女性の抜け毛のメカニズムは、ホルモンバランスの乱れが関係しています

d35be14aa6bf478451fc76844316a6ee_s
女性でも抜け毛が増えてしまうのは、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっていると言われています。

育毛・発毛を促進させるよう働きかける女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことで、抜け毛が増えてしまう可能性が高まるのです。

そのため、ホルモンバランスを整えたり女性ホルモンの分泌量を増やしたりすることで抜け毛が少なくなることも期待できます。

ただしその他にもさまざまな原因が関わっている場合があるので、原因をホルモンバランスの乱れだけに限定しないようにしましょう。

正常な方でも毎日100本程度の抜け毛があります

そもそも人間は髪の毛が生えてきたら、必ず抜けるようなメカニズムになっています。

基本的に髪の毛の毛根部分には毛乳頭や毛母細胞といった、髪の毛を作る上で大切な細胞や組織が存在しています。

この細胞や組織に指令が伝わって細胞分裂がされていくと、髪の毛もその分成長していくのです。

ただ、髪の毛にはサイクルがあり、ある程度成長して伸びきった髪の毛は成長が止まり、また新たな髪の毛が毛根部分に出てきたら、自然と伸びきった髪の毛が抜けて、次は新しい髪の毛が生えてくるようになります。

こういった抜け毛を自然脱毛と呼びます。

そのため、正常な方でも毎日100本程度は髪の毛が抜けており、それが薄毛に直結するというわけではありません。

ただし、これが200本以上と量がかなり多いと抜け毛につながってしまう可能性があります。

何らかの原因、例えばストレスや加齢などによって細胞や組織に成長する指令を出していた女性ホルモンの分泌量が低下してしまった場合、髪の毛は成長せずに休止期を迎えてしまうため、細く短い、まだ成長しきっていない髪の毛までもが抜け落ちてしまいます。

これが女性の抜け毛が増えてしまうメカニズムです。

他にもさまざまな原因が関係している場合があります

af9920085886l
女性の抜け毛の原因として考えられるのは、何も女性ホルモンの分泌量低下だけではありません。

その他にもさまざまな原因が関係している場合があります。

例えば、女性に限らず男性の抜け毛でも言えますが、脂肪や甘いものばかりを食べる食生活を送っていると、頭皮の皮脂分泌量が増えてフケや炎症を起こす原因となり、そこから抜け毛につながってしまう可能性があります。

また、女性ホルモンの分泌量が低下していなくても、男性ホルモンの分泌量が増えることで抜け毛が増えてしまうことがあります。

多くの女性がオシャレのためにパーマやカラーリングをしていると思いますが、この行為によって頭皮や髪の毛が傷む原因にもなってしまい、抜け毛が増えてしまうのです。

他にも髪型の問題として、常に髪の毛を縛っているという方は頭皮が引っ張られていることもあって多大な負担が掛かっており、それによって抜け毛が増えてしまう可能性があります。

このように、複数の原因がいくつも関わっている場合もあり、女性ホルモンの分泌量低下だけについて対策したとしても抜け毛の問題が解決しないこともあります。

女性ホルモンの低下は、ストレス解消などにより予防できます

ここで紹介した以外にも原因はいくつかありますが、女性ホルモンの分泌量低下が原因だった場合、分泌量を増加させてしまえば抜け毛の量を減らせる可能性があるので、ぜひ試してみてください。

まず、ストレスは女性ホルモンの分泌を妨げてしまう原因のひとつです。

ストレスを受けてしまうことで女性ホルモンだけでなく、体や心の不調も感じてしまう恐れがあります。ストレスを受けずに生活することは難しいですが、なるべくストレスを受けても発散できる生活習慣を身に着けておきましょう。

例えば、リラックス効果の高い音楽やアロマを焚きながらゆっくりとくつろいだり、軽めの運動をしたりすることでもストレスを発散させることができます。

アルコールは適度に摂取すれば何の問題も無いのですが、とりすぎてしまうと女性ホルモンが減少する原因となってしまいます。

お酒はほどほどにしましょう。

ちなみに厚生労働省で定めている1日の適量は、ビールなら中1本、日本酒なら1合、酎ハイなら350ml程度となります。

(まとめ)女性でも増える抜け毛のメカニズムとは?

1.女性の抜け毛のメカニズムは、ホルモンバランスの乱れが関係しています

女性の抜け毛のメカニズムには、女性ホルモンの分泌量が低下したことによるホルモンバランスの乱れが大きく関わっています。

しかし、それ以外にもいくつかの原因が関係している可能性もあるので気を付けなければなりません。

2.正常な方でも毎日100本程度の抜け毛があります

髪の毛は細胞分裂によって成長していき、サイクルによって成長を終えると抜け毛となります。

しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌量が低下してしまうと、細胞分裂による成長ができなくなり、成長しきっていない髪の毛まで抜けてしまうのです。

3.他にもさまざまな原因が関係している場合があります

女性ホルモンだけではなく、他にも食生活や男性ホルモンの増加、パーマやカラーリング、髪型による頭皮への負担などが関係している場合があります。

そのため、女性ホルモンの分泌量を高めただけでは問題が解決しないこともあるので注意しましょう。

4.女性ホルモンの低下は、ストレス解消などにより予防できます

女性ホルモンによる抜け毛だった場合、女性ホルモンが分泌しやすい体に整えておくことが大切です。

例えば、ストレスは分泌を妨げてしまうので、ストレス発散をするようにしたり、アルコールのとりすぎに注意したりすることで分泌量が改善される可能性があります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む