外的要因と内的要因によって、頭皮は乾燥します


頭皮が乾燥すると、かゆみが出たり、フケが出たりと、女性にとっては悩ましい問題です。

この不快な頭皮の乾燥を改善するためには、まず頭皮が乾燥してしまう原因を知る必要があります。

そこで、ここでは、頭皮の乾燥の原因についてみていきましょう。

頭皮は、さまざまな原因によって乾燥するといわれており、その原因は、大きく分けると外的要因と内的要因の2つに分けられます。

外的要因

頭皮の乾燥を招く外的要因は、主に3つあります。

  • 空気の乾燥
  • 紫外線によるダメージ
  • 頭皮の洗い過ぎ

この中でも特に多いとされているのが、頭皮の洗い過ぎです。

1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗ったりすると、頭皮の水分が奪われてしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。

内的要因

頭皮が乾燥する原因には、その人の身体の内側に問題があるケースもあります。

  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの崩れ
  • アレルギー体質、アトピー体質
  • 加齢

乾燥がひどくなる前に、しっかり対策しましょう

頭皮が乾燥すると、はじめは自覚症状がないため、どうしても発見が遅れてしまうケースがあります。

かゆみやフケ症状が出てはじめて、頭皮の乾燥に気づく人も多いのではないでしょうか。

しかし、かゆみなどの症状が出ているのであれば、頭皮の乾燥が進行しています。

これ以上乾燥を悪化させないように、適切な対処をとるようにしてください。

乾燥しているのを放置してしまうと、育毛環境を損なう原因にもなります。

一時的に乾燥するだけなら問題ありませんが、乾燥している状態の頭皮は、非常に敏感で傷つきやすく、皮膚炎などの頭皮トラブルに発展してしまうこともあります。

頭皮トラブルは、髪の毛の成長サイクルを乱してしまい、抜け毛の増加や薄毛になるリスクも高まります。

健康な髪を維持するためにも、乾燥くらいと思わずに、積極的に対処するようにしましょう。

生活環境を見直し、頭皮の乾燥を予防しましょう


頭皮の乾燥を防ぐためには、日々の生活の中で以下の点に注意するとよいでしょう。

  • シャンプー方法の見直し

    毎日行うシャンプーは、頭皮ケアの基本です。
    しかし、何気なく行っていると、乾燥を招いている可能性があります。
    ゴシゴシこする、洗浄力の強いシャンプーの使用、自然乾燥などをしていると、どんなにケアしても頭皮が乾燥してしまいます。

  • 紫外線対策

    紫外線は、季節を問わず降り注いでいるので、頭皮は常に紫外線を浴びている部分です。
    夏だけでなく、1年を通じて、帽子をかぶる、日焼け止めの使用などで紫外線対策を行いましょう。

  • 湿度管理

    外気が乾燥する冬は、なるべく室内の湿度を60%くらいに保てるようにしましょう。
    夏でも、室内はエアコンで乾燥しています。
    加湿器を利用したりして室温を一定に保てるようにしましょう。

  • 生活習慣の見直し

    生活習慣が乱れると、頭皮の健康を保てず乾燥しがちです。
    規則正しい生活を送り、栄養のある食事をとるようにしましょう。

  • 皮膚科を受診する

    頭皮にかゆみやフケが出ているのであれば、皮膚科を受診しましょう。
    アレルギーやアトピーによる乾燥であれば、セルフケアだけでは治りにくいので、専門医に相談するのが一番の近道です。

頭皮ローションなどで、頭皮に潤いを補給しましょう

生活の中で頭皮の乾燥を防いだ上で、すでに乾燥してしまっている頭皮には潤いを外から補給してあげることも大切です。

頭皮用のローションで水分を補給してあげましょう。

また、頭皮用オイルや美容液などの頭皮の保湿に特化したアイテムでも、頭皮の乾燥を緩和させることができます。

シャンプーやトリートメントなども、保湿成分が含まれているものを使用すると、より乾燥を防ぎ、保湿できるので、頭皮環境改善に効果的です。

しっかり水分を頭皮内に留めて、水分が奪われてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

頭皮の水分量を整えてあげれば、頭皮のバリア機能が正常に働くようになり、乾燥を防ぎながら、外部からの刺激も受けにくくなります。

すると、かゆみやフケなどの症状もおさまってくることでしょう。

(まとめ)頭皮が乾燥する原因とは?改善するにはどうすればいいの?

1. 外的要因と内的要因によって、頭皮は乾燥します

頭皮の乾燥が起こる原因は、大きく分けて2つの原因があります。

外的要因と内的要因です。

外的要因には、外気の乾燥や紫外線、洗い過ぎなどがあります。

内的要因には、生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れ、加齢などがあります。

2. 乾燥がひどくなる前に、しっかり対策しましょう

頭皮の乾燥は、気づきにくい傾向にあります。

しかし、乾燥を放置してしまうと、次第に症状が悪化し、頭皮トラブルや毛髪トラブルへと発展する恐れがあります。

そのため、乾燥に気づいたら、なるべく早く適切な対処をとるようにしましょう。

3. 生活環境を見直し、頭皮の乾燥を予防しましょう

乾燥した頭皮にならないようにするには、シャンプー方法の改善、紫外線対策、湿度管理、生活習慣の見直しが必要です。

これらの対策をしても、頭皮の乾燥がなかなか良くならないとき、アレルギーなどが疑われる場合は、これ以上悪化させないためにも皮膚科を受診することも検討しましょう。

4. 頭皮ローションなどで、頭皮に潤いを補給しましょう

頭皮の乾燥を防ぐケアを行っても、なかなか改善しない場合には、外側からのケアを行いましょう。

頭皮ローションなど、頭皮に潤いを与え、そして保湿してくれるアイテムを上手に活用すれば、少しの手間で乾燥が改善することもあります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む