頭皮を動かすと、薄毛や抜け毛、白髪の予防になります

8293f87e3deae6f76f6a3e02ff85a743_s
薄毛や抜け毛などの悩みは、男性が抱えるものと思っている方も多いでしょう。

男性ホルモンには「腕や足などの体毛は濃くなり、髪の毛は薄くなる」という性質があるため、男性の方が薄毛になりやすいという傾向はあります。

しかし、女性でもホルモンバランスが崩れることで、薄毛や抜け毛になるのです。

また、ホルモンバランスの変化以上に、薄毛や抜け毛、白髪の原因になると言われているのが「頭皮の凝り」です。

頭皮が凝って硬くなると血流が悪くなるため、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が行き届きません。

その結果、薄毛や抜け毛、白髪などのトラブルが起きるのです。

頭皮の凝りを和らげ、血流をよくするために効果的なのは、「頭皮マッサージ」「顔ヨガ」「頭皮運動」です。

こうした方法で頭皮を動かすことで血流はよくなり、健康な髪の毛が育つ環境が整います。

髪の毛のトラブルは加齢によるものなので仕方がない、と諦めず、頭皮を動かして健康で美しい髪の毛を取り戻しましょう。

頭皮の凝りが、髪の毛のトラブルを引き起こす理由

女性の薄毛や抜け毛、白髪などのトラブルは、ホルモンバランスが崩れることでも起こります。

しかし、ホルモンバランスの崩れ以上に大きく関係しているのが、「頭皮の凝り」です。

デスクワークやパソコンの長時間使用による眼精疲労が原因で、頭皮がカチカチに硬くなることがあります。

それが、頭皮が凝っている状態です。

頭皮が凝り、硬くなると、血流が悪くなります。

そして髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。

その際に必要な栄養分は毛細血管から運ばれるのですが、血流が悪いと栄養が行き届かないので薄毛や抜け毛などのトラブルを招いてしまうのです。

また、栄養が足りないと毛母細胞自体が弱るため、髪の毛も健やかに成長できません。

ですから、頭皮の血行をよくして毛母細胞に栄養を届けることが、薄毛や抜け毛などのトラブル防止、そして美しく健康的な髪の毛の成長には重要と言えます。

頭皮の血流は、頭皮の凝りのほか加齢やたばこ、紫外線が原因で悪くなることもありますので、生活習慣の改善も意識するとよいでしょう。

頭皮の筋肉について

gf1420623827l
「頭皮が凝る」というのは、頭皮の筋肉の動きが悪くなっている状態です。

そこで、頭皮の筋肉を動かすために、筋肉や血流との関係について把握しておきましょう。

みなさまは、「帽状腱膜」をご存知でしょうか?

帽状腱膜とは、頭蓋骨と皮膚(皮下組織)の間にある繊維状の組織のことです。

帽子のような膜で覆われている、と考えて大丈夫です。

帽状腱膜は、頭皮の「前頭筋」「側頭筋」「後頭筋」とつながっています。

この3つの筋肉が衰えると帽状腱膜が垂れて、下方向へ引き伸ばされてしまいます。

そうなると帽状腱膜は薄く突っ張った状態となり、「頭皮が硬くなる」のです。

帽状腱膜が薄くなると、毛細血管も潰されますので血流障害が起こります。

これが、「頭皮の筋肉の動きが悪くなると頭皮が硬くなり、血行不良となる」という理由です。

ですから、筋肉を鍛えて帽状腱膜を引き締めてあげると、血流がよくなり頭皮の凝りも解消されます。

頭皮を動かす方法

頭皮は、自分で動かすことができます。

以下の3つの方法を続けることで、頭皮の凝りはほぐれてやわらかくなっていきますので、頭が硬い、頭の凝りが気になる、という方は試してみましょう。

いずれの方法も長く続けることで効果が出てきますので、根気よく試すことをおすすめします。

頭皮マッサージ

頭皮の凝りをほぐすためには、「前頭筋」「側頭筋」「後頭筋」を鍛えることが重要です。

これらの筋肉をやさしく円を描くようにマッサージします。

マッサージをする際、髪の毛をこすらないように気をつけましょう。

髪の毛をこすってしまうと摩擦で切れてしまいますので、必ず指の腹を頭皮に当てて、頭皮を少しずつゆっくりもみほぐすようにするのがポイントです。

顔ヨガ

顔ヨガでは、帽状腱膜とつながっている3つの筋肉のうち、「前頭筋」と「後頭筋」を動かすことができます。

  1. ゆっくり5秒かけて眉を上げ、目を大きく見開き、そのまま5秒保つ。
  2. 5秒かけてゆっくり目を閉じながら眉を下げたあと、目を開いて自然な表情に戻す
  3. 2を5回繰り返す

頭皮運動

頭皮マッサージは指を使いますが、頭皮運動は手を使わなくてもできます。

  1. 眉間にしわを寄せるようにして、頭皮を前に動かす
  2. 目を見開き、前に動いた頭皮を後ろへ動かす
  3. 2を30回続ける

慣れてきた方は、前後だけではなく左右方向にも動かすと、より効果が出やすくなります。

(まとめ)女性の薄毛や抜け毛、白髪予防には、頭皮を動かすといい?

1.頭皮を動かすと、薄毛や抜け毛、白髪の予防になります

薄毛、抜け毛、白髪などのトラブルは、頭の凝りが原因です。

頭皮が凝って硬くなると血行不良を起こし、髪の毛に栄養が届きません。

その結果、トラブルが起こります。

頭皮の凝りは、頭皮マッサージなどの頭皮を動かすことで改善されます。

2.頭皮の凝りが、髪の毛のトラブルを引き起こす理由

頭皮が硬く凝ると、血流が悪くなります。

髪の毛は、毛母細胞の細胞分裂で成長し、そのときに必要な栄養分は毛細血管から運ばれますが、血流が悪いと栄養が行き届かないので髪の毛のトラブルを招いてしまいます。

3.頭皮の筋肉について

頭皮には帽状腱膜があります。

その腱膜に、前頭筋、側頭筋、後頭筋の3つの筋肉がつながっていますが、筋肉が衰えると帽状腱膜が下に引っ張られ薄くなります。

腱膜が薄く突っ張ると毛細血管も潰れてしまい、血流障害が起こります。

4.頭皮を動かす方法

頭皮の凝りをほぐし、血行をよくするためには頭を動かすことが大切です。

その方法には、頭皮マッサージ、顔ヨガ、頭皮運動があります。

いずれも長く続けることで効果が出てきますので、根気よく試すとよいでしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む