頭皮のべたつき除去など、リフレッシュ効果が期待できます


暑い時期は頻繁に汗がでて、皮脂による髪のべたつきやかゆみ、頭皮の匂いが気になるなどのトラブルに悩んでいませんか?

そんな時にぜひ使ってほしいのが、お手軽・簡単に頭皮や髪のケアができる「ドライシャンプー」。

名前を聞いたことはあっても、使用したことのない方がほとんどではないでしょうか。

その名の通り“水で洗い流さない”ドライシャンプーは、頭皮を清潔に保つことができ、外出先や、お風呂に入れない時などに便利です。

べたつきや匂いが気になる夏の時期や、スポーツで汗をかいた後、デートの前など、気軽に使えるのが特徴です。

また、洗いすぎによる髪・頭皮のダメージや、パサつきの予防、商品によっては美髪効果も期待でき、髪をサラサラに整えることもできます。

お風呂に入れない…と悩む前に、頭皮と髪を清潔に整える「ドライシャンプー」を使って、気になる皮脂や匂いと気持ちをすっきりさせてみてください。

普段のシャンプーとドライシャンプーとをうまく組み合わせて、自分の頭皮がいつも快適な状態になるよう、コンディションを保つ方法を知っておきましょう。

ドライシャンプーだからこそ得られるメリットがあります

洗髪の刺激から頭皮を休ませて、皮脂の分泌を穏やかに

頻繁にシャンプーで洗い流していると、必要な皮脂まで取り除くことになります。

すると、頭皮の乾燥によるフケが増え、皮脂の分泌が過多になるなど、頭皮トラブルが起きやすくなってしまいます。

2~3日に1度くらいのペースでドライシャンプーを使用すると、皮脂の分泌が穏やかになり、頭皮や髪のべたつきを抑えることができるといわれます。

意外!洗っていないのにツヤツヤの髪に

ドライシャンプーの最大の特徴は、お風呂に入らずに余分な油分や汚れを落とせるところです。

汗や皮脂によるべたつきや、乾燥によるカサカサ・かゆみをすっきり落として、頭皮と髪を清浄な状態にし、髪のサラサラ感を保つことができます。

頭皮を清浄化する以外にも注目すべきところあり
  • そもそも水を使わないので、汚水がでず、地球環境にやさしい。
  • 入院時や体調不良で寝込んでいる時など、お風呂に入りづらい場面でも簡単に髪と頭皮をケアできる。
  • アウトドア系の旅行中や、運動後でも、手軽に使える。
  • 疲れて帰宅した時や、忙しい朝にシャワーが煩わしい時に、シャンプー時間を短縮できる「時短」アイテムとして使用できる。

頭皮の余分な皮脂や汚れを落としつつ、メリットを感じる場面はこんなに多くあるのです。

用途に合わせてドライシャンプーの種類を選べます

頭皮すっきり・サラツヤヘアにしてくれる「パウダータイプ」

ドライシャンプーは、皮脂と汚れをパウダーとともに吸着してくれる粉末状のシャンプーです。

適量を頭皮に振りかけ、マッサージするように馴染ませます。

終わったら、櫛を使って粉を振り落とすのを忘れずに。

気軽にリフレッシュでき、パウダー効果でサラサラ感を出しやすいタイプです。

汚れと匂いをしっかり落とす「スプレータイプ」

スプレータイプには、ウォータータイプや、泡状のタイプなどがあります。

直接、頭皮にスプレーをして揉みこむように馴染ませるのは、パウダータイプと同様。

仕上げに、頭皮は固く絞ったタオルで拭き、髪は絞らず濡らしたタオルで拭いてドライヤーで乾かします。

最後に、洗い流さないトリートメントを馴染ませたら、清涼感いっぱいの頭皮とヘアになります。

いつでもどこでもシャンプーを持ち歩く「シートタイプ」

どこでも簡単に、汚れを取ることができるのが “拭き取るだけ”のシートタイプ。

コンパクトなので外出先にも気軽に持ち運べます。

汗拭きシートの感覚で、髪も、ケアすることができるタイプです。

効果的な使い方で、ドライシャンプーのよさを倍増できます

蒸しタオルで汚れを浮かす

ドライシャンプー前に、蒸しタオルを使って頭皮を温めてみましょう。

血行が促進され、頭皮の皮脂と汚れが浮きやすくなります。

その状態で揉みこむようにシャンプーをすると、しっかりと汚れを落とすことができます。

洗髪した時のように匂いも一緒に除去してくれるので、ドライシャンプーでもさらに清涼感ある仕上がりを実感できます。

ヘッドマッサージをして美髪効果を得る

ドライシャンプーを馴染ませる時には、同時にヘッドマッサージをするのがおすすめです。

頭皮の血行を促進し、酸素や栄養素を頭皮いっぱいに行きわたらせることができます。

心地のよい指圧感でリフレッシュでき、健康でコシのある髪に整える効果を期待できます。

指圧は、心地よいと感じられる程度の圧力で、指の腹を使って実践しましょう。

(まとめ)ドライシャンプーは、頭皮の脂っぽさを軽減してくれるの?

1. 頭皮のべたつき除去など、リフレッシュ効果が期待できます

ドライシャンプーは、皮脂による髪のべたつきやかゆみなどのトラブルを、お風呂に入ることなく、気軽に解消することが可能です。

頭皮の匂いが気になる時も、外出先で簡単にリフレッシュできます。

また、商品によっては美髪効果も期待でき、髪をいつでもサラサラに保つこともできます。

2. ドライシャンプーだからこそ得られるメリットがあります

無理のないペースでドライシャンプーを使って、洗髪の刺激から頭皮を休めましょう。

そうすることで皮脂の分泌が穏やかになり、頭皮や髪のべたつきを抑えることができるといわれます。

水を使わず環境にやさしく、お風呂の時間を「時短」できるメリットもあります。

3. 用途に合わせてドライシャンプーの種類を選べます

皮脂を落としてサラサラ髪は維持したい、気になる匂いはしっかり取りたい、外出先で使いたい…。

要望に合わせた、質感の違うドライシャンプーが揃っています。

頭皮や髪の悩みに沿うドライシャンプー選びをおすすめします。

4. 効果的な使い方で、ドライシャンプーのよさを倍増できます

ドライシャンプーの前に、蒸しタオルを使って、たっぷりと頭皮を温めましょう。

皮脂や匂いを浮かし、汚れが落ちやすくなります。

また、ヘッドマッサージも行うことで、血行促進され栄養素が行きわたり、健康なコシのある髪をつくる効果が期待できます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む