頭皮のゴールデンタイムは成長ホルモンが多く分泌される時間帯です


頭皮に限ったことではなく肌全般にはゴールデンタイムという時間があり、これは午後10~午前2時と言われています。

この時間帯は細胞の修復に必要な成長ホルモンが多く分泌される時間帯であり、代謝にも大きく関係していると考えられています。

ただ、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、ゴールデンタイムに寝ていなければ成長ホルモンも十分に分泌されず、頭皮を含めた肌トラブルになどにも悪影響を与えると言われているのです。

肌のゴールデンタイムは代謝に関係します

頭皮トラブルの対策を行うためには、肌のゴールデンタイムを意識することが大切です。

肌のゴールデンタイムとは午後10時~深夜の午前2時のことで、頭皮だけではなく肌全般でとても重要な時間と考えられています。

その理由は成長ホルモンが盛んに分泌されるからと言えます。

頭皮も皮膚なのですが、その細胞分裂と再生、つまり代謝に成長ホルモンの分泌が大きく関わっているのです。

つまり成長ホルモンの分泌が少なければ、それだけ代謝の働きが悪くなるため頭皮環境を健康的な状態に保つのがむずかしくなると考えられます。

頭皮環境が悪くなっている人の中には、極端に睡眠不足である場合や不規則な生活をしている場合があります。

きちんと睡眠をとらなければ、成長ホルモンの分泌も十分ではなくなることが考えられるのです。

また、頭皮も栄養不足が続けばその状態がだんだんと悪くなってしまいます。

他にも睡眠中は活動中とは反対の、リラックス時や睡眠時に優位となる副交感神経によって血流が増加すると考えられているのです。

血流が増えれば頭皮に必要な栄養が届きやすくなると言えるでしょう。

つまりゴールデンタイムに眠り、しっかりと睡眠をすることは頭皮トラブル予防にも大切と考えられるのです。

午後10時に眠れなければ睡眠の質を上げることが重要です


頭皮の環境を整えるためには、ゴールデンタイムの始まりである午後10時に眠りにつくことが大切だとご説明しました。

しかし、早寝早起きがいいとは分かっていても、実践するのがなかなか難しいという人も多いでしょう。

10時まで仕事をしているという人もいるでしょうし、あるいは自分のやりたいことに時間を充てたいという人も居るはずです。

ゴールデンタイムを過剰に意識し、逆に眠れなくなるという人も少なくありません。

そのような方は、ゴールデンタイムではなく、眠り始めの3時間の質を向上させるということを考えてみましょう。

ゴールデンタイムでなくとも、眠り始めてから最初の3時間を充実した睡眠にするのが大切という考え方があります。

これは、眠り始めてから最初の3時間に、成長ホルモンがたくさん出ることから考えられ始めた説です。

頭皮トラブルを改善するために、絶対午後10時には眠らなければならないとなれば、逆にそれがストレスとなって、最初の3時間の眠りが悪くなる可能性も考えられます。

午後10時~午前2時のゴールデンタイムになかなか眠れないという方は、眠りの質をレベルアップさせ充実した睡眠を取ることを意識しても良いでしょう。

そうすることで成長ホルモンが出て、頭皮トラブルが悪化する状態への予防が期待できるからです。

眠る前にスマホなどを見ず湯船で体を芯から温めておきましょう

頭皮トラブルを予防するため睡眠の質を高めるには何をすれば良いのでしょうか。

ポイントとしては、入眠の際に止めておきたい習慣があると言われています。

代表的なのが光の刺激です。

眠る前に友達や恋人からメールやLINEが来ていないだろうか、とついついスマホを開いてチェックする人も多いでしょう。

しかし、スマホだけではなくパソコンも含め、モニターの光が目に入ると脳が刺激されるだけではなく、入って来た情報によっても興奮してしまうと言われているので注意が必要と言えます。

また、ゆっくりと湯船に浸かってリラックスすることも重要でしょう。

個人差はあるのですが、夏は39度前後で冬は40度前後のお湯に15~20分程度を目安に浸かることで体の芯から温まります。

そしてお風呂から出て大体、1時間30分後には体温も下がって体が睡眠の準備を整えられるのです。

ほかにも、就寝前にカフェインが含まれたコーヒーなどを飲まないようにすれば、頭皮環境にも良い影響を与える質の良い睡眠を取ることが期待できるでしょう。

(まとめ)頭皮のゴールデンタイムって何?

1.頭皮のゴールデンタイムは成長ホルモンが多く分泌される時間帯です

頭皮を含めた肌のゴールデンタイムとは午後10~午前2時と言われています。

この時間は、細胞修復や代謝に関係する成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯なのです。

寝ていなければ十分に分泌されないので、頭皮の代謝にも悪影響があると言われています。

2.肌のゴールデンタイムは代謝に関係します

頭皮だけでなく肌全体の代謝やダメージの修復を考える上でも、ゴールデンタイムでの睡眠はとても重要です。

頭皮環境の悪化が睡眠不足や不規則な生活によって引き起こされている場合もあります。

きちんと睡眠をとることで頭皮を健康的な状態に保ちましょう。

3.午後10時に眠れなければ睡眠の質を上げることが重要です

午後10に眠るのが成長ホルモンをたくさん分泌するのに良いですが、現代社会の生活ではなかなか難しくなっています。

ゴールデンタイムに眠るのが難しければ、睡眠の質を上げて寝入る3時間を充実させるという対策もあるのです。

4.眠る前にスマホなどを見ず湯船で体を芯から温めておきましょう

ゴールデンタイムでも、寝入る3時間の睡眠を充実させたいなら、睡眠環境を整える必要があります。

眠る寸前にパソコンやスマホの光を浴びない、お湯につかり体の芯から温まることが有効と言われているのです。

またカフェインなどにも注意が必要でしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む