女性の頭皮の潤いを保てるようなシャンプータイムが重要です

2369bdbf45a79e7e50ab4a5219331782_s
女性の頭皮の潤いは、ストレスや加齢、生活習慣など、様々な原因によって失われてしまいます。

こうした潤いを保つためには、潤いのためのシャンプータイムを過ごすことが大切です。

入浴時間を単なる洗髪時間と捉えるのではなく、心身のケアタイムと考えて、頭皮のお手入れを行いましょう。

頭皮に潤いを与えられるシャンプーやヘアケア用品を使うのもお勧めです。

女性の頭皮環境は年齢や日々の暮らし方によって異なります

女性の頭皮環境は、加齢などの要因によって乱れていきます。

20代のうちはなんの問題もなかったことが、将来の頭皮トラブルに繋がってしまうこともあるのです。

加齢

女性のお肌の美しさに深い関係のある女性ホルモンエストロゲンは、30代の初め頃をピークに減少していきます。

すると、お肌が乾燥しがちになり、シワやたるみなどの問題が出てきます。

これは頭皮に関しても同様で、30代、40代になってくると、だんだんと乾燥が目立ってくることがあります。

また、エストロゲンは美しい髪の成長にも関わっているため、年齢が上がるにつれてヘアサイクルが乱れたり、健康な髪が育ちにくくなったりすることもあります。

生活習慣

20代のうちは体も健康ですから、多少夜更かしをしたり、栄養バランスの悪い食事を摂ったりしていても、すぐに回復できるかもしれません。

しかし、年齢を重ねるうちに、体の無理が利かなくなってきます。

飲酒や喫煙習慣がある場合も、長く続ければ続けただけ頭皮への影響が大きくなっていきます。

また、年齢があがるにつれて、毎日の生活の中で感じるストレスも多様化してきます。

こうしたストレスに長期間さらされると、頭皮環境はどんどん悪化していってしまうのです。

日々の暮らしの中でリラックスしてケアを行う習慣をつけましょう

Fotolia_69476316_Subscription_Monthly_M (1)
毎日の生活の中で、特に女性にお勧めのケアタイムが「入浴時間」です。

ひとり時間の確保

入浴は毎日行うことですから、忙しくてなかなか自分のための時間がとれない女性でも、比較的確保しやすい時間です。

また、女性は男性に比べて家族のために時間を取られてしまうことも多いものですが、入浴は多くの場合ひとりで行います。

ひとりきりの時間を持つことは、ストレス解消とリラックスのためにとても重要なことです。

心身のリラックス

ゆっくりとお風呂に浸かることは、心身のリラックスに役立ちます。

知らず知らずのうちに蓄積されてしまうストレスを毎日の習慣の中で解消できるようにしていきましょう。

お風呂に浸かることで全身の血行が良くなれば、コリが改善され、代謝も高まって、気持ちだけでなく体の調子も良くなります。

ヘアケア

入浴時間は、ヘアケアにもぴったりの時間です。

オイルなどを使った頭皮マッサージは、シャンプー前にするのがお勧めですから、洗髪の前に湯船に浸かりながらケアしましょう。

入浴後は、化粧水やボディローションを使うのと同時に、頭皮に潤いを与える頭皮用ローションやヘアオイルでの頭皮に潤いを与えるようにしてください。

加齢による潤い不足にはなるべく早くから対処しましょう

加齢による頭皮の潤い不足は、誰にでも起こることです。

20代のうちから頭皮の潤いに気を配った生活を送って、30代、40代と年齢を重ねた時にパサパサの頭皮になるリスクを減らすようにしましょう。

頭皮に無理をさせない

紫外線を浴びたり、繰り返しブリーチを行ったりすると、頭皮にはどんどんダメージが蓄積されてしまいます。

ヘアカラーやパーマ、スプレーなどのヘアスタイリング剤にも注意が必要です。

生活習慣を整える

20代のうちに無理な生活を送る習慣をつけてしまうと、年齢を重ねた後でもその習慣が抜けずに頭皮環境の悪化を招きます。

早寝早起きや栄養バランスに気を付ける生活を心がけるようにしましょう。

毎日規則正しい生活を送るのは難しい人でも、健康的な暮らしを送ろうという心構えがきちんとできていれば、生活を整えることは可能です。

頭皮ケア習慣

20代のうちから、頭皮用のローションを使ったり、頭皮マッサージを行ったりすることを習慣づけましょう。

早いうちからケアしておくことで、頭皮の潤いを保つ効果が期待できます。

頭皮ケアはとても気持ちの良いものですから、リラックスして行うようにしてください。

(まとめ)女性の頭皮の潤いを保ち続けるためのシャンプーとは?

1.女性の頭皮の潤いを保てるようなシャンプータイムが重要です

頭皮の潤いは様々な原因で失われます。

潤いを保つために、心身のケアのためのシャンプータイムを取るようにしましょう。

頭皮の潤いのためのヘアケア用品を使うのもお勧めです。

2.女性の頭皮環境は年齢や日々の暮らし方によって異なります

頭皮環境は、加齢や生活習慣によって変わっていきます。

年齢が高くなると、髪や肌の健康に役立つ女性ホルモンエストロゲンが減少してしまいます。

また、ストレスや睡眠不足、喫煙などでも頭皮環境が悪化します。

3.日々の暮らしの中でリラックスしてケアを行う習慣をつけましょう

忙しい毎日の中でも、入浴は必ずしなければいけないことです。

この時間をリラックスしたヘアケアタイムに充てるようにしましょう。

ゆっくり湯船に浸かったり頭皮マッサージを行ったりして、入浴後は頭皮用ローションなどで潤いを与えてください。

4.加齢による潤い不足にはなるべく早くから対処しましょう

加齢による頭皮の潤い不足を防ぐために、20代のうちから頭皮ケアを心がけるようにしましょう。

頭皮に無理をさせずに健康的な生活を送ることや、頭皮の潤いケアをする習慣をつけることが大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む