かゆみの原因は様々です。適切な改善方法をとりましょう。

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
頭皮のかゆみは、日常生活でもとても気になるもの。かゆみを放置すれば、将来薄毛になってしまう可能性もあります。頭皮のかゆみの原因を突き止め、改善する方法をご説明します。頭皮のかゆみが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

頭皮のかゆみに伴う症状

頭皮のかゆみは、具体的にどのような症状を伴うのでしょうか。頭皮にかゆみを感じる際、主に下記の症状も一緒に現れることがほとんど。

・頭皮が赤くなっている
・頭皮から嫌な臭いがする
・ふけが落ちてくる
・頭皮がベタつく
・頭皮の乾燥を感じる

髪質の変化に、「髪が細くなってきた」「髪が抜けやすくなってきた」ということが挙げられます。まずは、この症状の原因が何なのかを明確にしなければなりません。

頭皮のかゆみの原因9つ

頭皮のかゆみの原因は一体何なのでしょうか。ここでは考えられる原因を9つ列挙します。

乾燥

頭皮のかゆみは、乾燥により炎症が起こる「乾燥性皮膚炎」が原因である可能性があります。乾燥性皮膚炎の場合、かゆみだけでなく、乾いたフケがぽろぽろと落ちてくることも。紫外線を浴びたり、ドライヤーで髪を必要以上に乾かしていたりすると、頭皮が乾燥してしまうため注意が必要です。

マラセチア真菌

マラセチア真菌というカビの一種が頭皮のかゆみを引き起こしているかもしれません。マラセチア真菌は常在菌で、普段は悪さをしません。しかし、皮脂や汗によって増殖し、脂漏性皮膚炎と呼ばれる症状を引き起こします。脂漏性皮膚炎になると頭皮に赤みやかゆみが生じ、ベタつきのあるふけが出るように。また、ニキビのようなものが頭皮にできる毛皮炎という症状や、皮脂が酸化したにおいを伴うこともあります。

乾燥性皮膚炎と共通の症状もあり、見分けがつきにくく思われますが、要因が全く異なるため正しく見極めるようにしましょう。

アトピー

アトピー性皮膚炎は、全身に症状が現れるため、頭皮にかゆみが出るケースも少なくありません。アトピー性皮膚炎を発症すると、肌が水分を維持できなくなり荒れてしまいます。結果的に、頭皮が乾燥したり湿疹が出たりします。

乾癬

免疫系に異常が起こり、頭皮にかゆみ炎症が出てしまう、乾癬。皮膚が白くかつ硬まってしまうことで、粉が吹いた状態になり、赤みやかゆみが併発します。原因は解明されていませんが、遺伝的要因にプラスして生活習慣の悪化などによるストレスがかかると発症することが多いと言われています。

汗・皮脂

日頃、頭皮から出る汗や皮脂もかゆみの原因になります。汗や皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まらせてしまい、頭皮が不衛生な状態に。清潔を保てなくなった結果、頭皮が炎症を引き起こし、かゆみを感じます。

シャンプー・コンディショナー

シャンプーやコンディショナーの洗い残しはかゆみの元です。すすぎ切らずに残ってしむと、髪や頭皮に残った成分が乾燥や炎症につながります。また、アルコール系など洗浄力の強いシャンプーを使っている場合は、シャンプー自体が頭皮に強い刺激を与えている可能性も考えられます。

カラーやパーマの薬剤

カラーやパーマの薬剤は、頭皮へのダメージが甚大です。強い刺激でダメージを負った頭皮にかゆみが出てしまうのです。また、薬剤に対してアレルギーを持っている人は、アレルギー反応でかゆみが現れるかもしれません。施術後のかゆみや赤みが長引く場合、可能な限りカラーやパーマは避けることが好ましいでしょう。

しらみ

しらみが頭皮を吸血することで、頭皮のかゆみが起こっている可能性も考えられます。しらみは頭と頭が接触することで感染するため、子どもたちが遊んでいる最中にもらってくることも少なくありません。子どもだけでなく大人も感染するため、しらみを見つけたらすぐに医療機関を受診しましょう。

水虫

実は、水虫はごくまれに頭にも発症します。特にペットを飼っている家庭では注意が必要です。足の水虫のかゆさが有名であるように、頭皮の水虫も強いかゆみを伴います。ふけやかゆみ、脱毛など現れる症状が一般的なので判別が難しいのですが、何をしても改善が見られない場合は医師へ相談してください。

頭皮のかゆみを放置すると薄毛や抜け毛になる?

