まず原因を突き止めましょう。腫れる主な原因と対処法をご紹介します。

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

頭皮が腫れる原因についてご紹介します。頭皮に痛みやかゆみを感じる場合、病気の可能性も。リンパマッサージやヘアケア剤の変更、生活習慣を改めることによって、頭皮の腫れの改善が期待できます。病気が原因である場合は、必ず病院で受診するようにしましょう。

頭皮はなぜ腫れる?主な原因3つ

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

頭皮が腫れる原因としては、ニキビや脂漏性角化症、リンパの腫れなどが考えられます。それぞれの原因についてご紹介します。

ニキビ

ニキビは顔にできるもの、と限定的に捉えられがちですが、実は頭皮にもできやすいのです。頭皮に痛みやかゆみを感じる場合は、ニキビの可能性があります。

頭皮は体内で最も毛穴が多く、かつ密集しています。そのため皮脂分泌が多くなり、角質や皮脂が詰まることで、ニキビが作られやすい場所なのです。さらに汗をかきやすい上に、髪の毛で覆われていることから、通気性が悪く、蒸れやすさも。ニキビの原因であるアクネ菌が増殖することから、ニキビが悪化しやすい環境とも言えます。

脂漏性角化症

毛穴が多く、皮脂分泌が活発な頭皮では、脂漏性角化症が発生することもあります。これは一般的にはイボなどとも呼ばれ、頭皮にできる場合には、髪の生え際やこめかみ部分に多く見られ、年齢を重ねた人にできやすいとも言われています。主な原因として、加齢や紫外線などにより皮膚が老化するためと考えられています。

リンパの腫れ

頭皮の腫れは、リンパの流れが滞って起こることがあります。リンパは全身に巡らされていますが、体と頭を繋ぐ首筋のリンパの流れが悪くなることで、頭皮へ流れるリンパが滞ってしまい、頭皮のリンパ管に老廃物が溜まります。こうなると、頭部全体に余分な水分が溜まってしまい、頭皮がむくんだり腫れたりするのです。

頭皮の腫れの種類

毛嚢炎(毛包炎)

生え際にできたニキビのような場合、それは毛嚢炎(毛包炎)の可能性があります。毛包(毛根を包む箇所)が細菌やカビに感染することで発症し、必ずではないですが、かゆみを伴うことがあります。

腫瘍

腫瘍も頭皮が腫れる原因のひとつです。良性の腫瘍としては、皮下に発生する脂肪腫があり、体のさまざまな所にできます。頭皮に発症することはまれですが、数センチのものや、10センチ以上になるものまで、大きさはさまざまです。腫瘍ができても、痛みやかゆみを感じることはあまりなく、皮膚が盛り上がり、触ると柔らかなしこりのようになります。

頭皮の腫れをいじってはいけない理由

頭皮の腫れは、ニキビなどで炎症を起こしている場合に触ると、ばい菌などが入り、悪化させる恐れがあります。特に爪を伸ばしている女性は、シャンプーの時などでも、頭皮に爪が当たり傷つけてしまう恐れがあるので、気を付けましょう。

またアレルギー反応で腫れている時も、肌が弱くなっているので、いじらないようにしましょう。腫れが酷い場合には、専門医を受診することをおすすめします。

頭皮の腫れを改善する方法

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

頭皮の腫れが、むくみやアレルギー剤に反応している場合には、リンパマッサージやヘアケア剤の変更、そして生活習慣を改めることで改善することが期待できます。それぞれのやり方をご紹介します。

リンパマッサージ

頭皮の血流が悪くなり、リンパが詰まり、老廃物が溜まっている場合には、リンパマッサージが効果的です。

老廃物は鎖骨、ワキの下に流れて出て行くことから、まずはこの部分を5~10秒ほど押します。次に、髪の毛の生え際、耳の周りと首の後ろをグーの手で押し、頭皮へのリンパの流れを促進します。また、頭皮の前頭部を、手を組み、手の付け根で圧迫します。その後、頭頂部、後頭部と進みます。頭頂部はリンパが滞りやすい所なので、指の腹でも押しましょう。

最後に、ほぐれたリンパ液が流れて出口に向かえるように、耳の下から首、そして鎖骨からワキの下まで流れるようにイメージしてさすります。

ヘアケア剤の変更

これまで毎日使っていたシャンプーでも、体質が変わってアレルギー反応を起こすことがあります。急に頭皮が痛い、かゆいなど炎症を起こした場合などは、シャンプーを変えて様子をみるのもよいでしょう。

女性は特にカラーやパーマをする機会も多く、施術の時に強い刺激のある薬剤を使うことで、頭皮が炎症を起こしやすくなります。炎症が起きた場合は、次回施術してもらう時に、低刺激の方法がないか相談するとよいでしょう。また、パッチテストを行ってから施術してもらうことをおすすめします。

生活習慣の改善

リンパの流れをよくするために、適度な運動をするよう心掛けましょう。普段、運動する習慣のない場合には、夜寝る前に軽いストレッチをする、仕事の休憩時間に、肩や首など凝りやすい場所だけでも動かすなど、少しの時間で良いので意識的に行うとよいでしょう。

リンパは体の筋肉によって流れていて、筋肉量の少ない女性は運動不足で筋肉が衰えることで、流れが滞りがちです。運動をすることでストレス発散もできますし、さらに体全体の血液の流れもよくなり、頭皮に栄養がしっかり届くことで、頭皮の状態もよくなるでしょう。

また、頭皮の皮脂バランスを安定させるためにも、脂っこい食べ物を控える、栄養バランスのよい食事に変えるなど食生活を見直すことで、頭皮の腫れを改善することが期待できます。

(まとめ) 頭皮が腫れている!女性の頭皮が腫れてしまった時の対処法は?

1.頭皮はなぜ腫れる?主な原因3つ

頭皮が腫れる原因として、痛みやかゆみを感じるニキビや、イボとも呼ばれる脂漏性角化症、またリンパの腫れなどがあります。

2.頭皮の腫れの種類

頭皮の腫れの種類として、毛包が細菌やカビに感染して発症する毛嚢炎(毛包炎)や、痛みやかゆみがない、柔らかいしこりのような腫瘍があります。

3. 頭皮の腫れをいじってはいけない理由

頭皮が炎症を起こしている場合、触ることでばい菌などが入り、悪化させてしまうことも。爪を伸ばしている女性は、特に気を付けましょう。

4. 頭皮の腫れを改善する方法

頭皮の腫れを改善するために、むくみを取るための頭皮のリンパマッサージや、頭皮に炎症を起こしている場合には、普段使用しているシャンプーを変えることで改善が期待できます。また、適度な運動を行うことや、脂っこい食事を控えるなど生活習慣を見直しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む