なにかとトラブルを抱えがちな頭皮。どう対処すれば良いのかと悩んでしまう方も多いでは?今回は頭皮の仕組みからかゆみやフケといった頭皮トラブルの種類までを解説。またシャンプーや保湿、マッサージなど、気になるトラブル解消法も合わせてご紹介します。

頭皮の仕組み・特徴について


頭皮は髪の毛を生やしたり、育てる頭皮は皮膚の一部です。そのため、頭皮は他の皮膚と同様、一番内側の基底層で細胞が作られ、徐々に表面へ押し出されています。

おおよそ2~4週間で一番外側の角層となり、そこから約2週間で自然に剥がれる、という働きを繰り返しています。これをターンオーバーといい、おおよそ4~6週間で新しい皮膚にサイクルしているのです。こうして皮膚が定期的に生まれ変わることで、健康な頭皮が維持できているんですね。

なぜトラブルが発生する?

頭皮は全身の中で最も皮脂腺が多い部位です。また汗腺も手の平、足の裏に次いで多く分布しています。そのため定期的に汚れや皮脂を取り除いておかないと、すぐにトラブルの原因となってしまいます。

頭皮のトラブルにはどのようなものがある?

「フケが増えた」「臭いが気になる」など、頭皮に関する悩みは尽きません。トラブルもさまざまな種類がありますが、主なものを紹介していきます。

紅斑(微弱炎症、赤み)イボ

ブラッシングをしていて、頭皮の一部分に引っ掛かった、痛みを感じる、出っ張っている場合などは、紅斑、イボなどが原因となっていることがあります。

頭皮も皮膚の一部です。しかも毛穴が密集している場所。他の部位に比べて皮膚分泌が多いことから、脂漏性多化症もできやすいのです。これは、主にこめかみなどにできやすく、加齢などでターンオーバーがうまくできないことが原因といわれています。

フケ

頭皮のトラブルにより、頭皮の常在する菌が異常繁殖することで頭皮が炎症して発生するのがフケです。フケ自体は、どんな健康な頭皮でも発生するので過剰に気にしすぎる必要はありません。しかし、頭皮ケアを怠ると大きく目立つようになり、フケが目で見えるようになってしまいます。

こうしたフケは頭皮で余分な皮脂が取り除けず、ターンオーバーが崩れ、角質が大量に発生することが原因です。

臭い

鼻と頭皮は近いため、臭いが発生するととても気になります。また、近くにいる人に臭いと思われていないかどうかも、とても気になりますよね。

この頭皮の臭いは血行不良や乾燥、菌の増加や皮膚の過剰分泌による皮膚の酸化が原因です。さらに加齢臭や生活習慣の悪化、主に食生活の乱れや睡眠不足が頭皮の臭いを助長してしまうこともあります。

頭皮が硬い

頭皮トラブルで気付きにくいのが、頭皮が硬くなっていることです。頭皮が硬くなる原因として挙げられるのが、体の冷えや血行不良です。特に女性は冷え性で悩んでいる人も多く、手足などは気になってケアをしていても、頭皮の血行不良に気付かず放置しているケースがあります。

また、現代病ともいえる、スマホやパソコンによる肩こりも原因のひとつです。目を酷使することで頭皮の血行が悪化します。

頭皮トラブルの主な対策

ここまで紹介した頭皮環境のトラブルは、どのように改善していけばいいのでしょうか?ここでは頭皮環境の改善につながる方法をご紹介します。

シャンプー(臭い・湿疹に効くシャンプ)

まずは、毎日使うシャンプーを見直すことをおすすめします。今の自分の症状に応じた正しいシャンプーを選択するようにしましょう。

シャンプーを変えるかどうか悩んだ時は、今使っているシャンプーに含まれている成分を確認してみましょう。市販のシャンプーの多くは、石油由来の界面活性剤を使用しています。洗浄力はしっかりしているのですが、頭皮が乾燥している場合には、強すぎる可能性もあります。

もし乾燥が気になる場合には、洗浄力の弱いシャンプーに切り替えるのがおすすめです。具体的にはマイルドな洗浄力のアミノ酸系シャンプーや保湿成分が含まれているもの、もしくはオーガニックシャンプーなどがを選ぶと良いでしょう。また、スカルプシャンプーは頭皮トラブルを改善したり、環境を整えてくれる効果が期待できます。

保湿

保湿液の使用は頭皮環境の悪化予防が期待できます。ミストタイプ、クリームタイプ、ゲルタイプなど種類がありますが、自分の頭皮の状態に合わせて選んでみましょう。

たとえば、頭皮が乾燥している人にはゲルタイプでしっかりとした保湿がおすすめできます。皮脂が気になる人にはミストタイプがおすすめです。

頭皮のために保湿を行いますが、頭皮と顔は皮一枚で繋がっています。つまり、頭皮をケアすることでフェイスラインのエイジング効果も期待することができるでしょう。頭皮を保湿することで目じりが3mm上がると言われるくらい、頭皮とフェイスラインには密接な関係があるのです。

クレンジング

「毎日シャンプーしているのに頭皮のベタつきやにおいが気になる!」という方におすすめなのが、頭皮クレンジングです。頭皮クレンジングをおこなうことで、頭皮の乾燥やベタツキを解消することができ。髪の根本からハリコシが髪に生まれて、パサつきや乾燥の軽減もきたいできます。

クレンジングをする場合は、まず頭皮クレンジング用シャンプーから試してみましょう。「もう少し踏み込んでクレンジングしたい」という方であれば、オイルクレンジングもおすすめです。

頻度としては週に1~2回ほどがベスト。スペシャルケアとして、一度試してみてはいかがでしょうか

ローション

頭皮ローションは、乾燥や痒みを予防する効果が期待できます。乾燥肌に悩んでいる方は、ぜひ使用を検討してみてください。

ローションを選ぶポイントとして、保湿はもちろん、+アルファの効果にも着目するのがおすすめです。抗菌や抗炎症タイプのものを選ぶと、かゆみやフケの予防になります。

マッサージ

頭皮をマッサージすることで、頭皮の血流が改善し頭皮環境の改善につながります。

シャンプーの時には揉むように頭皮を洗うのがコツ。頭皮に適度な刺激が伝わります。マッサージのタイミングは、シャンプー後の清潔な頭皮で行うのがおすすめです。マッサージを自分で行うのが億劫なら、ヘッドスパを試すのもおすすめです。

正しいケアで頭皮環境を清潔に保ちましょう

ここまで頭皮トラブルの種類や原因、対処方法について紹介しました。今現在持っている悩みに効くようなケア方法はありましたか?頭皮ケアは現状をチェックし、トラブルが起きる前に予防することが何より大切です。正しいケアをして、トラブル解消。健康な頭皮環境にしていきましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む