頭皮の保湿を心がけると、フケが軽減することがあります


毎日シャンプーしているのにフケが気になる、色の濃い服を着ると襟元が気になる、という女性は意外に多いのではないでしょうか。

フケが増える原因はさまざまですが、その根本原因は、頭皮の乾燥であることが多いようです。

冷暖房器具の使用による空気の乾燥、年齢や環境の変化による肌質の変化などから、頭皮が乾燥し、ターンオーバーのリズムが崩れていくことが考えられます。

乾燥が原因で、皮脂の過剰分泌に陥ることもあります。

体の内と外の両面から、潤いを保つ工夫をすることで、頭皮の乾燥を防ぎフケを軽減することが可能です。

頭皮のターンオーバーのリズムを整えてくれるシャンプーや、保湿効果が期待できるヘアケア剤を使用してみてはいかがでしょうか。

シャンプー前に、髪用オイルを頭皮につけてから、洗ったり、簡単な頭皮マッサージをおこなったりするのも効果があるようです。

また、体の潤いを保つ食材を積極的に摂取するのも、大切です。

日常生活の工夫を続けても、フケの症状が改善しない場合は、皮膚の病気の可能性もあります。

皮膚科専門医などに相談するのがよいでしょう。

フケは頭皮の乾燥が原因の場合があります

女性は髪のニオイやべとつきが、まず気になりますから、どうしても髪を洗う回数が増えがちです。

今時、しっかり洗うのは毎日でなくてもよい、と言う美容師さんもいるそうですから、髪や頭皮の「洗い過ぎ」にならないよう、気をつけたいものです。

清潔さは大切ですが、忘れてはいけないのが、頭皮の保湿。

頭皮が乾燥すると、皮膚が生まれ変わっていくターンオーバーのリズムが崩れ、フケが出やすくなります。

ぱらぱらと落ちる乾燥したフケもありますが、リズムの崩れた頭皮が、皮脂を過剰に分泌してしまい脂っぽいフケの塊が出ることもあります。

シャンプーは夜におこない、寝ている間に髪や頭皮に栄養が行き渡るように、睡眠をしっかりとりましょう。

頭皮の潤いを保つヘアケア剤の使用など、工夫が大切です


頭皮の潤いを保つようにすると、フケの症状が軽減する場合があります。

乾燥が特に気になる人は、髪用オイルをシャンプー前に頭皮に塗布し、5分程度置いてから普通に洗髪する、という保湿方法があります。

洗う前なので髪のべたつきは気にならず、頭皮をある程度保護しながら洗うことができます。

また、オイル塗布時でもシャンプー時でもかまいませんが、簡単な頭皮マッサージも効果的です。

髪の生え際(下)から頭頂部(上)に向かって、指の腹で押し上げるように、優しくマッサージします。

血行が促進されることで、頭皮の活力が高まり、保湿力もアップするようです。

髪だけでなく、頭皮への保湿効果もあるシャンプーやコンディショナー、ローションなどが登場しています。

皮脂量を適切に保ちながら、すっきり洗うことのできるスカルプシャンプーを使えば、より頭皮が健康になれそうです。

体の保湿力を高める食事を心がけましょう

体の中から保湿力を高めることが期待できる食材もあります。

漢方では、ゴマ・黒米・黒豆・ユリネ・豚肉・蜂蜜・梨・桃などが、体や肌を潤す食材といわれています。

これらはビタミンB・C・E、皮膚の角質層に必要なセラミドなどの成分を含む食材です。

肌や頭皮の乾燥が気になる人は、刺激の強い食べ物や添加物は避け、できれば糖質の摂り過ぎにも注意したほうがよいようです。

糖質の多い食事ではビタミン類が不足しがちであり、そこに入ってきた糖質を代謝するためにビタミン類を消費するという悪循環が起こります。

体の内と外の保湿を心がけながら、頭皮の健康も維持していきましょう。

頭皮ケアや食生活の工夫を試みて、それでもフケの症状が改善しない場合は、皮膚科専門医などに相談するのがよいでしょう。

(まとめ)フケを抑える方法って何ですか?

1. 頭皮の保湿を心がけると、フケが軽減することがあります

フケの根本原因は頭皮の乾燥であることが多いようです。

冷暖房器具の使用による空気の乾燥、あるいは年齢や環境の変化による肌質の変化などから、頭皮が乾燥状態となり、ターンオーバーのリズムが崩れていくことが考えられます。

体の内外両面から潤いを保つ工夫をすることで、頭皮の乾燥を防ぎ、フケを軽減することが可能です。

2. フケは頭皮の乾燥が原因の場合があります

頭皮が乾燥すると、フケが出やすくなります。

ぱらぱらと落ちる乾燥したフケや、皮脂の過剰分泌により脂っぽいフケの塊が出ることもあります。

シャンプーは夜におこない、寝ている間に髪や頭皮に栄養が行き渡るよう睡眠をしっかりとりましょう。

3. 頭皮の潤いを保つヘアケア剤の使用など、工夫が大切です

髪用オイルをシャンプー前に頭皮に塗布し、5分程度置いてから普通に洗髪する、という保湿方法があります。

髪の生え際(下)から頭頂部(上)に向かって、指の腹で押し上げる簡単マッサージも効果的です。

頭皮への保湿効果もある、シャンプー、コンディショナー、ローションなども登場しています。

4. 体の保湿力を高める食事を心がけましょう

漢方では、ゴマ・黒米・黒豆・ユリネ・豚肉・蜂蜜・梨・桃などが、体や肌を潤す食材といわれています。

ビタミンB・C・E、皮膚の角質層に必要なセラミドなどの成分を含む食材ということです。

肌や頭皮の乾燥が気になる人は、刺激の強い食べ物や添加物は避け、できれば糖質の摂り過ぎにも注意したほうがよいでしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む