間違ったシャンプー習慣は女性の頭皮の炎症を起こす原因となります

7b520e532f59f898bfa8c7163c32cd42_s
刺激物やアレルギー物質との接触、頭皮の乾燥、汚れなどによって頭皮に炎症が起こることがあります。

こうした炎症の原因となってしまう刺激物には、食べ物やほこり、ヘアケア用品などが含まれます。

アレルギーを持っている人はもちろん、そうでない人も、シャンプーなどが体質に合わないと炎症が起こることがあるのです。

また、シャンプー方法を間違えて頭皮が乾燥してしまったり、汚れが溜まったりすることも頭皮の炎症に繋がります。

自分の頭皮にあったシャンプーを選びましょう

頭皮の炎症を防ぐためには、頭皮にあったシャンプーを利用することが大切です。

もし、今使っているシャンプーで快適な頭皮環境が実現しているのであれば、無理に変える必要はありません。

しかし、痒みなどの症状が現われてしまった場合はシャンプーを見直すようにしてください。

頭皮が乾燥して痒みがある

頭皮が乾燥してしまっている時は、保湿力の高いシャンプーを選びましょう。

保湿成分には様々なものがありますから、シャンプーの説明書きを参考に選ぶようにしてください。

また、洗浄力が強いシャンプーは、乾燥対策には向いていません。

洗浄力の穏やかな肌に優しいシャンプーを使いましょう。

頭皮がべたついて不快感がある

頭皮がべたついている場合は、きちんと皮脂が落とせていない可能性があります。

シャンプーの洗浄力が極端に弱いものを使っている場合は、少し強いものに変えてみても良いでしょう。

ただし、洗浄力の高すぎるシャンプーは却って皮脂分泌を盛んにしてしまうこともあります。

理由はわからないが頭皮が痒い

シャンプーに含まれる香料や保存料などが頭皮への刺激になってしまっている可能性があります。

香りの強いシャンプーや、保存料や着色料が含まれているシャンプーを使っている場合は、別のものに変えてみましょう。

頭皮の炎症は丁寧にシャンプーをすることで防げます

imasia_7890632_M
炎症の原因のうちのいくつかは、シャンプーを丁寧に行うことで防ぐことができます。

頭皮への刺激

頭皮への刺激は、頭皮を荒らす原因となります。

乱暴に爪を立ててシャンプーを行うことで、頭皮に傷がついて、そこから炎症が起こることもあります。

頭は、爪を立てずに指の腹で洗うようにしましょう。

頭皮の乾燥

熱いお湯を使って頭を洗い流すと、必要な皮脂まで洗い流されてしまい、乾燥の原因となります。

熱いお湯で思い切りシャンプーを流すのは気持ちの良い行為ですが、頭皮を労わるためには40度弱程度のぬるめのお湯を使うのがおすすめです。

頭皮の汚れ

シャンプー剤をきちんと洗い流さないことで、頭皮に汚れが残ってしまいます。

こうした汚れが頭皮に残ることで、雑菌が繁殖し、炎症が起こります。

シャンプーを使った後はしっかり洗い流すようにしましょう。

頭皮の湿気

濡れたままの頭を放置すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

髪を洗ったら、しっかりタオルドライをして髪を乾かすようにしてください。

ドライヤーを使う時は、頭皮に熱風を近づけすぎないようにしましょう。

頭皮の痒みを軽く捉えてしまわないようにしましょう

頭皮の軽い痒みは、多くの女性が経験したことのあるものでしょう。

ちょっとした痒みは、たまたまシャンプーを長く出来なかった時や、汗をかいた時などにも起こるものです。

しかし、こうした痒みが深刻な炎症に繋がってしまうこともあるため、「単に少し痒いだけ」と軽く考えてしまうのは危険です。

アレルギー物質や刺激物が原因の場合

シャンプー剤が合わないといった理由で痒みが起こっている場合、そのシャンプーを使い続けることで、どんどん症状が悪化してしまうことがあります。

体質に合わないものを使い続けることは、デメリットばかりで何のメリットもありません。

原因となっている物質を見きわめて、早々に取り除くようにしましょう。

シャンプーの仕方が悪い場合

シャンプーの仕方に問題がある場合は、早めに対処しないと薄毛や抜け毛、フケ、頭皮の臭いなどを引き起こしてしまいます。

正しいシャンプー方法を実践することは、炎症の予防や改善だけでなく、頭皮環境の改善に大きな効果を発揮します。

(まとめ)女性の頭皮の炎症はシャンプーによって起こる?

1.間違ったシャンプー習慣は女性の頭皮の炎症を起こす原因となります

頭皮の炎症は、刺激物やアレルギー物質などとの接触によって起こります。

自分の頭皮に合わないヘアケア用品には注意しましょう。

また、シャンプー方法を間違えて頭皮が乾燥したり汚れが溜まったりすることも炎症の原因になります。

2.自分の頭皮にあったシャンプーを選びましょう

頭皮に痒みなどの症状が現われている場合には、シャンプー剤を見直す必要があります。

頭皮が乾燥しているのかべたついているのか、または、どちらでもないのに痒いのか、原因によって選ぶべきシャンプーは異なります。

3.頭皮の炎症は丁寧にシャンプーをすることで防げます

シャンプーをする時は、炎症の原因を少なくするためにも丁寧に洗うことを心がけましょう。

乱暴に爪を立てたり、熱いお湯を使ったりすることは避け、シャンプー剤を十分に洗い流してから、完全に乾かすようにしてください。

4.頭皮の痒みを軽く捉えてしまわないようにしましょう

頭皮の軽い痒みは経験したことのある人も多いものですが、軽く考えていると大きなトラブルに繋がってしまうこともあります。

ひどい炎症が起こったり、炎症以外の頭皮トラブルの原因にもなったりするため、早めのケアがおすすめです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む