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
頭皮のかゆみをそのままにしていると、最悪薄毛を招くかもしれません。一度薄毛になってしまうと、改善にはある程度の時間を要するため、頭皮のかゆみは早期に対処しましょう。

かゆみは頭皮トラブルの1種

頭皮がかゆいということは、頭皮や体のどこかの不調のサイン。先ほどご紹介した原因を考慮し、早期に対処する必要があります。長引くかゆみを放っておくと、頭皮環境がどんどん悪化してしまうことも考えられます。

頭皮のダメージは育毛に悪影響

頭皮が乾燥してフケが出ていたり、皮脂が過剰に出ていると頭皮の健康が損なわれます。髪の土台となる頭皮が弱くなると、血行不良を招くことに。毛髪に栄養を届けられず、抜け毛につながってしまうでしょう。また、頭皮の栄養不足は育毛を妨げてしまいます。

乾燥が原因の頭皮のかゆみ改善方法

原因によって頭皮のかゆみの対策は異なります。まず、乾燥が原因だと考えられる場合の改善方法から説明します。

アミノ酸系シャンプーを使用

皮膚が乾燥しやすい人はアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。アミノ酸系シャンプーは洗浄力はありながらも刺激が少なく、頭皮に優しいことで知られます。もちろん、アミノ酸系シャンプーを使用した場合も、しっかりすすぐことは徹底してください。

保湿剤を使う

頭皮用のローションなどを使って頭皮の乾燥を防ぎましょう。頭皮環境を整える成分が配合されていることもあるため、日常のケアにおすすめです。

ドライヤーは冷風を使用

頭皮の乾燥を防ぐため、髪を乾かす時は温風と冷風を上手に使い分けましょう。温風で髪がある程度乾いてきた、と感じたら冷風に切り替えてください。冷風を使うと髪のキューティクルが閉じ、指通りがよくなります。指通りがよくなると頭皮へも心地よい刺激が伝わり、血行がよくなって育毛が促進されます。

部屋の加湿を十分に

空気が乾燥していることで、頭皮も乾きやすくなります。特に寒い季節は部屋の中が乾燥しがち。自宅では加湿を心がけましょう。

皮脂が原因の頭皮のかゆみ改善方法

一方、皮脂が原因で頭皮がかゆくなっている場合は乾燥している場合と対策方法が違います。ここでは、皮脂が原因だと考えられる場合の改善方法を説明します。

スカルプシャンプーを使用

皮脂が気になる方は、スカルプのシャンプーに変えてみましょう。余計な油分や汚れをしっかり落とし、頭皮をケア。シャンプー時ぬるま湯を使い、優しく洗いあげることも忘れずにしてください。また、油を落とそうと一日になんども洗髪するとかえって逆効果です。洗髪は1日1回を遵守してください。

油物・アルコールを避ける

頭皮の皮脂は、食生活が乱れているサインかもしれません。油物をたくさん食べることを避け、バランスの良い食事を心がけてください。また、油物を食べるとつい進んでしまうアルコールも頭皮への大敵です。アルコールは髪を作る成分であるビタミンB群を体外に排出します。

(まとめ)頭皮のかゆみが気になる?かゆみの原因と改善方法とは?

1.頭皮のかゆみの症状とは

頭皮のかゆみの症状に、以下の5つが挙げられます。
・頭皮が赤くなっている
・頭皮から嫌なにおいがする
・ふけが落ちてくる
・頭皮がベタつく
・頭皮の乾燥を感じる
かゆみだけでなく、抜け毛や湿疹、においを伴うこともあります。

2. 頭皮のかゆみの原因9つ

頭皮のかゆみの原因として考えられるのは主に以下の9つです。
・乾燥
・シャンプー・コンディショナー
・マラセチア真菌
・アトピー
・乾癬
・汗・皮脂
・カラーやパーマの薬剤
・しらみ
・水虫
マラセチア真菌や乾癬、しらみや水虫の場合は自宅でケアしてもよくならないことがあります。症状が進行していると感じたら、すぐに専門医を受診しましょう。

3. 頭皮のかゆみを放置すると薄毛に

かゆみは脱毛症のサインとして現れていることがあります。また、湿疹やふけといったかゆみに伴う症状は頭皮にダメージを与えています。
放置するとどんどん抜け毛が増えていくため、かゆみが出たら迅速に対策をしましょう。

4. 乾燥が原因の頭のかゆみ改善方法

・アミノ酸系シャンプーを使用
・保湿剤を使う
・ドライヤーは冷風を使用
・部屋の保湿を十分に
かゆみの原因が乾燥だと考えられる場合には、以上の方法を試してみましょう。

5. 皮脂が原因の頭のかゆみ改善方法

・スカルプシャンプーを使用
・油物・アルコールを避ける
かゆみの原因が皮脂だと考えられる場合には、以上の方法を試してみましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む