女性の頭皮の汚れはタイプ別に落とすことが大切です

6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_s
女性の頭皮の汚れには、大きな埃などの汚れや、皮脂汚れ、角質、毛穴に詰まった汚れなどがあります。

それらすべてをシャンプーだけで落とそうとすると、どうしても落とし残しが出てしまいます。

また、執拗に洗おうとすることで、必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮トラブルを招く恐れもあります。

ブラッシングやシャンプー、オイルマッサージなどを併用して、汚れを落とすようにしましょう。

シャンプー前にはブラッシングをするようにしましょう

お風呂に入る前、きちんとブラッシングをしているでしょうか。

ブラッシングをすることで、頭皮や髪についた大きな汚れを取ることができます。

毎日使っているブラシには、髪の毛だけではなく、埃などの汚れが付着します。

こうした汚れは、頭皮や髪についていたものが取れているからこそ付くものなのです。

ブラッシングをすると髪の毛が抜ける?

ブラッシングをすると、ブラシに抜けた髪の毛が付きます。

抜け毛が気になる女性の中には、髪が抜けるからあまりブラッシングはしたくないという方もいるかもしれません。

しかし、強く引っ張るような梳かし方をしていないのであれば、ブラッシングで抜ける髪は、近い将来抜ける予定の髪の毛です。

髪はいつか抜けてしまうものですから、神経質になり過ぎないようにしましょう。

ブラッシングの仕方は?

いきなり生え際から梳かすと、髪の絡まりから、まだ育ち切っていない髪が抜けてしまったり、髪の毛が切れてしまったりする原因になります。

ブラッシングは、毛先から丁寧に行うことが大切です。

使用するブラシは、頭皮に傷を付けない硬すぎないものを選びましょう。

皮脂と結びついた汚れはシャンプーで落としましょう

f2f3d2f06589a8a5ce7382b1f1189ebe_s
頭皮にこびりついた皮脂汚れは、シャンプーでしっかり落とすようにしましょう。

皮脂が落ちる温度は?

油のこびりついた食器を洗うには、お湯が効果的ですよね。

それと同じように、頭皮の皮脂も、お湯で洗うことできれいに落とすことができます。

皮脂汚れは、38度から40度程度のお湯で落とすことができます。

実際に温度設定をしてみるとわかりますが、これは、少しぬるいと感じる人もいる温度です。

あまり熱過ぎるお湯を使うと、乾燥の原因となってしまいますから、適温を心がけましょう。

頭皮の汚れを落とすためのシャンプーは?

汚れを落とすことは、頭皮の健康のために大切なことです。

しかし、無理に洗浄力の高いシャンプーを使う必要はありません。

女性の頭皮は、男性に比べて乾燥しがちで、皮膚も繊細です。

洗浄力が強いということは、それだけ皮膚への刺激も強いということですから、トラブルの元になってしまうことがあるのです。

シャンプー剤も汚れになる?

汚れを落とすためのシャンプー剤ですが、頭皮に残ると、反対に汚れとなってしまいます。

シャンプーをした後は、しっかりお湯で洗い流しておくようにしましょう。

定期的に毛穴の汚れをしっかり落とす日を作ることも大切です

デイリーケアとは別に、週に1度や、ひと月に1度など、定期的にスペシャルケアを行うことで、より頭皮の状態をすっきり清潔に保つことができます。

炭酸水洗浄

炭酸水で頭皮を洗うことで、嫌な臭いを防いだり、毛穴の汚れを落としたりする効果が期待できます。

専用の薬剤も売られていますし、無糖の炭酸水を使って洗うこともできます。

オイルパック

オイルを使ったパックは、頭皮の汚れをしっかりと落としてくれる役割を果たします。

頭皮にとって良い効果のある精油を併用したり、保湿に利用したりと、好みや頭皮の状態によって使い分けをすることもできます。

自宅でも気軽に行えますから、ぜひ実践してみましょう。

スペシャルケア

美容院などで行われている頭皮の洗浄ケアは、頭皮をすっきり洗いあげてくれるだけでなく、リラックスやストレス解消にも役立ちます。

頭皮マッサージや頭皮パックなどとセットになっていることも多く、血行促進や保湿効果も期待できます。

頻繁に利用するのは難しくても、日々のご褒美に美容院でのケアを取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

(まとめ)女性の頭皮の汚れを効率よく落とすためには?

1.女性の頭皮の汚れはタイプ別に落とすことが大切です

女性の頭皮の汚れには、様々な種類があります。

それらすべてをシャンプーで落とそうとすると、洗い過ぎで必要な皮脂まで失ってしまうことがあります。

頭皮の汚れは、いくつかのケア方法を併用して落とすようにしましょう。

2.シャンプー前にはブラッシングをするようにしましょう

シャンプーをする前には、大きい埃を取り除くためにもブラッシングをするようにしてください。

ブラッシングをしたときに抜ける髪は、もともと抜ける予定の髪ですから過剰な心配は不必要です。

毛先から柔らかめのブラシで丁寧にとかしましょう。

3.皮脂と結びついた汚れはシャンプーで落としましょう

頭皮の皮脂汚れは、38度から40度程度のぬるめのお湯でシャンプーをして落とすようにしましょう。

汚れを落とすためのシャンプーですが、すすぎ残しは反対に汚れになってしまうため、しっかり洗い流してください。

4.定期的に毛穴の汚れをしっかり落とす日を作ることも大切です

炭酸水での洗浄やオイルパックなどをデイリーケアとは別に定期的に行うことで、より頭皮を清潔に保つことができます。

また、美容院で行えるヘアケアは、洗浄効果だけでなく、リラックスやストレス解消効果も期待できます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む