自分の年齢や頭皮の状態に合わせてシャンプーを選び、正しく洗浄を行うことでフケを減らすことができます。

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
フケで悩まれている方の中には、「何から見直せばいいんだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。毎日行うシャンプーは実は今すぐに始められるフケ対策です。そこで今回はフケを減らすための正しいシャンプー選びを解説していきます。あわせて洗浄方法やフケのタイプに応じた改善・予防策をご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

そもそもフケの原因とは?気になる薄毛への影響

・頭皮の乾燥や皮脂の詰まりによってターンオーバーが乱れる
・常在菌(マラセチア菌)が増殖してしまうことで赤みや炎症を起こす

フケが発生する原因は大きく分けて上記の2つ。自然に剥がれ落ちていく古い角質も、頭皮トラブルが起こることで「目に見える大きな塊」となって剥がれ落ちます。これがフケの正体です。

また、フケになったからと言って薄毛との直接的な繋がりはありませんが、フケが発生するような頭皮の状態を放置してしまうと薄毛や脱毛の原因になる可能性があります。フケは頭皮トラブルのサインなので、気がついた時からしっかりケアして治していきましょう。

フケの種類
乾性タイプ パラパラとしていて細かく乾燥した白いフケが特徴。頭皮が乾燥している場合が多く、もともと乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎の方に多くみられます。
脂性タイプ 皮脂が多く常在菌が異常分泌してしまうことでバランスが崩れフケになっている可能性がこのタイプです。ベタベタして脂っぽく頭皮から大きな固まりとなって取れるフケが特徴です。

毎日のシャンプーとフケの関係性

フケを改善、防止する方法の中で誰でも気軽に行えるのが毎日のシャンプーです。
しかし、ただシャンプーを行えばフケが改善するというわけではありません。

そこでシャンプーを行う上でぜひ知っておいてほしいことをここからいくつかご紹介していこうと思います。

シャンプーのやりすぎ

「フケで頭皮が不潔だ」と感じ、それを改善するために1日に何度も髪を洗ってしまう人がいます。しかしこれは逆効果です。髪(頭皮)を洗うのは1日1回にしましょう。これ以上洗ってしまうと本来必要な油分まで失ってしまいます。そして油分を失うことで頭皮が乾燥し、皮脂の過剰分泌に繋がってしまう可能性があります。

また高齢になるにつれて皮脂の量が減ってしまうので、シャンプーの回数を2日に1回のペースに変えることでちょうど良くなるケースもあります。

シャンプーの時間

シャンプーを行う時間帯は朝ではなく夜がベターです。人間は夜10時から夜中の2時の間に成長ホルモンの分泌が盛んになり、頭皮のターンオーバーが進みます。よって、毛穴に皮脂が詰まった状態のまま寝てしまうと、髪や皮膚の成長の妨げになり結果的に薄毛の原因になってしまうのです。

朝の忙しい時間帯では洗い残しやすすぎ残しも起こりやすくなります。シャンプーを行う場合は、夜の寝る前の時間帯が最も適しているといえるでしょう。

シャンプーの選び方

かゆみやフケが出てしまうのは頭皮に負担がかかっているサインです。そのため、シャンプーは年齢や頭皮の状態に合わせて選ぶことをおすすめします。

頭皮の状態は年齢によって変化していきます。なるべくシャンプー後の頭皮の状態を毎日チェックし、シャンプーを柔軟に変えていきましょう。

シャンプーの種類とフケのタイプに合わせたシャンプーの選び方

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
シャンプーには大きく分けて3つのタイプがあり、自分の頭皮の悩みに合わせて向いているシャンプーとそうでないものがあります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類は主に以下の3つに分類されます

アミノ酸系シャンプー

頭皮が乾燥ぎみで頭皮トラブルが気になる人は、低刺激のアミノ酸系シャンプーを選ぶのが良いでしょう。また肌の弱い方は天然ものの弱酸性アミノ酸シャンプーがおすすめです。

薬用シャンプー

頭皮がベタベタする人は、洗浄力が強く市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプー、もしくは薬用シャンプーがおすすめです。

