基本的には毎日洗う方がいいですが、頭皮の状態などによっては、2日に1回の洗髪でもよい場合があります。

44072442466ec7497eee12d6e58d0517_s
髪を洗わないことでトラブルが発生してしまうのか、また洗髪する回数は何回がベストかご紹介します。頭皮の状態や、季節によっては2日に1回の洗髪の方がよい場合もあります。洗いすぎることでの頭皮への悪影響や、髪の毛の汚れを防ぐヒントについても解説します。

髪を洗わないとトラブル発生する?

髪を洗わないことで皮脂が詰まり髪の毛の成長が妨げられます。またべたつきや臭いのトラブルが発生することも。髪の毛は毎日生まれ変わっており、皮脂の分泌も多いです。できるだけ寝る前に頭皮の汚れをシャンプーで取り除いた方がよいでしょう。

場合によっては2日に1回のシャンプー使用でも頭皮のトラブルが改善されることもあるでしょう。

洗髪頻度は?何回がベスト?

シャンプーを使った洗髪の回数は2日に1回程度でも問題ありません。しかし、ほこりや汚れがついてしまうため、シャンプーを使わない洗髪は毎日でも行うべきです。

毎日髪の毛を洗うことで、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れ、ホコリなどを取り除くことができます。髪の毛は毛穴から生えるので、これらが詰まったまま過ごすと、健康な髪の毛が生えにくくなってしまうことも。また、髪の毛は寝ている時に育まれているので、就寝前にきちんと汚れを取っておくようにしましょう。

しかし、シャンプーを使う洗髪の場合、頭皮の状態によっては刺激となってしまうことがあります。頭皮タイプ別、季節によっての状態によって、シャンプーするおすすめの頻度をご紹介します。

頭皮が乾燥している場合

頭皮が乾燥している場合、肌が敏感になっていてシャンプーの刺激に過敏に反応してしまうことがあります。また、皮脂の分泌が減少し乾燥しているため、髪の毛を洗うことにより皮脂を取り過ぎてしまう可能性も。

頭皮は皮膚です。そのため顔や体の皮膚が乾燥しやすいという方は頭皮も乾燥していることが多いです。自分は乾燥肌、と自覚している場合は、頭皮も乾燥肌かもしれないと考え対策するとよいでしょう。

頭皮乾燥によってフケやかゆみの発生といった頭皮トラブルに繋がります。毎日シャンプーをしていて、このような症状が出る場合は洗いすぎかもしれません。2日に1回シャンプーをするなど、髪の毛を洗う頻度を変えて、頭皮に最適なシャンプー回数を探すようにするとよいでしょう。

季節によって、乾燥することもある

冬など、汗をかきにくい季節は皮脂の量も減ります。普段は毎日シャンプーをしている人も、皮脂の量が減ることで頭皮トラブルになる場合があります。また頭皮だけではなく、顔や体の皮膚の様子で乾燥していると感じる場合は、シャンプー頻度を2日に1回に減らしていく対策をするようにしましょう。

それでも毎日髪の毛を洗いたい時には、シャンプーの回数を減らすのもおすすめ。2日に1回シャンプーをして、それ以外はお湯で洗うだけにするなどにして、頭皮への刺激を減らしましょう。

髪の洗いすぎがダメな理由

ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s
髪の毛の洗いすぎで、かえって頭皮にトラブルを起こすことがあります。朝シャンが流行ったこともあり、朝にシャンプーして、夜にもシャンプーをする人もいますが、1日2回のシャンプーは洗いすぎで、必要な皮脂まで取ってしまっている可能性があります。

皮脂は毛穴から分泌され、汗と混ざることで皮脂膜を作ります。この皮脂膜には菌の繁殖や外からの細菌、異物の侵入を防ぎ、さらには紫外線から肌を守るという役割があります。健康で潤いのある頭皮を維持するには、この皮脂膜が必要不可欠。そのためには適度に皮脂の分泌がなされている状態を保つことが重要です。

肌も、皮脂がなければパサパサとした潤いのない状態になります。皮膚である頭皮も同様だと考えるようにしましょう。

洗いすぎで、皮脂が過剰に分泌されることも!

