女性の肌は加齢と共に乾燥するので、フケが出やすくなります


頭皮の乾燥の原因は様々な理由がありますが、そのうちのひとつに加齢があります。

特に女性の場合は20代をピークにして徐々に皮脂分泌が減少してしまうので、頭皮の乾燥も起きやすくなるのです。

加齢と共に乾燥しやすくなる肌に対して、化粧品に気を使う方は多いのですが、ヘアケアにまで加齢対策をしている人は多くありません。

そのため、若い頃と同じようなケアを行っていると、どうしても乾燥性のフケが出やすくなってしまうのです。

「特になにも変えていないのに、急にフケが気になるようになった」という場合、もしかすると加齢のため頭皮が乾燥しやすくなってしまっているのかもしれません。

年齢に応じた肌ケアをするように、髪にも保湿などの対策をしてみてください。

女性の肌の乾燥は加齢と共に発生しやすくなります

私たちの皮膚は、皮脂膜と細胞間脂質(セラミド等)と天然保湿因子の3つによって、肌内部の水分が外に逃げ出さないよう保護されています。

水分を保持してくれる細胞間脂質や天然保湿因子は肌の代謝によって生成されるのですが、実は、加齢に伴って新陳代謝が悪くなると生産量が減少してしまうのです。

その結果、肌の保水力が低下して、乾燥しやすくなってしまいます。

また、肌の表面でバリア機能をもって働いている皮脂膜も同様です。

皮脂も加齢に伴い減少していき、男性の場合は40歳前後、女性の場合は30歳代から皮膚のバリア機能が衰え始めるといわれています。

特に、女性の皮脂量の減少は著しく、50代ではピーク時の半分くらい。

そのため、紫外線や空気の乾燥などの外部刺激が加わると、更に肌の乾燥が進みやすくなっているのです。

肌が乾燥するということは、肌の延長上にある頭皮も、同様に乾燥しているということ。

頭皮の乾燥が続くと、角質層が、代謝とは無関係に剥がれ落ちるようになります。

これが気になるフケの原因です。

女性ホルモンの減少も乾燥に影響します


女性ホルモンであるエストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれており、肌水分量の調節、皮脂分泌量の調整、髪の毛の成長を促す、コラーゲンを増やすなどの働きがあります。

しかし、エストロゲンの分泌量は一生を通して同じではなく、20~30代に生産量のピークを迎えるのです。

その後、加齢と共にエストロゲンの分泌が減少していきます。

女性の肌コンディションは、エストロゲンの分泌量に左右されているといっても過言ではありません。

年齢を重ねるにつれて徐々にエストロゲンの効果が少なくなり、皮脂分泌量が減少する、毛髪の成長が遅くなるなどの症状が気になるようになってきます。

頭皮が乾燥しやすい、髪が細くなった、抜けやすいという毛髪トラブルが増えてくるのは、エストロゲンの分泌量が減るためだったのです。

頭皮にもエイジングケアが必要です

加齢と共に肌が乾燥しやすくなると、化粧品を変えたり保湿に気を配ったりするようになります。

しかし、ついつい頭皮のことは忘れがち。

しかも、頭皮は髪の毛で覆われているために、見た目には乾燥しているか分かりにくいのが難点です。

髪が乾燥しだした、パラパラしたフケが気になるようになってきたという場合、頭皮が乾燥している可能性があります。

そのような症状が気になりだしたら、頭皮にもエイジングケアをしてあげましょう。

肌に合うシャンプーを選ぶ

まずは、毎日使うシャンプーから見直してみましょう。

乾燥と共に頭皮が敏感になっている可能性が高いので、洗浄成分が穏やかで肌に優しいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

また、髪の毛のツヤを出すために含有されているシリコンは、すすぎがしっかりできていないと毛穴に詰まって頭皮に負担をかけてしまうことがあります。

できればノンシリコンタイプが良いでしょう。

スカルプマッサージで血行促進

椿油、オリーブオイル、市販の頭皮用のローションやオイルなどを使用して、定期的に地肌をマッサージしてあげましょう。

指の腹を使い、気持ちが良いという程度の力で頭皮を動かすように揉みほぐしていきます。

オイルを使う場合は、シャンプー前に行うと、毛穴に詰まった余分な皮脂汚れが浮き出るために更に効果的です。

マッサージを定期的に行うことで地肌が柔らかくなり、血行が促進されます。

血行が良くなると必要な栄養が行き渡るようになり、頭皮の乾燥が緩和されていくはずです。

(まとめ)年をとると乾燥でフケが出やすいって本当のこと?

1. 女性の肌は加齢と共に乾燥するので、フケが出やすくなります

頭皮の乾燥には、様々な原因がありますが、そのうちのひとつが加齢です。

加齢と共に乾燥しやすくなった頭皮からは、フケが出やすくなります。

年齢に合わせたエイジングケアや、保湿などをしていくことが大切です。

2. 女性の肌の乾燥は加齢と共に発生しやすくなります

肌は加齢と共に、保湿力やバリア機能が低下していくために、乾燥しやすくなります。

頭皮も肌の延長なので、同様に乾燥しやすくなるのです。

頭皮の乾燥が続くと、角質層が剥がれやすくなり、フケの原因になります。

3. 女性ホルモンの減少も乾燥に影響します

美肌のホルモンといわれるエストロゲンは20~30代でピークを迎え、加齢と共に分泌量が減少していきます。

エストロゲンが減少すると、頭皮が乾燥しやすい、髪が抜けやすいなどの毛髪トラブルが増えます。

4. 頭皮にもエイジングケアが必要です

年齢に合わせて化粧品を変えるように、頭皮にもエイジングケアが必要になってきます。

使用するシャンプーを見直したり、スカルプマッサージで血行を良くしてあげたりして、頭皮の老化を緩やかにしていきましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む