皮脂過剰の対策を採れば改善できます


朝起きて、これから1日が始まるというときに頭皮が脂っぽいのでは、何ともいえない気分になりますね。

自分だけでなく、他の人にも不快感を与えてしまいかねません。

朝の頭皮のベタツキは、寝ている間に皮脂が過剰に分泌されたことが原因です。

朝、シャワーを浴びる人も多いかもしれませんが、夜に入浴をしている人の場合は、なおさらですので、すぐに皮脂過剰の対策を採りましょう。

皮脂過剰の原因として考えられているのは、シャンプーで皮脂を取り過ぎていること、そして、食生活や生活習慣などで、ホルモンバランスも影響します。

女性の場合は月経も関係しますし、季節によっても分泌量が変わるといわれています。

皮脂は20代をピークに分泌量が減少します。

皮脂の分泌を整えるためにすぐにできる対策としては、シャンプー剤を変えることです。

人それぞれに体質が異なりますので、ご自分の頭皮に合ったシャンプー選びをしましょう。

食生活や生活習慣は、長期的な実践が必要となります。

効果が見えるまでに時間がかかる場合もあるかもしれませんが、諦めずに続けて下さい。

皮脂不足が皮脂過剰を引き起こしている可能性があります

さわやかな朝の目覚めのはずが、頭皮がべたついている…。

寝ている間に皮脂が過剰に分泌されたといえるでしょう。

皮脂過剰の大きな原因のひとつに、頭皮の皮脂が不足していることが挙げられます。

不足するから、大量に分泌するようになるのです。

皮脂は、頭皮をべたつかせる悪者のような扱いを受けていることもあるようですが、実は大切な役割を果たしています。

皮脂膜という頭皮を保護する被膜の役割です。

頭皮の乾燥防止、常在菌による他の雑菌などが原因の炎症の防止に加えて、頭皮の柔軟性や弾力性を維持する役割も担っています。

皮脂を取り過ぎてしまうと、油膜が薄くなるので水分が蒸発しやすくなり、常在菌の活動源となっているエサが減るため、外的を守る力が弱まるのです。

つまり、皮脂を取り過ぎてしまうと、頭皮を守るのが大変な状況ができることになってしまいます。

皮脂の分泌量は変化します


皮脂を取り過ぎると、かえって過剰な分泌を招くということからも分かるように、皮脂の分泌量は変化します。

皮脂の分泌は、テストステロンという男性ホルモンがコントロールしています。

男性ホルモンは女性にもありますが、女性の場合は女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)がテストステロンと同じような働きをすることから、月経前に皮脂の分泌量が増え、ニキビなどの肌トラブルが起こることがあります。

年代別で見ると、10代は、女性も、男性ホルモンが活発に分泌されることから皮脂分泌量が増加しますが、20代前半をピークに減少、右肩下がりを続けていきます。

また、男性ホルモン分泌量は全身で1~2g/1日、頭皮だけではμg(マイクログラム)というごくわずかな量です。

年齢、気温や季節、環境によっても分泌量は変化することが知られていますし、食生活や生活習慣などによっても変化するといわれています。

自分に合うシャンプーを選び、生活習慣を見直しましょう

皮脂の分泌量を整えるには、2通りのアプローチがあります。

すぐにできる方法と長期的な方法です。

すぐにできるのは、シャンプー剤の見直しです。

一般的には、アミノ酸系のシャンプーが頭皮の成分に近く、洗浄力がマイルドなため優しい洗い上がりといわれています。

よくいわれていることですが、洗いすぎを防ぐためにシャンプーの回数は1日に1回としましょう。

長期的な方法は、食習慣や生活習慣の改善です。

食事の場合、脂っこいものをはじめとして、糖質をたくさん取り過ぎないように注意を払いましょう。

脂質の代謝に必要なビタミンBをはじめとしたビタミン類や、食物繊維を豊富に含む食材を積極的に摂るようにします。

喫煙で消費されるビタミンCは皮膚の健康維持をしています。

生活習慣では、睡眠不足やストレスがホルモンバランスを乱す原因になる可能性があります。

日々溜まる疲れやストレスと上手に向き合うことが、頭皮の改善にもつながりますので、積み重ねを大事にして下さい。

(まとめ)寝起きなのに頭皮が脂っぽい…どうすればいいですか?

1. 皮脂過剰の対策を採れば改善できます

寝ている間の皮脂過剰が原因です。

皮脂の不足を補うために、分泌量を増やしていると考えられます。

洗浄力の強いシャンプー剤、食生活や生活習慣を見直すことによって改善が期待できます。

皮脂の分泌量は、ホルモンバランスの乱れも影響します。

2. 皮脂不足が皮脂過剰を引き起こしている可能性があります

皮脂は、皮脂膜を作って頭皮を守る働きをしています。

頭皮の乾燥防止、常在菌による雑菌の侵入防止、頭皮の弾力性や柔軟性の維持もしています。

したがって、皮脂が不足すると頭皮を守る働きが弱まるため、分泌量を増やすのです。

3. 皮脂の分泌量は変化します

皮脂の分泌量は、男性ホルモンによってコントロールされています。

女性の場合は、女性ホルモンの影響もあり、月経前に分泌量が増加します。

気温や季節、環境によっても変化しますが、皮脂分泌量は、年代で見ると20代をピークに徐々に減少します。

4. 自分に合うシャンプーを選び、生活習慣を見直しましょう

皮脂過剰対策として、すぐにできるものと長期的な実践が必要なものとがあります。

アミノ酸系のシャンプーなど、自分の頭皮に合うシャンプーを選びましょう。

食生活や生活習慣の見直しによっても、皮脂量を整えることが期待できます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む