寝起きにフケが出るのは頭皮のターンオーバーの乱れが考えられます


寝起きのフケは頭皮環境が悪くなりターンオーバーが乱れている可能性が考えられます。

寝起きの枕がフケで汚れているという場合、複数の原因が考えられます。

たとえば、頭皮に適していないシャンプーを使っている、髪の洗い方が間違っているなどのほか、生活環境の問題や不衛生な寝具が原因でもフケが生じてしまうことがあるのです。

頭皮が衛生的に保てていないと、マラセチア菌を増殖させてしまうため、頭皮環境が悪化しターンオーバーの悪化につながるとされています。

頭皮のターンオーバーの乱れで寝起きのフケが増えます

寝起きで枕を見たときフケだらけだった、という時には頭皮のターンオーバーが乱れていることが考えられます。

ターンオーバーとは皮膚の細胞が新しい物に変わるという体のメカニズムです。

このターンオーバーのメカニズムにより頭皮から剥がれ落ちた古い皮膚の細胞がフケと考えられています。

通常のフケの場合、ほとんど目に見えるレベルではないほど小さいです。

しかし何かしらの原因でターンオーバーが乱れると目に見えるほどの大きさになるのです。

この頭皮のターンオーバーが乱れる原因は一つだけではなく複数あると考えられています。

頭皮に適さないシャンプーで髪を洗ったことや、生活習慣の乱れ、枕を含めた寝具が清潔ではないためなどさまざまな原因が考えられるでしょう。

このような原因は頭皮を汚すだけではなく、皮脂の過剰分泌につながり、マラセチア菌という頭皮環境の悪化をもたらすカビを増殖させます。

このマラセチア菌が増殖することによって、頭皮のターンオーバーを乱すことになってしまうのです。

過剰に汚れを落としていないかチェックしましょう


寝起きに異常なほど枕にフケが付くようになってしまった、という時にはまず髪を適切に洗っているかどうかチェックしてみてください。

髪の毛をいい加減に洗っていることも、頭皮のターンオーバーの悪化につながるからです。

とくに気をつけたいのが、洗浄力の強いシャンプーを使用していることでしょう。

石油系界面活性剤が含まれたシャンプーは洗浄力が強いため、汚れをよく落とします。

しかし、その結果として必要以上の皮脂を取り除くために、頭皮の乾燥につながると考えられているのです。

大量の皮脂は脂性フケと言った粘着力のあるフケを生み出し、また、その皮脂を餌とするマラセチア菌などの増殖につながると言われています。

しかし、頭皮から皮脂が無くなりすぎると、今度はうるおいや皮膚バリアの低下が生じてしまうのです。

基本的に頭皮の皮脂は多すぎても少なすぎてもダメで、バランスが取れているのが理想的な状態と考えられています。

洗浄力の強いシャンプーでなくとも、1日に何度も髪を洗うことは皮脂を取り除きすぎる原因の一つになるので気をつけましょう。

他に髪の洗い方で注意したいのは、爪を立てて激しく洗うことです。

頭皮に傷ができれば頭皮環境が悪化しターンオーバーが乱れてしまいますから注意しましょう。

洗髪後のケアや枕を清潔にするのもポイントです

シャンプーを変えたり正しい洗い方をしたりしても、髪の拭き方が悪ければ寝起きのフケにつながる可能性が高くなります。

髪を洗った後すすぎが甘ければ、頭皮にシャンプーやリンスの成分が残ることもあります。

この残りかすはマラセチア菌だけではなく雑菌全般の増殖につながり、頭皮のターンオーバーに悪影響を与えますので気をつけましょう。

また、髪をきちんと乾かさないのもマラセチア菌などが増殖する原因の一つになります。

自然乾燥は頭皮に優しいのですがなるべく早く乾かしたいならドライヤーを使用するのがおすすめです。

ただ、ドライヤーも熱風を当て続けると頭皮の乾燥につながるので冷風も使い髪に当てることを意識するようにしましょう。

髪の毛を乾かせばそれで大丈夫だと安心しないよう注意が必要です。

枕や寝具についても清潔な状態を保つことが大切です。

疲れて帰ってそのままベッドに倒れ込んで寝てしまうような人はとくに気をつけましょう。

枕は汗や汚れ、皮脂がついている状態です。

整髪料を使用しているなら、それがついてしまうことも考えられます。

そのような不潔な枕はマラセチア菌などの増殖につながりますので、定期的に洗濯をする、綿のタオルなどを巻いて汗を吸収しやすくするなど、清潔さを保つようにしましょう。”

(まとめ)寝起きにフケが出る原因は?

1.寝起きにフケが出るのは頭皮のターンオーバーの乱れが考えられます

寝起きの枕がフケで汚れているなら、頭皮環境が悪化していることを考えた方が良いでしょう。

頭皮環境の悪化は、シャンプーや髪の洗い方、生活習慣、寝具の衛生環境にも大きく影響を受けると言われています。

2.頭皮のターンオーバーの乱れで寝起きのフケが増えます

ターンオーバーとは皮膚の細胞が新しいものに変わるメカニズムのことです。

寝起きにフケが生じるのは頭皮環境が悪化したことによるターンオーバーの乱れが考えられます。

洗髪方法や生活習慣、寝具が不衛生など複数の原因で頭皮環境は悪化するのです。

3.過剰に汚れを落としていないかチェックしましょう

原因から考える上でまず一番疑いたいのは間違った髪の洗い方をしていないかどうかです。

洗浄力の強いシャンプーを使っていると必要以上の皮脂を取り除いてしまいます。

皮脂は多くても少なすぎても頭皮環境の悪化につながるのです。

4.洗髪後のケアや枕を清潔にするのもポイントです

洗髪後にきちんとすすいでいなかったり、拭いていなかったりすることもフケの原因として考えられるのです。

これらは頭皮環境を悪化させる雑菌が増殖するきっかけとなります。

シャンプーなどが残らないようすすぎ、ドライヤーなどでしっかり乾かしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む