冬の乾燥がフケの平均量を増やす原因として考えられます


冬は大気が乾燥し気温も低いので皮脂が髪の毛に流れず、頭皮で停滞すると言われています。

頭皮で停滞した皮脂は酸化し、頭皮環境の悪化につながると言われているのです。

また、体が冷えると血流も悪くなるため十分な栄養が頭皮に届きづらくなります。

他にも建物に入れば暖房が効いていることが多いので、頭皮が乾燥しやすくなるのです。

冬という季節はフケが多くなる条件が揃っていると言っても過言ではないでしょう。

冬は頭皮が乾燥しやすくフケが増える季節です

冬は夏と比較をすると平均でフケの量が2倍になると言われています。

この理由は冬という季節の特徴に大きく関連することが考えられるのです。

たとえば皮脂は15~17度になると固まるという性質があります。

頭皮から分泌されたばかりの皮脂は液体状なので、髪の毛にまで広がって行きますが、気温が低い冬だと皮脂が固まり、うまく広がっていきません。

皮脂は固まってしまうと頭皮に広がるだけで止まってしまうことが多くなります。

さらに皮脂はそのままの状態ではなく酸化と言った変性を引き起こします。

それが頭皮環境を悪化させる原因となると考えられているのです。

皮脂が変性によって脂肪酸になると、それが頭皮を刺激しますので、頭皮の炎症を引き起こす危険性があると言えるでしょう。

また体が冷えてしまうことで血流が停滞してしまえば、頭皮への栄養分が十分に届かないことにもつながります。

そのほかにも、冬は皮脂の分泌が減少するだけではなく空気の乾燥により水分が蒸発しやすい環境と言えます。

たとえ建物の中にいても、暖房が効いていればそれもまた頭皮の乾燥につながるのです。

頭皮の環境が悪くなればフケはもちろん、かゆみや抜け毛と言ったさまざまな頭皮トラブルが引き起こされるでしょう。

このような複数の原因が、冬になるとフケの量が平均よりも増えてしまう原因として考えられているのです。

シャンプーや髪の洗い方が頭皮の乾燥にもつながります


冬にフケが増えてしまうのであれば、それに合わせた対応をする必要があります。

まずそのためには、過剰な洗髪を避ける必要があります。

洗浄力の強いシャンプーを使用すると、ただでさえ分泌量が減った皮脂を洗い流し過ぎてしまう可能性も否定できません。

皮脂を取り除き過ぎないということを考えると、1日に何度も髪を洗い過ぎるのも注意が必要です。

皮脂は多過ぎず少な過ぎずというバランスが保たれた状態が好ましいと考えられています。

皮脂分泌が少なければ頭皮の乾燥につながる可能性があるため、フケ予防をしたいならシャンプーや髪の洗い過ぎに気をつける必要があるでしょう。

また、血流が停滞してしまわないよう頭皮マッサージを行う、マフラーなどを使用して首周りを暖かくする、ニット帽をかぶるなどもフケ対策に役立ちます。

頭皮マッサージに関してはシャンプーで髪を洗う時に行えば、汚れを落とせますし一石二鳥です。

注意したいのは頭皮が乾燥をしているからフケが多くなると考え、顔に使うような美容液やクリームなどを塗らないことです。

クリームの成分が毛穴に詰まると、頭皮環境がますます悪化する可能性が高くなるため、気をつけましょう。

正しく髪を洗うことでフケ対策が期待できます

冬場、頭皮の乾燥予防として正しい髪の洗い方を覚えておくことに損はありません。

基本的に冬場の洗髪に関しては、過剰に汚れていなければ、2~3日に1度程度でも大丈夫という話があるぐらいです。

特に、もともと頭皮が乾燥しやすい人は、冬場こそ髪の洗い過ぎには注意した方が良いと言えるでしょう。

効果的に髪の毛の汚れを取り除きたいなら、洗髪前の準備がポイントです。

最低限、シャンプーする前にクシ、手ぐしでも良いので髪の毛のもつれを取って置きます。

これは汚れやホコリなどを浮かび上がらせることにもつながり、髪を洗う際、取れやすくなるというメリットもあると言われているからです。

髪は洗う際、冬場だとついつい熱いお湯にしがちですが、頭皮への負担が大きくなるため38~40度にした方が良いでしょう。

シャンプーもそのまま直接髪につけるのではなく泡立てた方が、効率的に汚れを取ることが期待できます。

髪を洗うという感じではなく指の腹を使いマッサージするように頭皮をもみましょう。

また、髪にシャンプーやコンディショナーが残っているのも頭皮環境の悪化につながりますので、きちんとすすいでください。

自然乾燥ではなくドライヤーを使い、早めに髪を乾かすことも大切でしょう。

(まとめ)フケの平均量がより多くなる季節ってあるの?

1.冬の乾燥がフケの平均量を増やす原因として考えられます

冬は皮脂が頭皮で停滞することで、酸化し、頭皮環境の悪化につながります。

また、気温が低いと血流が悪くなって頭皮にも栄養が届かず、さらに暖房などによって乾燥しやすいなどフケが多くなる条件が冬には多いのです。

2.冬は頭皮が乾燥しやすくフケが増える季節です

冬はフケの量が2倍になると言われており、フケが増えやすい条件がそろっているという特徴があります。

皮脂が固まって頭皮環境を悪化させることや、気温が低くなることで血流も悪くなりやすいのです。

また、暖房なども頭皮の乾燥をうながす要因となります。

3.シャンプーや髪の洗い方が頭皮の乾燥にもつながります

フケを増やさないためにはそれぞれの原因に合わせて対処をしましょう。

髪を洗い過ぎる、刺激の強いシャンプーを使用するなど、頭皮が乾燥する要因を避けることが大切です。

また、頭皮マッサージなどで血流が停滞しないようにしましょう。

4.正しく髪を洗うことでフケ対策が期待できます

正しい髪の洗い方をすることで、フケ予防もできます。

洗髪前に髪のもつれを解く、お湯の温度にも注意しましょう。

また髪は優しくマッサージをするように洗い、洗髪後もシャンプーが残らないようきちんとすすぎ、ドライヤーで早く髪を乾かすことも大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む