「お肌の変化」を感じたら、スカルプ・ケアの開始適齢期です


肌トラブルといえば、やはり「顔」が最も気づきやすく、また、いち早くケアしたい場所です。

でも、「頭皮」も肌の一部。

同じ化粧品が合わなくなった、乾燥・テカリが気になり始めた、など、「お肌」の微妙な変化を感じ始めたら、頭皮にも何らかのエイジングサインが表れているかもしれません。

何といっても頭皮は、「顔」とひと続きの大切な「お肌」なのです。

「頭皮」ケアでお肌全体のエイジングケアにつながる可能性も!

「スカルプ・ケア」といっても、サロンなどで施術してもらう本格的なものから、自宅でできる日常的なものまで、さまざまです。

ここでは、「えっ、そんなことも『スカルプ・ケア』なの?」というような簡単な毎日の実践方法をまとめました。

  • シャンプー前のしっかりブラッシングで美肌効果も期待できます。
  • シャンプーは「洗う」よりも「頭皮のマッサージ」を意識して行います。
  • しっかりすすぎと速攻ドライで、頭皮の雑菌や余分な脂を減らし、皮脂バランスを改善します。
  • さらに気になる方は、週1回のスペシャルケアで頭皮の大掃除を行い、心身ともにリフレッシュしましょう。

自宅で毎日実践して、健康な頭皮を保ち、美肌、美髪につなげていきましょう。

自宅でできる毎日の「スカルプ・ケア」

「えっ、そんなことも『スカルプ・ケア』なの?」というような基本的な方法ですが、特に次のことを毎日の習慣にして続けましょう。

頭皮の健康、ひいては美髪、美肌につなげていくことができます。

  • シャンプー前のしっかりブラッシング

    ブラッシングは髪や頭皮についたほこりや汚れ、古くなった角質などを落とし、シャンプーの効果を高めます。

    おでこから後ろへかき上げるようにブラッシングして、額をしっかり引き上げます。

    右サイドを左手で、左サイドを右手で、頭頂部に向かってブラッシング。

    フェイスラインのリフトアップ効果も期待できます。

    少し前かがみになって、うなじから頭頂部へ。

    髪のハリ・コシを増進し、首や肩の血行促進にもつながります。

  • シャンプーは「洗う」よりも「頭皮のマッサージ」を意識

    シャンプー剤をつけたら、指の腹を使って下から上へ、マッサージするように動かしていきます。

    生え際から頭頂部へ、襟足から頭頂部へ、少しずつ指でもむように移動します。

    ネイルが気になる方は、頭皮マッサージの専用ブラシなどを活用してはいかがでしょう。

シャンプー以上に重要な「すすぎ」と「速攻ドライ」


行きつけの美容院で、至福の時間。

念入りな「すすぎ」や、2人がかりでの「速攻ドライ」に驚きと感動を覚えること、ありませんか?

洗い方と同じか、それ以上に重要なのが、十分な「すすぎ」と「速攻ドライ」です。

・しっかりすすぎと速攻ドライで、頭皮の雑菌や余分な脂を減らす

シャンプー後はとにかくしっかりすすぐことが肝心です。

トリートメントやコンディショナーは頭皮につけないように注意し、ぬるぬる感が残らないようしっかり洗い流します。

頭皮からは、天然のコーティングともいえる皮脂が分泌されるのですから、余分なトリートメントやコンディショナーは頭皮には不要なのです。

「濡れたままの髪はよくない」と昔からいわれますが、本当にその通りのようです。

頭皮が濡れていると、雑菌の繁殖が早まり、皮脂の分泌と相まって頭皮トラブルの元になります。

髪を乾かすのはもちろん、頭皮にも風が通るようにして(近づけすぎないように)、しっかり乾かしてください。

頭皮や髪が熱いままだと、乾燥や皮脂トラブルの元ですから、最後は冷たい風を当てて、クールダウンさせて完了です。

週1回のスペシャルケアで頭皮の大掃除

以上のことを毎日続けるだけでも、頭皮の変化に気づくはず。

さらに「スカルプ・ケア」を実践したい方は、「頭皮クレンジング」や「トリートメントオイル」など、週に1度のスペシャルケアを行いましょう。

トリートメントオイルを活用しながら、蒸しタオルで頭全体を包む「自宅エステ」もおすすめです。

電子レンジで1分ほど温めた濡れタオルを頭に巻き(やけどには注意)、3分ほど、ゆったり過ごします。

タオルは重ねて2枚ほど巻くと保温力もアップします。

その後髪や頭が冷めるのを待って、シャンプーしてください。

(まとめ)頭皮の脂が気になり始めたら、スカルプ・ケアの開始年齢?

1. 「お肌の変化」を感じたら、スカルプ・ケアの開始適齢期です

同じ化粧品が合わなくなった、乾燥・テカリが気になり始めた、など、「お肌」の微妙な変化を感じ始めたら、頭皮にも何らかのエイジングサインが表れているかもしれません。

「頭皮」ケアでお肌全体のエイジングケアにつながる可能性も!

2. 自宅でできる毎日の「スカルプ・ケア」

毎日のスカルプ・ケアは簡単です。

シャンプー前のしっかりブラッシングを行うこと、シャンプーは「洗う」よりも「頭皮のマッサージ」を意識することを心がけます。

自宅で毎日実践して、健康な頭皮を保ち、美肌、美髪につなげていきましょう。

3. シャンプー以上に重要な「すすぎ」と「速攻ドライ」

しっかりすすぎと速攻ドライで、頭皮の雑菌や余分な脂を減らすことができます。

シャンプー後は、とにかくしっかりすすぎ、髪を乾かす時は、髪はもちろん、頭皮にも風が通るようにして(近づけすぎないように)しっかり乾かしてください。

4. 週1回のスペシャルケアで頭皮の大掃除

さらに「スカルプ・ケア」を実践したい方は、「頭皮クレンジング」や「トリートメントオイル」など、週に1度のスペシャルケアを行いましょう。

スカルプ・ケアは決して特別な時だけの手段ではありません。

継続によって変化を感じることができるようになります。

自宅で毎日実践して、健康な頭皮を保ち、美肌、美髪につなげていきましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む