皮脂過剰の人に限らず、洗髪後はドライヤーを使用しましょう


シャンプー後には、ドライヤーを使用するほかに、自然乾燥やタオルドライなどの髪を乾かす方法があります。

自然乾燥やタオルドライだけで髪を乾かす方法は、おすすめできるやり方ではありません。

どんなにていねいに洗髪しても、頭皮には皮脂が残ります。

自然乾燥やタオルドライでは、髪が乾くまでに時間を要します。

頭皮や髪が湿った状態が長く続くと、皮脂を養分に、雑菌が繁殖してしまいます。

ですから、髪はドライヤーを使用して、手早く乾かすようにしましょう。

また、髪が長時間湿ったままだと、皮脂過剰を招くことがあります。

髪をぬれたままで放置していると、本来の保湿機能が弱まるために、頭皮が、実は、乾燥します。

そのような状態になった頭皮は、乾燥を脱しようと、皮脂を過剰に分泌するのです。

皮脂過剰は、毛穴詰まりを起こすなど頭皮環境を悪化させます。

ですから、髪を、長時間、湿ったままにするのは避け、洗髪後はドライヤーで手早く乾かしてしまいましょう。

頭皮の皮脂が過剰な人はもちろんですが、そうでない人も、ヘアドライにはドライヤーを用いるようにしましょう。

髪の根元からドライヤーで乾かしましょう

ドライヤー使用前にタオルドライを

洗髪後のぬれた髪は、ドライヤーを使用して速やかに乾かしたいものです。

では、ドライヤーの正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。

ドライヤーの熱で髪を傷めないように工夫をしながら、できるだけ短時間で乾かしたいものです。

まず、洗髪をしたら軽くタオルドライをして、おおまかに水気を取り除いておきましょう。

ゴシゴシと擦るのではなく、タオルを髪にあてたら抑えるようにして水分を拭くのがコツです。

ドライヤーの熱風に注意を

ドライヤーを髪の至近で使用すると、強い熱風により髪が傷んでしまいます。

ですから、髪とドライヤーを20 cm程度離して、熱風をあてるようにしましょう。

そして、同じ場所に熱風をあて続けるのではなく、ドライヤーを動かしながら、広範囲に風があたるようにしてください。

また、まずは髪の根元から乾かすと良いでしょう。

髪を指でかき上げて、根元にドライヤーの風をあてるのがコツです。

毛先は、乾きやすいので、状態をみながら最後にざっと乾かす程度にしましょう。

ドライヤーを使用して皮脂の臭いを予防しましょう

皮脂過剰は頭皮の臭いの元

頭皮の臭いも、悩ましいヘアトラブルのひとつです。

頭皮は、皮脂の分泌量が多く、様々な原因による皮脂過剰を起こしやすい箇所といえます。

過剰に分泌された皮脂が酸化すると、不快な臭いを発します。

皮脂過剰になる原因には、次のようなものがあります。

まずは、ホルモンバランスの乱れです。

女性は本来、女性ホルモンの働きによって皮脂の分泌が抑えられているのですが、何らかの理由で女性ホルモンが減少すると、皮脂が過剰になることがあります。

そして、間違ったシャンプー方法によって、皮脂過剰を招くこともあります。

頭皮の汚れが気になるからといって、1日に何度も洗髪をすることや、洗浄力の強いシャンプー剤を使用するのは逆効果です。

過度な洗浄によって皮脂を取り除きすぎると、乾燥を防ぐために多量の皮脂が分泌されることになります。

皮脂による頭皮の臭いを助長させないためには、ヘアドライにも注意が必要です。

洗髪後の髪を、自然乾燥するなどしてぬれたままの状態にしておくと、皮脂などを養分に雑菌が繁殖してしまいますので、必ずドライヤーで手早く乾かすようにしましょう。

ドライヤーでの乾燥のしすぎも皮脂過剰を招きます

頭皮の乾かしすぎは逆効果

洗髪後の髪はドライヤーで手早く乾かしてしまいたいものです。

けれども、乾燥のしすぎにも注意をしたいものです。

ドライヤーで、過度に頭皮を乾かしてしまうと、必要な水分まで奪われてしまいます。

そうなると頭皮が乾燥して、痒くなったり、フケが増えたりするなど、トラブルを引き起こしてしまいます。

乾燥のしすぎで皮脂過剰を招くことも

また、ドライヤーで頭皮を乾かしすぎると、乾燥を解消しようとして、皮脂を過剰に分泌してしまうこともあります。

皮脂が過剰になると、臭いが発生したり、皮膚炎を起こしたりすることもありますので、気をつけたいものです。

髪や頭皮の生乾きもヘアトラブルの元になりますが、乾かしすぎも良くありません。

ドライヤーで髪を乾かすときは、ほど良い加減まで乾かすよう、気を配るようにしましょう。

(まとめ)頭皮の皮脂が過剰な人は、ドライヤー乾燥が必須って本当?

1. 皮脂過剰の人に限らず、洗髪後はドライヤーを使用しましょう

洗髪後に、自然乾燥やタオルドライだけで髪を乾かすのは、雑菌が繁殖するので避けましょう。

また、髪を長時間ぬれたままにすると、頭皮が持つ保湿機能が弱まることから、それを解消するために皮脂過剰を招くことがあります。

シャンプーの後はドライヤーで速やかにヘアドライをしましょう。

2. 髪の根元からドライヤーで乾かしましょう

ドライヤーを使用するときは、熱風から髪や頭皮を守るために、手早く乾かす工夫をしたいものです。

ドライヤーを使用する前に、タオルドライでおおまかに水分を拭っておくと良いでしょう。

また、髪の根元から熱風をあてるのが、乾燥しやすい毛先を傷めずにドライヤーで髪を乾かすコツです。

3. ドライヤーを使用して皮脂の臭いを予防しましょう

頭皮は、皮脂過剰が起きやすい部位ですので、皮脂による不快な臭いを発しやすい箇所といえます。

洗髪後の髪を長い時間ぬれたままにしておくと、頭皮の臭いを助長させてしまいますので、ドライヤーで速やかに乾かすようにしましょう。

4. ドライヤーでの乾燥のしすぎも皮脂過剰を招きます

シャンプー後は、ドライヤーを用いて髪を乾かすことをおすすめしますが、乾燥のしすぎには注意が必要です。

頭皮を過度に乾かしてしまうと、乾燥から頭皮を守るために、皮脂が過剰に分泌されます。

皮脂過剰は、臭いや皮膚炎の原因となるので、ドライヤーでの髪の乾かし加減には気を配りましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む