頭皮を洗いすぎて乾燥を引き起こすこともありますが、逆に過剰に分泌されることもあります。こうなると、頭皮の臭いが気になることはもちろん、毛穴を皮脂が埋めてしまうことになり、吹き出物やニキビが頭皮に出たり、乾燥とは逆の脂性のフケが出ることも。また、毛穴を塞がれてしまうことで、髪の毛が抜けやすくなり、生えてこないなどの大きなトラブルに発展することもあるのです。

シャンプーをたくさんする人の中には、臭いや脂性が気になる、という人もいますが、もしかするとシャンプーのしすぎで脂性の頭皮になっているかもしれません。シャンプーの回数を見直すことで、このようなトラブルが減る可能性があります。

髪の毛の汚れを防ぐヒント

ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s
頭皮や髪の毛の汚れが気になり、1日2回シャンプーをしたい人も、髪の毛の汚れを防ぐことで1日1回のシャンプーにすることができるでしょう。汚れを防ぐ方法をご紹介します。

食生活を見直す

食生活を見直すことで皮脂が適度に分泌されるようになります。脂っこいもの、辛いなど刺激の強いもの、糖質が多い食べ物などを食べると、皮脂腺を刺激して過剰に分泌させてしまいます。

これらの食べ物を避け、皮脂の抑制機能のあるビタミンを取るようするとよいでしょう。緑黄色野菜や、マグロ、カツオなどの魚、鶏肉や納豆などが、皮脂を抑制するビタミンを多く含んでいます。

もちろん、これだけではなくインスタント食品などは減らし、バランスのよい食事に変えることも大切です。そうすることで皮脂汚れ減少が期待できるでしょう。

帽子をかぶる

髪の毛は、外からホコリなどが付き汚れてしまいますが、帽子をかぶることでホコリに触れる部分が減り、髪の毛が汚れにくくなります。夏場はホコリだけでなく、紫外線から髪の毛を守ってくれます。頭皮は太陽から一番近く、日焼けしやすい場所。紫外線対策としても、帽子は最適といえるでしょう。

ただ、季節によっては蒸れてしまい頭皮に良くないこともあります。帽子は陰干しをするなど清潔に保つようにしましょう。

(まとめ) 髪を1日洗わないとダメ?洗髪頻度は何回くらいがいいの?

1.髪を洗わないとトラブル発生する?

髪の毛は毎日生まれ変わっていて皮脂の分泌も多いです。髪の毛を洗わないと、皮脂の詰まりで髪の毛の成長が妨げられ、ベタつき、臭いなどのトラブルが発生することがあります。

2.洗髪頻度は?何回がベスト?

洗髪する回数は毎日が理想的です。ただしシャンプーを使った洗髪は2日に1回であった方がいい場合も。頭皮が乾燥している場合や、冬場などで肌が乾燥している時には、シャンプーの刺激に過敏に反応し、皮脂を取り過ぎることもあるため、2日に1回の頻度に変えるのもよいでしょう。

3. 洗いすぎがダメな理由

髪の毛の洗いすぎで頭皮にトラブルを起こすことがあります。1日2回のシャンプーは必要な皮脂まで取り除き、頭皮の乾燥に繋がります。また、洗いすぎで皮脂が過剰に分泌してしまうこともあり、そうなると頭皮の臭い、ニキビや脂性フケ、さらには抜け毛や発毛といったトラブルに発展することもあります。

4. 髪の毛の汚れを防ぐヒント

刺激の強いものや糖質が多いものを避けるなど、食生活の改善で頭皮の汚れが減り、髪の毛の汚れも防ぐことができるでしょう。また帽子をかぶることで、外的な汚れから髪の毛を守ることもできます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む