女性の頭皮が赤い原因は、頭皮の炎症や日焼けです

45046ee99d799e1a58a44531111a4017_s
頭皮の炎症は、湿疹や痒み、痛みなどを引き起こす可能性があるものです。

痒みが出ることで、頭皮を掻いてしまって赤みがひどくなるケースもあるので、早期の改善が必要です。

また、頭皮が日焼けをして赤くなっていることもあります。

紫外線の刺激は薄毛の原因になってしまうこともあるので、こちらも早めの対策をとる必要があります。

頭皮は炎症が起こると赤くなります

頭皮は様々な原因によって炎症を起こして赤くなってしまいます。

炎症の原因には、具体的に次のようなものがあげられます。

ヘアカラーやパーマ

ヘアカラー剤やパーマ剤は、頭皮に大きな刺激を与えます。

お洒落のためにヘアカラーやパーマを行っている人は、施術中の頭皮の痛みや痒みに注意するようにしてください。

もし、「ちょっとおかしいかも」と感じたら、すぐに美容師に頭皮の状態を見てもらいましょう。

汚れや皮脂

頭皮の汚れや過剰な皮脂分泌をそのままにしておくと、雑菌が繁殖したり、毛穴がふさがれたりして炎症が起こります。

フケや頭皮のベタつきなどの原因にもなるため、頭皮が清潔を保てるように心がけましょう。

アレルギー

ハウスダストや花粉症などの他、体質に合わないヘアケア用品やシャンプーなどによって炎症が起こることもあります。

敏感肌の方やアレルギー体質の方は、特に自分にあったヘア用品を使うことを心掛けましょう。

頭皮の炎症は、赤みだけでなく、痛みや痒みなどのイヤな症状を伴います。

ヘアカラーやシャンプーなど、何の気なしに行っていることが炎症の原因となっている場合がありますから、日々の生活を見直してみましょう。

紫外線による日焼けにも注意しましょう

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s
日光を浴びて日焼けをすると、腕や足が赤くなります。

最終的に黒くなる体質の人であっても、まず最初は赤や赤黒い色合いになるはずです。

これは「サンバーン」と呼ばれるもので、皮膚が赤く炎症を起こしている状態です。

日焼けというと健康的なイメージもありますが、皮膚の炎症は、軽いやけどと同じことで、体にとって良いことではありません。

これと同じことが、頭皮にも起こります。

もちろん、頭皮にとっても日焼けはよくないことですし、紫外線の刺激は頭皮の乾燥などを引き起こすトラブルの元です。

頭皮というのは、髪の毛に保護されてはいるものの、身体の中で一番太陽に近いところにあります。

ところが、腕や足、顔には日焼け止めを塗っている女性であっても、頭皮の日焼け止め対策はしていないという人がほとんどです。

すると、頭皮は紫外線をたっぷり浴びて、日焼けをしてしまうのです。

頭皮の日焼け対策のためには、帽子や日傘、頭用のUVカットスプレーなどが有効です。

外出時には、腕や顔だけでなく、頭皮の紫外線対策にも気を付けるようにしましょう。

炎症や血行不良が起こってしまったら早めの改善を目指しましょう

頭皮は、透き通るような青白い色をしているのが正しい状態です。

赤い頭皮は薄毛や痛み、痒みなどの危険信号ですから、早期に対策をとって改善するようにしましょう。

炎症が起きていたら

まず、炎症の原因を突き止める必要があります。

赤くなった時期や自分の体質について考えてみてください。

カラーやパーマをした後で赤くなった場合は、薬剤が肌に合わなかった可能性があります。

次に施術を受けるときは、刺激の少ない薬剤を使ったり、美容師に相談しながら行うようにしましょう。

また、シャンプーを変えた後で赤くなったという時も、シャンプー剤が肌に合っていない可能性が高いでしょう。

シャンプー剤を元に戻すか、別のものにしてみてください。

特に心あたりがない時は、シャンプーの仕方を見直してみましょう。

1日~2日に1度、丁寧に指の腹でシャンプーをするのがお勧めです。

日焼けをしてしまったら

頭皮に日焼けをしている場合は、ひとまず汗や皮脂などをシャンプーで洗い流してから、保湿を心掛けるようにしてください。

頭皮用の保湿ローションなどを使って肌を落ち着かせることが大切です。

ヒリヒリとした痛痒さが起こったとしても、なるべく頭皮はいじらず、刺激を与えないようにしましょう。

(まとめ)頭皮が赤い女性……原因と対策は?

1.女性の頭皮が赤い原因は、頭皮の炎症や日焼けです

頭皮は炎症や日焼けが原因で赤くなります。

頭皮の炎症は湿疹や痒み、痛みなどを引き起こします。

また、紫外線による日焼けは薄毛の原因になることがあります。

どちらも早めに対策をとりましょう。

2.頭皮は炎症が起こると赤くなります

頭皮は、ヘアカラーや汚れ、合わないシャンプー剤などによって炎症を起こします。

何の気なしに行っていることが、痒みや痛みを伴う炎症の原因になっている場合もあるので気を付けましょう。

3.紫外線による日焼けにも注意しましょう

日焼けは軽いやけどであり、肌に炎症が起こっている状態です。

頭皮にもこれと同じことが起こります。

帽子や日傘、UVカットスプレーなどで紫外線対策をすることが大切です。

4.炎症や血行不良が起こってしまったら早めの改善を目指しましょう

頭皮が赤くなってしまったら、早めに対策をとりましょう。

炎症が起こってしまったら、原因を突き止めてそれぞれに合わせた対処法を取ります。

また、日焼けをしてしまった場合はシャンプーで汚れなどを洗い落としてから保湿するようにしてください。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む