パーマ後は薬剤などでダメージがあるので適切な頭皮ケアが大切です


パーマを行うための薬剤は非常に刺激が強いため、皮膚に付着することで炎症などのトラブルが生じる場合があります。

そのような状態で洗浄力の強いシャンプーなどを使うと、頭皮への刺激が強すぎて大きなトラブルに発展する可能性もあります。
そのためパーマ後はとくに頭皮ケアを重要視する必要があるでしょう。

たとえば、1日から2日ぐらいは髪を洗わないなどの対策が必要です。

パーマ後は頭皮が大きなダメージを受けていることが多いです

パーマ後は通常より頭皮ケアを意識することが大切です。
負担が大きいため頭皮にダメージを与えている可能性が高いからです。
ファッションにパーマを取り入れている女性はとくに気をつけましょう。

なぜダメージを与えるのかですが、パーマのメカニズムを理解することが大切です。
パーマを行うためには特殊な薬剤を塗り、ロットという道具に髪に巻きつけて機器を使用し、熱を当てます。
この時、専用の薬剤が必要になるのですが、その中にはアルカリ成分が含まれており、それが髪の毛のキューティクルを強引に開けるのです。
ただ、キューティクルが開いた状態が長時間続くと髪の毛から水分が失われてしまうのです。

また、頭皮からの観点だと、パーマ液がかかることで炎症や湿疹につながること言われています。

このように、パーマ液は刺激が強いのでパーマ後は頭皮ケアをきちんと行う必要があります。素人でもパーマができる薬剤なども市販されていますが、頭皮の負担を考えるとあまりおすすめできないと言えるでしょう。

どうしてもパーマを当てたいなら、プロの美容師に頼んでしっかりと行った方が安全面の部分でも安心できます。

パーマ後は1日から2日は洗髪を控えましょう


パーマ後のケアで注意したいのは、洗髪可能のタイミングです。
パーマが落ち着くまでシャンプーなどで髪を洗わない方が、持ちが良くなるという話もあります。
パーマ後、髪の毛を洗うタイミングとして、1日から2日ぐらいは待ちましょう。

また、パーマをした後で洗浄力の強いシャンプーで髪を洗うと頭皮への刺激が強すぎる場合もあるので気をつけましょう。

ほかに、紫外線にも気をつける必要があります。
パーマはダメージが蓄積されることで落ちやすくなると言われています。

紫外線は頭皮へのダメージを与えるので、日差しが強い時期、外に出る時は日傘や帽子などをかぶって髪や頭皮を守ることを心がけましょう。
紫外線に関してはパーマをかけていない状態でも避けることが大切です。
大丈夫だと油断していると、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性もあります。

また、髪を洗えるようになった後もシャンプー後にきちんと濡れた髪を乾かさず眠るのは良くありません。
濡れた状態だとマラセチア菌などの常在菌が繁殖する原因の1つになります。

そのため、清潔なタオルで水分を取って乾かすようにしましょう。

アミノ酸シャンプーなら刺激も弱く頭皮への負担も少ないです

パーマ後の頭皮ケアではシャンプーにも気をつけましょう。
基本的に頭皮への負担がなるべくかからないシャンプー選びが大切です。

市販されているシャンプーは汚れを取り除くという部分が大きな強みです。

しかし汚れを取り除く力が強いということは、洗浄成分に刺激の強いものが含まれていると言えるため、パーマ後の弱った頭皮への負担が大きくなると言えます。
たとえばパーマ液が付着することで炎症が起きている場合、シャンプー次第では悪化させる可能性があるので気をつけましょう。

では、パーマ後はどんなシャンプーがよいのかというと、アミノ酸系シャンプーをおすすめします。
アミノ酸シャンプーは洗浄成分も含まれていますが、頭皮に優しいと考えられています。
その成分は基本的に天然成分ですから、パーマ後の頭皮や髪の毛が傷んでいる状態だといたずらに負担をかけずに済むと言われているのです。

パーマのダメージで頭皮環境が悪化すれば、炎症からフケ、臭い、さらに薄毛や抜け毛につながる可能性も否定できません。
だからこそパーマ後の頭皮ケアは通常よりきちんと行った方がよいでしょう。

(まとめ)パーマ後の頭皮ケアが必要な理由や方法はどんなの?

1.パーマ後は薬剤などでダメージがあるので適切な頭皮ケアが大切です

パーマ後は刺激の強い薬剤の影響のため、頭皮ケアを心がける必要があります。
たとえば髪を2日ぐらいは洗わないことも大切でしょう。

また、シャンプーについてもアミノ酸系シャンプーなど刺激の弱いものがよいと言われています。

2.パーマ後は頭皮が大きなダメージを受けていることが多いです

パーマの特殊な薬剤が頭皮に付着すると大きなダメージを与えることになるので注意しましょう。また、自分でもパーマができる道具はありますが、失敗を避けるためプロの美容師に頼むことが大切です。

3.パーマ後は1日から2日は洗髪を控えましょう

パーマ後は洗髪のタイミングについて気をつけましょう。
パーマ後、すぐにシャンプーを使うと頭皮へのダメージが大きくなります。

日常で紫外線にも気をつけて、洗髪後も頭皮が濡れたままにならないよう、きちんとタオルで水分を取りましょう。

4.アミノ酸シャンプーなら刺激も弱く頭皮への負担も少ないです

頭皮に負担がかからないよう刺激の強いシャンプーを避けましょう。
パーマ液で炎症が生じている場合、症状を悪化させるリスクもあります。

薄毛や抜け毛にもつながる可能性があるので、パーマ後は頭皮ケアをしっかり行いましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む