低刺激で、しっかりと汚れを落とせるシャンプーのことです


頭皮にトラブルがある方は今お使いのシャンプーや洗い方を見直してはどうでしょうか。

トラブルのある頭皮向けのシャンプーやヘアケア製品の選び方としては、頭皮に刺激がないこと=頭皮に優しいことが重要です。

ほとんどの頭皮トラブルは、急に起こるものではなく、日頃のシャンプーやヘアケア、そして食生活などの生活習慣が積み重なって現れてくるものです。

シャンプーには様々な成分が含まれていますが、その中には強い洗浄力のものもあります。

また、香料や着色料、防腐剤などといったものも含まれています。

シャンプーには少量しか含まれていなくても、刺激になるため頭皮トラブル対策としては避けたほうがよい成分があります。

その点、皮膚に近い成分でできたシャンプーは、低刺激で頭皮や毛髪に優しいです。

しかし高価になります。

また、シャンプーだけではなく、洗い方や乾かし方も見直してみましょう。

予洗いをしっかりすることで同じシャンプーでもしっかり泡が膨らむようになり、ゴシゴシ洗わなくても済むようになります。

シャンプーの成分:高級アルコールについて

市販のシャンプーには、高級アルコール系シャンプーというものがあります。

成分表示の最初のほうに、ラウレス硫酸ナトリウム、若しくは、ラウレス硫酸ナトリウムがあるかもしれません。

これが高級アルコール系界面活性剤で、これらは比較的安く、洗浄力がとても強いという特徴があります。

しかし、洗浄力が強すぎて、頭皮を保護する皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥やバリア機能減少の一因になることがあります。

頭皮にトラブルがある時は、これらの成分が入ったシャンプーは避けるか、使用するならごく少量だけ使って、しっかりと洗い流し、洗髪後に保湿をしっかりとすることが大事です。

高級アルコール系のこれらの成分が決して悪いというわけではありません。

ただ、頭皮トラブル解消のためには、一時的に止めたほうがよさそうです。

頭皮が健康になった後や蒸し暑く頭皮が汚れやすい季節には使うというように、状況に合わせて使い分ければよいバランスが取れるのかもしれません。

シャンプーの成分:パラベン、フェノキシエタノール


化粧品の成分にこだわりを持つ人ならば、一度はパラベンを気にしたことがあるのではないのでしょうか。

パラベンは多くのシャンプーに防腐剤として入っている成分です。

シャンプーは高温多湿のお風呂で使うので、防腐剤が入っていないとすぐに変質して使えなくなってしまいます。

フェノキシエタノールもアルコールの仲間で、防腐剤として多くのシャンプーに入っています。

これらの使われる量はごく少量で、使用割合も決められています。

ただ、これら2つの成分については肌に合わないという人もあります。

そういった方は、パラベンフリーや、フェノキシエタノールが含まれていないシャンプーを選んで使ったほうが、頭皮に優しいといえます。

頭皮に優しい洗い方には3つのポイントがあります

  • 予洗いをする

    ブラッシングをしましょう。

    そうすると髪のもつれをほどき、汚れを落とすとともに、シャンプーの泡が頭皮や毛髪まで行き渡りやすくなります。

    それから、温めのお湯をゆっくり毛髪にかけて、頭皮と毛髪をしっかりと濡らします。

    この予洗いをしっかりとすると、洗浄力の強くないシャンプーでも、きちんと汚れを落とすことができるのです。

  •  

  • シャンプーの泡をたてる

    シャンプーを掌でしっかりと泡立ててから髪の毛につけます。

    指の腹で、頭皮を優しく洗います。

    シャンプーブラシを上手に使うと、頭皮に余計な力がかからずに泡がつき、少ない刺激で洗うことができます。

  • すすぎは十分に

    温めのお湯で時間をかけてすすぎましょう。

    頭皮に残留した泡はそのままだと、新たな汚れや臭いの元になります。

    頭皮にヌルヌル感がなくなるまで泡を残さず、洗い流すことが重要です。

(まとめ)頭皮に優しいシャンプーとはどのようなものですか?

1. 低刺激で、しっかりと汚れを落とせるシャンプーのことです

シャンプーには、香料や防腐剤が入り、強すぎる洗浄力のものもあります。

これらのシャンプーを使い続けていると、人によっては、頭皮トラブルになることもあります。

頭皮に優しい低刺激のシャンプーでも洗い方を工夫すれば、すっきりすることができます。

2. シャンプーの成分:高級アルコールについて

高級アルコール系といわれる界面活性剤を用いたシャンプーが多くあります。

これらは比較的安く、洗浄力が強く、しかし人によっては必要な皮脂まで洗い流して頭皮トラブルの原因になる場合があります。

頭皮が健康な時や特に汚れを落としたい場合などに使い分けるといいでしょう。

3. シャンプーの成分:パラベン、フェノキシエタノール

これら2つは多くの化粧品やシャンプーに少量入っており、防腐剤の役割をします。

防腐剤は必要であり、少量ならば問題ないのですが、人によっては肌に合わないという場合もあります。

これらが入っていないシャンプーを選ぶことも可能です。

4. 頭皮に優しい洗い方には3つのポイントがあります

頭皮に優しいシャンプーでも、すっきりと洗い上げるためのポイントがあります。

まずは予洗いとして、ブラッシングを十分にし、頭皮と毛髪をしっかりとぬるま湯で濡らします。

次に、シャンプーをしっかり泡立てます。

最後は、頭皮にシャンプーが残らないように、すすぎきることが大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む