白髪の原因には、乾燥による頭皮環境の悪化も含まれます


女性にとって、白髪は重大な髪の問題の一つです。

見た目年齢にも影響を与えてしまうので、気にしている女性も多いのではないでしょうか。

「年をとったから仕方ない」、「白髪染めをするしかないの?」と思う方もいるかと思いますが、場合によっては老化現象ではなく、頭皮環境の悪化が白髪の原因になっているかもしれません。

一般的に、白髪は老化現象の一つで、遺伝によって生えてくるといわれています。

しかし、実際に白髪が生えてしまう原因は複雑で、年齢や遺伝だけの問題ではありません。

頭皮の乾燥や血行不良などの頭皮環境の悪化、生活習慣、過度なストレスなどによっても、白髪が生えてくることがあるのです。

白髪の直接的な原因は、メラノサイトの機能不全です

白髪が生えるのは、メラノサイトというメラニン色素を作り出す細胞の働きが弱まっているためです。

メラノサイトとは

メラノサイトとは、毛根の一番下に存在し、チロシナーゼという酵素によってメラニン色素を作り出す細胞です。

白髪が生えるメカニズム

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長していきます。

しかし、ただ毛母細胞が細胞分裂しただけでは、色はついておらず、白いままです。

ここで、髪の毛に色をつける働きをしているのがメラノサイトです。

メラノサイトが正常に働いていれば、メラニンという色素を作り出し、もともと白だった髪の毛に色がつきます。

ところが、何らかの原因によってメラノサイトの活動が弱まってしまうと、メラニン色素が作り出せず、髪の毛にも色がつきません。

その結果、白いままの髪の毛が生えてしまうのです。

メラノサイトが機能不全に陥る原因は、さまざまです


では、メラノサイトの働きが弱くなってしまう原因は何なのでしょうか。

その原因は、主に加齢や遺伝によるものだといわれています。

年を重ねるにつれて、紫外線などのダメージが、メラノサイトのもととなる色素幹細胞の分裂を妨げてしまい、メラノサイト自体が作れなくなるということが研究などでわかってきました。

また、両親が白髪になるタイミングなどによって、その性質を子も受け継ぐといった研究もなされています。

しかし、加齢や遺伝以外にも、メラノサイトの働きが弱まるものとしては、以下のものがあります。

  • 精神的ストレス
  • 生活リズムの乱れ
  • 栄養不足
  • 頭皮環境の悪化(乾燥、血行不良など)

メラノサイトは非常にデリケートな細胞だといわれています。

そのため、生活の中のちょっとしたことでメラニン色素を作り出せなくなってしまうのです。

遺伝や加齢による白髪の場合には、改善は難しいといわれていますが、その他の原因による白髪の場合は、原因を取り除くことで改善が見込めます。

白髪対策には、乾燥などを防ぎ、頭皮環境を整えましょう

一般的に白髪は老化現象の一種であるため、完全に防ぐのは難しいといわれています。

しかし、加齢や遺伝以外の原因による白髪の場合は、頭皮環境の改善によってメラノサイトを活性化することができれば、改善できると考えられています。

そこで、ここではメラノサイトを活性化させる方法について紹介します。

できることから実践し、美しい髪の毛を保てるように役立ててください。

精神的ストレスの発散

ストレスを全く感じないようにするのは難しいですが、溜めないようにするだけでも、心身は解放されてリフレッシュできます。

お風呂にゆったりと浸かる、好きな映画やドラマを見る、好きな香りのアロマを楽しむなど、日頃のストレスを発散できるものを見つけましょう。

生活改善

十分な睡眠時間と、栄養バランスのとれた食事で、元気な体作りを行いましょう。

生活リズムの整った健康的な生活を送れば、自律神経が整い、新陳代謝が活発になります。

すると、メラノサイトの機能を活性化させることができるのです。

頭皮環境の改善

頭皮が不健康な状態では、メラノサイトがしっかり機能しなくなります。

頭皮マッサージなどで血行を促進し、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌が起こらないように、毎日のヘアケアを見直しましょう。

(まとめ)頭皮の乾燥が原因で、白髪が生えることがあるの?

1. 白髪の原因には、乾燥による頭皮環境の悪化も含まれます

白髪は、老化現象の一種で、生えてくる年齢などは遺伝によって影響を受けるといわれています。

しかし、白髪の原因は年齢や遺伝によるものだけでなく、乾燥や血行不良などの頭皮環境の悪化や生活習慣、過度なストレスも関わっています。

2. 白髪の直接的な原因は、メラノサイトの機能不全です

メラノサイトは、毛根の一番下の部分にあり、チロシナーゼという酵素によって髪色となるメラニン色素を作り出す細胞です。

このメラノサイトが何らかの原因によって機能不全を起こしてしまうと、髪の毛に色をつけることができず、白髪が生えてきます。

3. メラノサイトが機能不全に陥る原因は、さまざまです

頭皮にあるメラノサイトが働けなくなる主な原因が、加齢や遺伝です。

しかし、メラノサイトは非常に繊細な細胞であるため、精神的なストレス、生活習慣の乱れ、栄養不足、頭皮環境の悪化などによっても機能不全になってしまう可能性があります。

4. 白髪対策には、乾燥などを防ぎ、頭皮環境を整えましょう

遺伝や加齢による白髪は、対策をするのは難しいところです。

しかし、その他の原因による白髪であれば、適切な対策を実践しメラノサイトを活性化することができれば、改善する可能性があります。

ストレスを溜めないようにし、生活リズムを整え、頭皮環境の改善を心がけるようにしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む