頭皮は全身のなかでも皮脂量が多い場所だといわれています


頭皮は、てかりやすい額から鼻にかけてのTゾーンの約2倍、汗をかきやすい背中の約5倍もの多数の皮脂腺がある部位です。

1㎝²あたりでいうと、なんと800個もの皮脂腺が存在します。

そのため、頭皮はすぐに皮脂が溜まりやすく、きちんとヘアケアしないと雑菌が繁殖して臭いの原因にもなります。

頭皮を清潔に保つには、毛穴の汚れを洗浄し、皮脂の分泌量を増やさない生活がポイントです。

頭皮はバリア機能が低いため乾燥しやすいとされています

頭皮は皮脂腺の数が多く、毎日毛穴から多量の皮脂が分泌されます。

皮脂は頭皮の毛穴に留まって固まり、洗髪でしっかり洗い流さないと皮脂を栄養分として常在菌が繁殖し、皮脂を脂肪酸に変性させます。

皮膚は肌細胞が分裂を繰り返し、新しい細胞を作り出して古い角質を押しあげて、剥がしていくターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。

しかし、脂肪酸が増えるとターンオーバーが遅れ気味になり、古い角質がなかなか剥がれ落ちず、肌細胞が新しく変わるタイミングを逃します。

すると、外部の刺激から肌を守る頭皮のバリア機能が低下してしまい、頭皮の乾燥が進んでしまいます。

頭皮は体のなかでも特に水分蒸発量や、肌の主成分であるアミノ酸の流出量が特に多いことが分かっています。

つまり、頭皮は皮脂腺の数が多く皮脂が多量に分泌して、一見して常に潤っているようなイメージがあります。

しかし、バリア機能が弱くて潤いを保ちづらい面があり、実は乾燥しやすくデリケートな部位だといえるのです。

頭皮の余分な皮脂をそのままにするとフケや臭いの原因となります


頭皮は皮脂腺自体が他の部位より多く、栄養が偏った食事や睡眠不足などの生活習慣の乱れにより、皮脂の過剰分泌を招きやすい部位ともいえます。

過剰分泌された皮脂を洗髪などできれいに洗い落とさないでそのままにしておくと、頭皮の常在菌が増殖して皮脂が脂肪酸に変化します。

脂肪酸は、さらに分解されてツーンと鼻に突くような、酸っぱいような嫌な臭いが発生し始めます。

他にも、頭皮に炎症を起こして地肌に赤みやかゆみなどの頭皮トラブルをもたらします。

さらに、頭皮は皮脂でべたついてヘアスタイルが上手くまとまらなかったり、見た目にも不潔な印象を与えたりします。

また、肌のターンオーバーでは、頭皮の古い細胞が一定の周期で剥がれ落ちます。

しかし、頭皮に皮脂が多すぎたり、反対に乾燥して水分不足になっていると、時期を待たずにどんどん角質細胞が剥がれて落ち、フケとなって頭皮に付着したり、パラパラ落ちたりします。

フケが多い状態を放置すると、皮膚病の一種である脂漏性皮膚炎を発症するリスクもあります。

脂漏性皮膚炎は、自然治癒が難しく、慢性化することでも知られているので、予防が大事です。

頭皮のフケや臭い対策は丁寧な洗髪や規則正しい生活が大事です

頭皮の皮脂の過剰分泌により、起こりやすいフケや臭いなどを予防するには、毛穴の汚れをきちんと落とす洗髪がポイントです。

洗髪前には毛先の柔らかな獣毛ブラシを頭皮に当てて、ブラッシングをしましょう。

汚れが落ちやすく、頭皮に刺激が与えられて血行も良くなります。

さらにぬるま湯で髪と頭皮を予洗いし、シャンプーを泡立てて指の腹で優しく洗っていきます。

泡が残ると常在菌が繁殖するので、しっかり洗い流してください。

洗髪後は、髪や頭皮が湿っていると雑菌による臭いの元となるので、ドライヤーで乾かしましょう。

他にも頭皮の常在菌の繁殖を防ぐ、頭皮スプレーを取り入れるのも良いでしょう。

また、普段の生活からホルモンバラスを整えて、頭皮を健やかな状態にするためには、しっかり睡眠をとってストレスを溜めない生活を心がけましょう。

そして、脂質や油分の多い物の食べ過ぎは、体内で吸収できなかた脂が頭皮に皮脂として染み出てしまうこともあるため、食べ過ぎに注注意しましょう。

髪や頭皮に良いとされるアミノ酸やビタミンなどを含む食品をバランスよく食事に取り入れるのが望ましいですが、忙しい方はサプリメントなどを活用してもよいでしょう。

(まとめ)頭皮は体のなかでも皮脂の分泌量が多い場所なの?

1.頭皮は全身のなかでも皮脂量が多い場所だといわれています

頭皮は体のなかでもT、ゾーンや背中など汗をかきやすい場所よりも皮脂腺が多いとされています。

皮脂が溜まりやすく、頭皮トラブルを招くので日々のヘアケアにより清潔に保つことが大事です。

2.頭皮はバリア機能が低いため乾燥しやすいとされています

頭皮の多量な皮脂が毛穴に詰まると、常在菌が脂肪酸へと変化させて肌のターンオーバーを乱れさせます。

すると、頭皮のバリア機能が低下し、水分蒸発が進むため皮脂量が多くても頭皮が乾燥状態になってしまうのです。

3.頭皮の余分な皮脂をそのままにするとフケや臭いの原因となります

頭皮の毛穴に詰まった皮脂をそのままにすると、常在菌が増殖して酸っぱい臭いの原因となります。

さらに、角質細胞がどんどん剥がれ落ち、フケが大量発生することもあります。

4.頭皮のフケや臭い対策は丁寧な洗髪や規則正しい生活が大事です

頭皮や髪を健康な状態にするには、シャンプーで毛穴の汚れをしっかり落とすことや、濡れたまま放置しないことなどがポイントです。

さらに、睡眠をとってストレスを溜めない規則正しい生活や、食事にも気を遣う必要があります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む