女性の頭皮のこりをほぐすために、定期的に上半身を動かしましょう

af0100006666l
頭皮のこりは、首や肩、目などの疲れやこりが原因で起こることがあります。

特にデスクワークの女性は、上半身を動かす機会が少ないものです。

1時間に1回など、意識して体を動かすようにしましょう。

本格的なストレッチが難しくても、首を回す、上下左右を見る、腕を回すなどの簡単な動きだけでも、行うことでこりを軽減させることができます。

こりは、血行不良が原因で起こります

こりの大きな原因に、血行不良が挙げられます。

1日中同じ体勢で作業を続けていると、肩や首などが痛くなることがあります。

これは、同じ体勢をとり続けることで血行が悪くなり、こりが起こっているためです。

パソコンやスマホが普及したことで、両腕を前に出した猫背の体勢で長い時間を過ごすことが増えた人も多いでしょう。

しかし、こうした格好を取り続けていると肩がこってしまいます。

また、やや前かがみになることで、頭を支えている首がこったり、同じ距離を見続けることで目がこったりしてしまうこともあります。

仕事でデスクワークを行っている人は、仕事が終わって異なる姿勢を取ったとしても、また次の日には、何時間も同じ体勢を取ることになります。

すると、血行はどんどん悪くなり、こりが悪化していってしまうのです。

また、仕事が終わってからもプライベートでパソコンを使うという人や、スマホをつかってコミュニケーションを取ることが多いという人は、より一層血行不良が起こるリスクが高まります。

こりをほぐすためには、入浴やマッサージが効果的です

imasia_13994934_L
こりを改善させるためには、血行を良くする必要があります。

血行改善のためには、次のようなことが効果的です。

入浴

入浴をすると、全身がぽかぽかと温かくなります。

これは、血行が改善されているためです。

血行を良くするためには、熱過ぎないお湯にゆっくりと浸かるのが効果的です。

季節を問わず、ぬるめのお湯に浸かる習慣を付けましょう。

マッサージ

整体やマッサージに行ってこりをほぐしてもらい、楽になったという人もいるでしょう。

マッサージをすることでも、こりをほぐすことができます。

人にしてもらうマッサージも心地よいものですが、自分で肩や首、頭のツボを押したり、揉んだりすることでもマッサージ効果を得ることができます。

運動

身体を動かして、凝り固まってしまった筋肉を動かしてみましょう。

普段あまり動かさない筋肉を動かしたり、日頃とは違う動かし方をしたりすることで、こりが改善する効果を期待できます。

また、運動をすること自体も、血行改善のために役立ちます。

「こらない」対策も大切にするようにしましょう

頭皮の健康のためには、こりをほぐすことももちろん大切ですが、そもそも、こらない工夫をするということも大切です。

同じ体勢をとり続けない

同じ体勢を取り続けることは、こりの大きな原因になります。

1時間に1度は立ち上がって別のことをする、ストレッチを定期的に行うなど、体勢を変えることを意識して生活するようにしましょう。

体に負担のかかる体勢は避ける

ねそべって本を読んだり、猫背で過ごしたりということは、体のためによくありません。

また、パソコンデスクの高さが高すぎると、腕の位置が不自然になり、こりの原因になります。

不自然な体勢を避け、なるべく姿勢よく過ごすように心がけましょう。

その他、猫背も肩や首、頭のこりの原因になります。

頭をしっかり首で支えられるように、美しい姿勢を心がけましょう。

筋肉を付ける

筋肉量が増えると、血行もよくなります。

筋肉を付けるために運動を日常的に行うようになれば、それだけ体を動かす機会が増えるため、こりの軽減も期待できます。

女性は男性に比べて筋肉が少ないため、積極的に体を動かしてしなやかな肉体づくりを目指しましょう。

(まとめ)女性の頭皮のこりをほぐすために今すぐできる対策は?

1.女性の頭皮のこりをほぐすために、定期的に上半身を動かしましょう

頭皮は、肩や首、目などのこりが原因でこってしまうことがあります。

上半身をあまり動かさない生活を行っている人は、意識して動かすようにしてください。

首や腕を回すといった簡単なことだけでも、こりを軽減させることができます。

2.こりは、血行不良が原因で起こります

パソコンやスマホが普及して、両腕を前に出した状態で長い時間を過ごしたり、同じ距離にある画面を見続けるようになったという人も多いでしょう。

毎日こうした生活をしていると、血行が悪くなり、どんどんこりが悪化していってしまいます。

3.こりをほぐすためには、入浴やマッサージが効果的です

コリを改善させるためには、血行を促進させる必要があります。

そのためには、ぬるめのお湯での入浴やマッサージ、運動などが効果的です。

入浴習慣をつけたり、マッサージや運動を意識して行ったりするようにしましょう。

4.「こらない」対策も大切にするようにしましょう

頭皮の健康のために、こらない工夫をすることも大切です。

同じ体勢を取りつづけないように、意識して体を動かすことや、姿勢良く過ごすことなどを意識しましょう。

運動をして筋肉をつけるのもおすすめです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む