗浄力の強いシャンプーを使うと、余計に症状を悪化させる可能性があります。

特に成分表示で、水の次に表示されることが多い石油系界面活性剤などには注意した方が良いでしょう。

2.洗浄力の強いシャンプーは刺激が強いです

高級アルコール系や石油系や界面活性剤が含まれたシャンプーなどは、洗浄力が強く頭皮の汚れを取り除くにはとても役立ちます。

しかし、頭皮環境が乾燥しやすいなど、弱い人の場合、負担が大きいために必要な成分まで取り除く可能性があるのです。

3.界面活性剤やシリコンに注意しましょう

石油系のシャンプーではラウレス硫酸Naという成分が含まれていることが多いです。

また、シリコンが含まれているものはすすぎが甘いと、頭皮の負担につながると言われています。

一方、頭皮への刺激が弱い代表格が、アミノ酸シャンプーです。

4.頭皮環境に合わせアミノ酸系のシャンプーなども選択肢に入れましょう

界面活性剤は無いと頭皮の汚れを落とせないので必要な成分です。

ただラウレス硫酸Naは、洗浄力の強さで必要以上の皮脂を取り除くことにつながります。

一方のアミノ酸系は添加物が少なくイソフラボンなど頭皮に良い成分があるシャンプーが良いでしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む