20代でも薄毛や抜け毛の可能性はあるため、頭皮ケアが大切です


20代でも頭皮ケアをしなければ薄毛や脱毛につながる可能性があるので気をつけましょう。

この理由はさまざまなものが考えられ、その1つに女性ホルモンの乱れがあります。
夜更かしやジャンクフード中心の食生活など、乱れた生活習慣は女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因の1つです。

女性ホルモンは健康的な頭皮や育毛に必要な栄養分ですので、減少することやバランスが乱れることで頭皮トラブルにつながる可能性があるのです。

また、肌質に合わないシャンプーを使用することも、頭皮トラブルにつながるので気をつけましょう。

20代でも薄毛や抜け毛の可能性はあります

20代という比較的若い年齢でも、重い頭皮トラブルにつながる場合があるので気をつけましょう。

どうして頭皮トラブルが生まれるのかについてですが、複数の原因が考えられています。
その1つとして良くあるのが、栄養不足です。

スタイルを気にして、過剰なダイエットにチャレンジをする女性も少なくありませんが、過剰なダイエットは栄養不足を引き起こす原因になります。
頭皮の健康的な状態をキープするだけではなく、育毛という観点から考えても、栄養不足は良くないと言われています。

それは髪の毛を育てる土台部分の頭皮が衰えますし、髪の毛を育てるという部分でも材料が足りなくなることが考えられるからです。

また、女性ホルモンの乱れにもつながります。
たとえばまったく食べないダイエットをすると、栄養不足になるだけではなく女性ホルモンの分泌量が減少したりストレスや自律神経の乱れが発生したりすることが考えられるのです。

自律神経は血管の拡張や収縮などもコントロールしており、血行にも悪影響を与えると言われています。
なおかつ栄養不足であればますます頭皮に栄養が届かなくなり、弱々しい髪の毛につながる可能性が高くなるのです。

頭皮への負担となる根本的な原因を避けましょう


20代で頭皮トラブルが生じているなら、きちんとケアを行いましょう。
具体的な方法として、まず頭皮にダメージを与えるような原因を意識してストップするのがよいでしょう。
ムリなダイエットをせず栄養バランスのとれた食事をすることも、正しい頭皮ケアの一環と言えます。

また、パーマやカラーリングも頭皮や髪の毛にダメージを与えると言われています。
さらにスタイリング剤などを使用している人も、洗髪時にきちんと洗い流していなければそれが頭皮トラブルにつながる可能性が高いです。

ほかにも、シャンプーに気をつけましょう。

シャンプーは頭皮ケアの1つになるのですが、肌質に合っていないシャンプーを使用すると思わぬトラブルにつながると言われているからです。
一般的に販売されている石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーは、洗浄力が高いため、日常的に汚れやすい人や、皮脂が多すぎる場合にはよいという話もあります。

しかし頭皮が乾燥しやすい人が使うと必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮乾燥を悪化させる場合があるのです。

また、汚れる、皮脂が多い、臭いが気になるという理由で1日に何度も髪を洗うのも良くないと言われています。
それがダメージとなり、頭皮環境の悪化を進行させる可能性が高いからです。

頭皮マッサージやアミノ酸シャンプーでケアをしましょう

20代の頭皮ケアとして日常的な頭皮マッサージを行うのがよいでしょう。
頭皮マッサージの基本は傷つけないため、爪を立てずに指圧を中止に行います。

また、洗髪時に行えば毛穴に詰まった汚れを取り除きやすくなると言われています。
さらに頭皮マッサージを行うと血行に良い影響を与えるとも言われているのです。

また、シャンプーについては石油系合成界面活性剤が含まれたものではなくアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
アミノ酸系シャンプーは天然成分であり頭皮や髪の毛に優しいと言われています。

一般的に使われているシャンプーより皮脂を残しながら汚れを取り除くことができるので、とくに頭皮が乾燥しやすい人は頭皮環境の悪化を食い止めるきっかけが期待できます。

また、髪を洗う時、お湯の温度は38度~40度前後を意識しましょう。
熱湯ですとアミノ酸シャンプーを使用しても、必要な皮脂が溶けて流れる可能性もあるからです。

ただし、シャンプーに注意して頭皮マッサージを行っても、不規則な生活習慣を繰り返していると頭皮だけではなく女性ホルモンや自律神経の乱れにつながります。

日常的な根本原因も含め、総合的なケアをしましょう。

(まとめ)20代からでも頭皮ケアをしないとダメ?

1.20代でも薄毛や抜け毛の可能性はあるため、頭皮ケアが大切です

20代でも女性ホルモンの乱れや減少が生じれば、薄毛や抜け毛につながる場合もあります。そのため、女性ホルモンが乱れるような生活習慣や食生活には注意が必要なのです。

また、肌に合っていないシャンプーにも気をつけましょう。

2.20代でも薄毛や抜け毛の可能性はあります

過剰なダイエットをすることで栄養不足となり、頭皮にも悪影響を与えます。
女性ホルモンが乱れることも自律神経に悪影響が生じて血行が悪くなると言われています。

血行が悪くなると頭皮に栄養が届きづらくなりますから、頭皮環境が悪化するのも必然でしょう。

3.頭皮への負担となる根本的な原因を避けましょう

栄養バランスの取れた食事をすること、パーマやカラーリングやスタイリング剤に注意が必要です。また、肌質に合っていない刺激の強いシャンプーを使うことで、必要以上の皮脂を取り除いてしまい頭皮環境の悪化につながるので気をつけましょう。

4.頭皮マッサージやアミノ酸シャンプーでケアをしましょう

頭皮マッサージを行って血行がスムーズになるようケアをしましょう。
また、皮脂の過剰分泌があるのでしたら、アミノ酸系シャンプーなどを使用するのもおすすめです。

もちろん不規則な生活習慣にも注意しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む