頭皮ケアを見直して、頭皮の乾燥を防ぎましょう


頭皮が乾燥すると出る白くて小さな粉のようなフケ。

ときにはかゆみも伴うこともあり、女性を悩ませる頭皮トラブルの一つです。

たかが乾燥と思われるかもしれませんが、実は頭皮が乾燥すると、フケやかゆみだけでなく、頭皮湿疹を引き起こしたり、抜け毛が増えてしまったりする可能性があります。

健やかな頭皮と毛髪を守るためにも、フケが出たら、対策を早めに行いましょう。

乾燥フケを防ぐためには、とにかく頭皮が乾燥しないようにすること、必要な水分を補給してあげることが大切です。

適切な頭皮ケアを行えば、フケやかゆみなどの不快な症状を改善することができるでしょう。

頭皮を乾燥させないケアを実践しましょう

乾燥によるフケを改善するためには、何よりも頭皮を乾燥させないことが大切です。

そのためには、まず普段行っているヘアケアを見直しましょう。

とくに見直してほしいのは、毎日しているシャンプーです。

乾燥によるフケの原因で一番多いといわれているのが、間違ったシャンプー方法によるものだからです。

だから、まずはシャンプー方法を見直して、今以上に乾燥しない環境を整えていきましょう。

乾燥させないためには、以下のポイントを意識しながら、シャンプーを行ってみてください。

  • ごしごしこすらない、爪をたてない
  • アミノ酸系シャンプーなど、洗浄力が穏やかなものを使用する
  • シャンプー後は、タオルドライし、ドライヤーで乾かす

以上の点を踏まえて、今夜からでもすぐにシャンプー方法を見直してみてください。

正しい方法でシャンプーをすれば、乾燥が徐々に治まり、フケ症状も落ち着いてくることでしょう。

頭皮の保湿ケアも始めましょう


正しいシャンプーを行っても、なかなか頭皮の乾燥が良くならないときは、保湿ローションなどを活用して、潤いを外から補給してあげるのが効果的です。

いくら乾燥させないようにしても、そもそも地肌の水分量が少なければ改善しません。

そんなときは、頭皮用の保湿ローションを活用してはいかがでしょうか。

保湿ローションを使用すれば、頭皮の水分量を補うことができるので、もともと乾燥肌の方にもおすすめです。

もちろん、特別な頭皮用ローションでなくても、普段顔のケアに使っている化粧水を使用しても問題ありません。

ただし、頭皮用ローションのほうが、頭皮に付けやすい形状になっており、保湿以外にも栄養を補給できるもの、髪のトリートメント効果のある成分が含まれているものなどがあります。

乾燥以外にも頭皮や髪の悩みがあるときは、頭皮用ローション、育毛ローションなどを使用し、頭皮のトータルケアを行うのも効果的でしょう。

自分に合ったアイテムで、頭皮に潤いを足してあげましょう。

長引くフケ症状の場合は、皮膚科へ行きましょう

自分でフケ対策をしていても、なかなか乾燥が改善しない、フケ症状が治まらない場合には、皮膚科を受診することをおすすめします。

乾燥フケを放っておくと、次第に症状が重くなり脂漏性皮膚炎に移行することがあるからです。

脂漏性皮膚炎は、頭皮が乾燥し、その乾燥を補うために皮脂が過剰分泌することで、マラセチア菌が増殖し、炎症を起こす皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は、頭皮のべたつきがあるため、根本的な原因は乾燥にあるとは考えない人が多く、さらに脂漏性皮膚炎は治りにくいので注意が必要です。

一旦脂漏性皮膚炎になると、ステロイド剤や抗真菌剤などの薬をしようしないと改善しないこともあります。

また、脂漏性皮膚炎が進行すると、脂漏性脱毛症を発症するケースもあるので注意しましょう。

たかが乾燥と甘くみないで、フケ症状が長引くようであれば、早めに皮膚科を受診することを検討してください。

(まとめ)頭皮が乾燥してフケが出るときの対策とは?

1. 頭皮ケアを見直して、頭皮の乾燥を防ぎましょう

頭皮が乾燥すると、白くて小さなフケが出てしまいます。

乾燥によるフケが出ているときには、頭皮ケアを見直し、正しいケアを実践しましょう。

頭皮を乾燥させないこと、頭皮に潤いを補給してあげることを意識して、健やかな頭皮を守りましょう。

2. 頭皮を乾燥させないケアを実践しましょう

乾燥によるフケを改善するには、頭皮の乾燥を防ぐことから始めましょう。

頭皮の乾燥を招く原因のほとんどが、洗い過ぎによるものだといわれています。

強い力でこすったり、洗浄力の強いシャンプーで洗ったりするのは避けましょう。

3. 頭皮の保湿ケアも始めましょう

頭皮の乾燥を防ぐと同時に、外側から潤いを補給してあげるのも効果的です。

頭皮に塗りやすく、頭皮のための成分が配合されている頭皮用のローションも、多数販売されているので上手に活用しましょう。

特別なものでなくても、顔用の化粧水でも代用できます。

4. 長引くフケ症状の場合は、皮膚科へ行きましょう

セルフケアで乾燥が改善できないときは、皮膚科を受診しましょう。

あまり乾燥状態が長引くと、脂漏性皮膚炎に進行するケースがあり、最悪の場合脱毛症状が起こる可能性もあるからです。

治りが悪いなと感じたら、医師に相談するようにしてください。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む