頭皮とは薄くデリケートな場所で、トラブルの起きやすい場所です


頭皮も体と同じく皮膚であり、同じ構造をしているのですが、薄い所と言われています。

また頭皮を隠せるのは帽子やタオルを巻くぐらいしかなく、皮下脂肪や服で覆う体とは大きく条件が異なります。

そのため汚れやすい場所だけではなく、皮脂の分泌量が多い部位でもあるのです。

皮脂が多いとそれを餌にするマラセチア菌が増えることも考えられます。

頭皮とは複数のトラブルが起きやすい条件がそろっていると言えるのです。

頭皮とはデリケートな部分なのでトラブルも多いのです

頭皮とはとてもデリケートな部分なので、トラブルも起きやすいと言われています。

頭皮も他の肌と同じように表皮、真皮、皮下組織という構造となっています。

ただ、他の肌より薄いためちょっとした刺激でも敏感に反応することも多いと言われているのです。

たとえば、頭皮がちょっとかゆいからと言って掻いていたら、できものを潰して血が出たり、炎症が起きて余計にかゆくなったりしたという人も少なくないでしょう。

また、頭皮は他の肌より汚れやすいとも言われているのです。

例えば、夏場の肌は衣服などで大気やホコリから守られているのですが、頭皮はどうでしょう。

一日中、ずっと帽子をかぶっているわけにもいかず、そもそもかぶる習慣のない人は外気にずっとさらされている状態と言えます。

また、頭皮は皮脂の分泌量が体の中でも多い部位でもあるのです。

皮脂が過剰に出れば頭皮がべたついてしまい、さらにゴミやホコリなどが付着しやすい環境が作られやすいと言えます。

また、皮脂の過剰分泌によってマラセチア菌という常在菌が増殖することにつながり、頭皮が刺激をされてフケや脂漏性皮膚炎などが生じるリスクも高まると言われているのです。

だからと言って皮脂を取り除き過ぎれば今度は乾燥を誘発してしまい、それもまた頭皮トラブルにつながってしまいます。

このように頭皮とはそもそもトラブルが起きやすい条件がたくさんある部位と言えるのです。

皮脂やマラセチア菌を減らしすぎないケアがポイントです


頭皮トラブルのリスクを少しでも少なくするためには、汚れてもケアをきちんと行うことが重要と言えるのです。

頭皮ケアの基本は髪の洗い方と言えますが、適当にやっていればトラブルのきっかけにもなりかねません。

たとえば、洗浄力の強いシャンプーは、汚れや皮脂も取り除けるので良いと思われがちですが、頭皮環境によってはトラブルを悪化させる可能性があるのです。

皮脂やマラセチア菌は、大量に増えることでフケや悪臭や炎症を引き起こすと言われていますが、シャンプーで除去しすぎると今度は頭皮の乾燥を引き起こす可能性があるのです。

頭皮に皮脂が適量あることで水分の蒸発を防ぎ、肌のうるおいを保つだけではなく外部からやって来るゴミなどから皮膚を守ることができると考えられています。

マラセチア菌についても、数が適量なら害はないと言われており、外部からやって来る菌を防ぐ役割を持っているとされているのです。

しかし、髪の洗い方によってはその数のバランスが崩れてしまい、頭皮にさまざまなトラブルを引き起こしてしまうので気をつけましょう。

刺激の弱いシャンプーで正しく頭皮を洗うことが大切です

頭皮とはデリケートな部位ということを踏まえると髪の洗い方について気をつける必要があります。

とくに頭皮がもともと乾燥しやすい人の場合、皮脂が不足している可能性も考えられるので、洗浄力の強いシャンプーを大量に使って洗うのは良くないと言えるでしょう。

頭皮トラブル予防を考えるなら、刺激の弱いアミノ酸系のシャンプーなどを使って洗った方が無難と言えるからです。

髪の毛をキレイにするというより頭皮の汚れを取り除くという意識でシャンプーを使用し、洗って行くのが良いでしょう。

汚れを取り除くと言っても、激しく爪を立てて洗えば頭皮が傷つき、そこからシャンプーの成分などが入り込んで炎症などのトラブルを引き起こす可能性もあります。

そのため指圧など優しくもみほぐすような感じで洗っていくと良いです。

また、お湯についても38~40度のぬるま湯を意識し、シャンプーやリンスなどをきちんとすすぐ意識を心がけることが大切でしょう。

シャンプーなどが髪の残っていると毛穴につまる、マラセチア菌の増殖につながるので注意が必要です。

もちろん、ドライヤーを使用し早めに乾かすことも健康的な頭皮環境を守るために重要な工程となります。

頭皮とはすぐに汚れてしまう所であるからこそ髪の洗い方が重要と言えるでしょう。

(まとめ)頭皮とはなぜトラブルが起きやすい所なの?

1.頭皮とは薄くデリケートな場所で、トラブルの起きやすい場所です

頭皮の皮膚は体よりも薄く汚れやすい場所です。

また皮脂が多く分泌されるため、マラセチア菌が増えやすい所でもあります。

頭皮とはトラブルが起きる条件が多い場所と言えるでしょう。

2.頭皮とはデリケートな部分なのでトラブルも多いのです

頭皮の皮膚構造は体よりも薄く、刺激に弱い場所でもあります。

また、帽子などをかぶらなければホコリからも守れず、汚れやすい所です。

さらに皮脂が多く分泌されてマラセチア菌も増えやすい環境と言えます。

そのためトラブルが多いと言えるのです。

3.皮脂やマラセチア菌を減らしすぎないケアがポイントです

頭皮とはトラブルが多くデリケートな場所だからこそ、適切な処置が必要です。

シャンプーにも注意しなければ、頭皮の乾燥や肌バリアの低下にもつながります。

また洗い方次第で正常な頭皮環境を守ることができなくなるのです。

4.刺激の弱いシャンプーで正しく頭皮を洗うことが大切です

頭皮環境を守るためには、アミノ酸系など刺激の弱いシャンプーで洗うのが無難でしょう。

38度前後のぬるめのお湯で頭皮を優しくマッサージするように洗い、きちんとすすぎきちんと乾かすことが健康的な頭皮環境を守ることにつながるのです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む