せっけん系シャンプー

洗浄力は高く頭皮への刺激は弱いのが特徴である「せっけん系のシャンプー」頭皮の状態が少しオイリーな人におすすめです。

頭皮の状態に合わせたシャンプーの選び方

すでにフケに悩まされている方は自分が乾性タイプか脂性タイプのどちらのタイプかを知り、それぞれに適したシャンプーを使いましょう。

乾性タイプの選び方

乾性タイプの方は頭皮が乾燥しないよう油分を取り過ぎない保湿性の高いシャンプーを選ぶとよいでしょう。弱酸性で肌に優しいアミノ酸系シャンプーや弱酸性のせっけん系シャンプーも保湿力が高くおすすめです。反対に市販のシャンプーのような石油系のアルコール系シャンプーは洗浄力が強く、頭皮の乾燥を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

脂性タイプの選び方

脂性タイプの場合は毛穴の皮脂をしっかり洗い流し、マラセチアの増殖を抑えるシャンプーを選ぶことをおすすめします。なかでも脂性フケ用の薬用シャンプーは菌を抑制する薬剤が入っているので、余分な油分を落としつつ異常に分泌した菌を正常に戻してくれる働きがあります。フケのかゆみを防ぐには「ピロクトンオラミン」、抗菌作用のある「オクトピロックス」が配合されているものを選びましょう。

フケを改善するシャンプー方法4ステップ

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
STEP1 ブラッシング

ブラッシングは髪全体に皮脂を行き渡らせ、頭皮に適度な刺激を与えることでマッサージ効果が期待できます。またシャンプー前にブラッシングを行うことで髪のほつれやホコリ、汚れを落とすことができるためシャンプーの洗浄効果もアップ。

注意点として、ブラシ自体の髪をこまめに取り除き、清潔に保つようにしましょう。こうすることで雑菌の繁殖を防ぐことに繋がります。加えてホコリがついたままブラッシングを行わないよう注意が必要です。

STEP2 ぬるま湯で流す

まずは36~39℃くらいのぬるめのお湯で約2分程度髪をしっかりすすぎます。ここで熱めのお湯でゆすいでしまうと皮脂が落ち過ぎてしまい、反対に冷たすぎると汚れが落ちにくくなるため注意が必要です。

2分というと少し長く感じる方も多いと思いますが、このステップで8割の汚れが落ちるため、しっかりと行いましょう。

STEP3 シャンプー

シャンプーは適量を手に取りしっかり泡立てましょう。髪や頭皮に直接当てて泡立てると、余計な摩擦から頭皮を傷つける恐れがあります。

シャンプーが泡立ったら襟足から生え際にかけて指先を使ってマッサージをしながら洗っていきましょう。ここで爪を立てて頭皮を傷つけないよう注意してください。

STEP4 シャンプーを流す

最後にシャワーを下から上にかけて髪の流れに逆らうよう流していきます。アミノ酸系のシャンプーは肌に残りやすい性質があるのですすぎ残しが起こらないよう十分すすいでください。

シャワーの水を手のひらにためながら洗浄するためすすぎも効果的です。
襟足や耳の後ろ、特に髪が厚くなっている後頭部にすすぎ残しが起こりやすいので気をつけましょう。

正しいシャンプーの選び方でフケは減らせる?

1. そもそもフケの原因とは?気になる薄毛への影響

フケは頭皮の乾燥や皮脂の詰まり、常在菌の増殖が原因です。薄毛への直接的な影響はありませんが、フケのある頭皮トラブルを放置してしまうことで薄毛の原因になる可能性があります。

2. 毎日のシャンプーとフケの関係性

シャンプーは自分の年齢や頭皮の状態に合わせて正しく選びましょう。夜、お風呂に入ったタイミングで1日1回、しっかりと洗浄することが大切です。

3. シャンプーの種類と頭皮のタイプに合わせたシャンプーの選び方

乾性タイプの方は低刺激の弱酸性アミノ酸系シャンプーか石鹸シャンプーを。脂性タイプの方は原因菌の抑制に効果的な成分が配合されている薬用シャンプーを選びましょう。

4. フケを改善するシャンプー方法4ステップ

フケはシャンプー前のブラッシングやぬるま湯でのすすぎ、しっかり泡立てたシャンプーをきちんと洗い流すことで改善・予防ができます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む