ザラザラしてフケが出る頭皮はひどい乾燥や皮膚疾患の可能性があります


頭皮がザラザラしている状態は、かなりダメージがあり、ひどい乾燥状態や皮膚疾患が考えられるのです。

例えば尋常性乾癬という角化異常では、皮膚のざらつきやフケのような鱗屑が落ちて来ます。

原因については明確ではありませんが、一説には遺伝的要因やストレス、不規則な生活から食生活、さらに免疫異常までさまざまな可能性が考えられている症状です。

頭皮がザラザラしてフケがあるのはダメージが大きい状態です

頭皮がザラザラしてフケが生じるのは、頭皮へのダメージがかなり大きい状態と考えた方が良いでしょう。

一般的には頭皮がザラザラしてフケが出て来たら、ひどい乾燥状態になっていることが原因の一つとして考えられます。

しかし、中には乾癬(かんせん)という角化異常によって引き起こされている場合もあるので油断できません。

例えば、尋常性乾癬が挙げられます。

角化異常の一つと考えられており、通常なら剥がれるはずの角層が蓄積されることが特徴と言われています。

この角層が溜まることにより、皮膚のざらつきが生じるだけではなく、皮膚の盛り上がり、紅斑や、フケのような鱗屑やそれが落ちる落屑などが主な症状として挙げられるでしょう。

尋常性乾癬は頭皮だけではなく、体の皮膚などでも良く見られる症状と言われています。

原因についてはまだはっきりとしていないのですが、遺伝的要因、ストレスや不規則な生活、高カロリーの食事を続けた、気候やケガなど、さまざまと考えられているのです。

また、可能性の一つとして免疫異常があるのではないかとも言われています。

生活習慣の乱れが免疫低下につながり頭皮環境も悪化します


頭皮のフケやザラザラ感が皮膚の乾燥から生じていても、あるいは尋常性乾癬だとしても、どちらにも共通する原因が複数あります。

例えば、生活習慣が乱れて不規則な生活を続けているのは、頭皮環境を健康に保つ上でも良くないと言われています。

とくに睡眠不足になりがちな生活習慣ですと、睡眠中に細胞などを修復することに関与する成長ホルモンの分泌に悪影響を与えると言われているからです。

また生活習慣の乱れや睡眠不足がストレスになることで、免疫力の低下にもつながり、外部からの刺激を防いでいる頭皮バリアの機能低下につながることも考えられます。

また、食に関しても暴飲暴食を続けたり、脂っこい食べ物ばかり食べたりしていれば皮脂の過剰分泌が起きるリスクが高まるのです。

皮脂が多くなれば、マラセチア菌という常在菌の増加につながり、頭皮が刺激されることが多くなって頭皮環境の悪化につながることも考えられるでしょう。

また、自分の頭皮環境に合っていないシャンプーを使用すると、うるおいを保つ分量の皮脂まで洗い流すため、皮膚が乾燥する場合があります。

また、頭皮がかゆいからと強くかきむしって傷つけることや、髪をきちんと拭かずにそのままベッドに寝転ぶようなことをするのも、尋常性乾癬につながる可能性があるので注意が必要でしょう。

生活や色に注意し頭皮へ栄養を与えることが大切です

頭皮にフケやザラザラが多くなったら、まず生活習慣や、食生活、さらに髪の洗い方やシャンプーなどを見直す必要があると言えるでしょう。

少なくともストレスが生じたら、ストレスを生み出すものから離れるという対策もできます。

しかし、仕事や働いている会社の人間関係などでストレスが生じているのでしたら、生活も関係してくるので簡単には辞められない人が多いでしょう。

その場合は、自分に適したストレス発散方法を見つけることも大切です。

食生活についても好きなものを好きなだけ食べていたり、毎日、お酒を飲み続けていたりするのは良くないと言えます。

基本は栄養バランスが整った食生活を心がけ、頭皮に良い栄養素が含まれた食べ物を食べるのも対策となるのです。

例えば、大豆などに多く含まれているイソフラボンは女性ホルモンに働きが似ていると言われていますから、頭皮環境を保つためにも取り入れたい栄養素の一つと言えるでしょう。

イソフラボンに関しては、刺激の少ない育毛シャンプーなどにも含まれているものもありますので利用を検討してみても良いです。

また、専門医に相談をするのも、大切な対策となるでしょう。

(まとめ)ザラザラしてフケがある頭皮はどんな状態?

1.ザラザラしてフケが出る頭皮はひどい乾燥や皮膚疾患の可能性があります

頭皮がざらついてフケが生じるのは、ひどい乾燥や尋常性乾癬が可能性の一つとして考えられます。

まだ原因がはっきりとしていませんが、生活習慣やストレス、免疫異常など、さまざまな原因が考えられているのです。

2.頭皮がザラザラしてフケがあるのはダメージが大きい状態です

頭皮のザラザラとしたフケは、尋常性乾癬などの角化異常によって引き起こされている場合もあります。

角層が蓄積されてしまうことで、皮膚のざらつきや盛り上がり、紅斑やフケのような鱗屑などが落ちる症状が生じると言われているのです。

3.生活習慣の乱れが免疫低下につながり頭皮環境も悪化します

頭皮の乾燥や尋常性乾癬は不規則な生活やストレスによって、免疫力の低下が起きると皮膚バリアの機能低下につながると言われています。

食生活やシャンプーも悪ければマラセチア菌の増殖につながり、頭皮環境の悪化につながると考えられているのです。

4.生活習慣や食生活に注意し頭皮へ栄養を与えることが大切です

頭皮にフケやざらつきが生じたら、生活習慣や食生活、シャンプーを見直すことが重要です。

なるべく規則正しい生活を心がけ、ストレスを発散することが重要と言えます。

また頭皮に良いイソフラボンなどの栄養素を摂取するのが良いでしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む