頭皮に合ったシャンプーを使い適切な洗い方でかゆみケアが期待できます


頭皮のかゆみは乾燥を筆頭に、皮脂の過剰分泌や汗、フケ、マラセチア菌など複数の原因が考えられます。

空気が乾燥する時期は頭皮を守るためニット帽などを被り、洗浄力の強いシャンプーなら見直しを考えてもよいでしょう。
頭皮にかゆみがある場合、頭皮環境が悪化しすぎている可能性があるからです。

また、正しい髪の洗い方を心がけて、頭皮に負担をかけないように注意しましょう。

頭皮の原因は複数あるので日常的なケアを心がけましょう

頭皮のかゆみを止めるには日常的なケアが大切です。
そもそもどうして頭がかゆくなるのか原因を理解しておきましょう。

頭皮のかゆみの原因として、頭皮の乾燥や、皮脂の過剰分泌や汗によるべたつき、フケやマラセチア菌など複数が考えられます。

頭皮はとてもデリケートな部位ですから、少しの刺激だけでかゆみが生じると考えられています。
たとえば冬になると空気が乾燥しますが、頭皮にも影響を与えると考えられるのです。

頭皮は皮脂によって皮脂膜が作られており、通常、外部からの刺激であるホコリや紫外線から皮膚を守るバリアとして機能していると考えられています。
しかし頭皮が乾燥をすることで皮脂が不足し、バリア機能が低下して少しの刺激がかゆみとなって出てくると言われているのです。

逆に皮脂が過剰分泌することでもかゆみが生じると考えられています。
頭皮が乾燥しすぎた場合、異常を感じた皮膚が皮脂を過剰分泌すると言われているのです。

そうすると、皮脂を餌にする常在菌マラセチア菌が増加します。
常在菌は脂肪酸を出すのですが、それが刺激となりかゆみが生じると言われているのです。

そのほか、炎症や頭皮ニキビを引き起こすとも言われています。

また、フケはターンオーバーの乱れによって通常よりも早くはがれた皮膚です。
フケとなってはがれ落ちることが刺激となりかゆみが生じる場合もあります。

このように頭皮のかゆみは複数あり、刺激によって生じている可能性が考えられるのです。

ニット帽などで髪や頭皮を守ってシャンプーの見直しも検討しましょう


頭皮のかゆみを抑えたいならそれぞれの原因へのケアをすることが大切です。
頭皮が乾燥しすぎている場合なら、ローションなどで保湿ケアを行いましょう。

また、なるべく刺激を与えないため、空気が乾燥する季節にはニット帽などを被ることでも対策が期待できます。
帽子を被る対策は夏の紫外線予防になると言われています。
太陽が出ているなら冬も紫外線の影響は考えられるので、ニット帽などは対策として期待できるのです。

また、皮脂の過剰分泌や、マラセチア菌の繁殖、フケが過剰に出ることは、頭皮環境がかなり悪化している可能性もあります。

日常的なケアとして期待できるのはシャンプーの見直しがよいでしょう。
一般的に使われているシャンプーは洗浄力が強すぎる成分が含まれているため、頭皮への刺激が強いと考えられているのです。

頭皮が乾燥している状態で必要な皮脂まで取り除けば、皮膚バリアはますます低下するのでかゆみが生じる可能性があります。

そのため一般的なシャンプーより、皮脂を過剰に取り除かず、頭皮バランスを保つことが期待できるアミノ酸シャンプーがおすすめです。
アミノ酸シャンプーを使うことで、皮脂の過剰分泌や、逆に不足している状態を正常化させることが期待できます。

適切な頭皮や髪の洗い方を心がけるのも大切です

かゆみ対策としてアミノ酸系シャンプーを選んだとしても、適切な洗髪をしなければより良い結果が出ない可能性も高いです。

たとえば、お湯の温度は38度から40度ぐらいのぬるま湯の方が頭皮に負担をかけなくて済むと言われています。
また、アミノ酸シャンプーは皮脂を除去しすぎないとはいえ、長時間洗い続ければ、過剰に落とすことにもつながるのです。

一般的なシャンプーで考えた場合、5分程度でよいと言われているので気をつけましょう。さらにすすぎをきちんとしないことも、かゆみを生じさせる原因の1つとして考えられます。
すすぎを適当にすると頭皮にシャンプーの成分が残りやすくなるためです。
残ったシャンプーが頭皮を刺激してかゆみだけではなく毛穴に詰まり炎症を引き起こす可能性もあるので、しっかりとすすぎましょう。

また、洗髪後、お湯が残っていることでマラセチア菌が増殖するとも言われています。
ドライヤーを使用して早めに髪の毛や頭皮を乾かすことも大切なかゆみケアと考えましょう。

(まとめ)頭皮のかゆみによいケアってないの?

1.頭皮に合ったシャンプーを使い適切な洗い方でかゆみケアが期待できます

頭皮の乾燥は外的な要因や皮脂の過剰分泌など、さまざまな原因が考えられます。
頭皮環境が悪化してかゆみが生じている場合、シャンプーの見直しがケアの1つになるでしょう。

また、髪を正しい方法で洗うことも頭皮環境を悪化させない助けになるのです。

2.頭皮の原因は複数あるので日常的なケアを心がけましょう

頭皮のかゆみを止めたいなら、日常生活から注意しましょう。
頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌など、デリケートな頭皮にさまざまなトラブルが生じる可能性が高くなります。

炎症やかゆみなどにつながる原因を日常生活から探し、対策とケアを考えましょう。

3.ニット帽などで髪や頭皮を守ってシャンプーの見直しも検討しましょう

頭皮が乾燥してかゆみが生じているなら、ローションなどで保湿ケアをするのも有効とされています。
また、日常的なケアとして、皮脂を除去しすぎるシャンプーを見直し、アミノ酸シャンプーを使うのもよいでしょう。

4.適切な頭皮や髪の洗い方を心がけるのも大切です

アミノ酸シャンプーにしても、正しい髪の洗い方を心がけましょう。

たとえば1日に何度も洗ったり長時間洗ったりすれば、アミノ酸シャンプーでも皮脂を取り除き過ぎる可能性もあるからです。
シャンプーが残らないよう髪と頭皮をすすぐことも重要です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む