髪本来の汚れ、スタイリング剤など髪のコンディションが原因


髪を洗う時、シャンプーが思うように泡立たないこと、ありますよね。

シャンプーの泡立ちは、まずは基本的なシャンプーの方法を見直すことで、劇的に改善できることも。

まずは、正しいシャンプーのしかたを見直してみましょう。

大切なことは、シャンプー前のブラッシング、十分な予洗い、すすぎ、の3点です。

また、シャンプーの方法を見直しても、泡立ちが悪いと感じる時は、頭皮の元気がなくなっていることも考えられます。

そんな時は、自宅で手軽に試せるスカルプクレンジングやトリートメントオイルでのマッサージを行ってみましょう。

それから、シャンプーの種類はあなたの今の髪や頭皮の状態に合っていますか?

シャンプーの成分も明確に表示されている時代、自分のニーズに合ったヘアケア製品を選びたいものです。

以上のようなポイントを押さえることができないと、「シャンプーの泡立ち」に影響し、べたつきや頭皮トラブルのもとになってしまいます。

シャンプーのしかたや頭皮のスペシャルケア、シャンプーの種類を見直して、すっきりした毎日を送りましょう!

シャンプーの方法を見直しましょう

毎日のルーティンになっている自分なりのシャンプー。

疲れや慌ただしさに紛れて忘れがちになっている、正しいシャンプーのポイントをまとめました。

  • シャンプー前のブラッシングで髪の絡まりや汚れを落とす

    髪についたさまざまな汚れを、ブラッシングで落とします。

    また、ワックスなどのスタイリング剤を使用している場合は、髪が固まったり絡まったりしていることも。

    ブラッシングをすることで、頭皮から出ている皮脂が髪全体に行き渡り、髪をシャンプーの余計なダメージから守ってくれる役割もあります。

  • シャンプーをつける前にお湯でしっかり予洗いをする

    ブラッシングの次は、十分お湯で髪を濡らし、予洗いすることです。

    手ぐしを入れ、頭皮を指の腹でさするようにして濡らします。

    頭頂部や髪の生え際など、地肌までしっかり洗い流せば、髪に付着したほこりや汚れの7~8割は落ちますし、ハードなスタイリング剤も流れます。

  • シャンプーをなじませて泡立てる

    シャンプー剤を手に取り、生え際から頭頂部へ、うなじから頭頂部へと分けてつけ、指を少しずつ移動させながら頭皮をマッサージするように洗います。

    この時、髪や頭皮が十分に濡れていないと、「シャンプーが泡立たない」という感覚につながるのです。

  • すすぎは洗っている時間の倍かける

    洗い残しは頭皮や髪の大敵です。

    シャンプーで洗う時間の倍の時間をかけるくらいの気持ちで。

    洗い残しは次の日の頭皮トラブルにつながります。

それでもやっぱり泡立たない……頭皮が気になる時


シャンプーの方法を見直し、正しいやり方で試してみても、やっぱり泡立ちが悪いと感じたら、頭皮のスペシャルケアがおすすめです。

自分へのごほうびにヘッドスパを予約……も素敵ですね。

日常から離れた空間での特別な時間を過ごして、頭皮だけでなく心までリフレッシュできそうです。

そこまで時間やお金はかけにくい……という方には、自宅で手軽にスパ気分が味わえるスカルプクレンジングや、トリートメントオイルでのマッサージはいかがでしょう。

女性の頭皮に合わせたスカルプクレンジングは効果が期待できますし、トリートメントオイルの香りも楽しみの1つです。

週末などを利用して、ゆったりした気分で行えば、心身共にデトックスできそうですね。

シャンプーの種類は合っていますか?

「髪や頭皮にやさしいものを選びたい」という女性が増えています。

シャンプーの成分も明確に表示されている時代、自分のニーズに合ったヘアケア製品を選びたいものです。

アミノ酸系シャンプー

弱酸性で低刺激。洗浄力もマイルドなため、「泡立ちが悪い」と感じることも。

頭皮の性質はお顔の肌質とイコール、といわれます。

お顔が敏感肌、乾燥肌の方にはおすすめですが、そうでない方には物足りなさがあるかもしれません。

薬用シャンプー

医薬部外品で、製品に表示されている効果効能が期待できます。

頭皮トラブルを感じている人は、試してみる価値あり。

アルコール系シャンプー

市販のシャンプーで最も多いタイプ。

洗浄力が高いのでコンディショナーやトリートメントの併用は必須。

シャンプーとは長いおつきあいが続きます。

自分の頭皮に合ったシャンプーを探していきましょう。

(まとめ)シャンプーの時、泡立たないのは頭皮の脂のせい?

1. 髪本来の汚れ、スタイリング剤など髪のコンディションが原因

まずは、正しいシャンプーのしかたを見直しましょう。

大切なことは、シャンプー前のブラッシング、十分な予洗い、すすぎ、の3点です。

また、シャンプーの方法を見直しても、泡立ちが悪いと感じる時は、自宅で手軽に試せるスカルプクレンジングやトリートメントオイルでのマッサージを行ってみましょう。

そして自分のニーズに合ったヘアケア製品を選びたいものです。

2. シャンプーの方法を見直しましょう

シャンプー前のブラッシングで髪の絡まりや汚れを落とします。

ブラッシングの次は、十分お湯で髪を濡らし、予洗いすることです。

洗い残しは頭皮や髪の大敵です。シャンプーで洗う時間の倍の時間をかけるくらいの気持ちで。

3. それでもやっぱり泡立たない……頭皮が気になる時

頭皮へのスペシャルケアがおすすめです。

自宅で手軽に行えるスカルプクレンジングや、トリートメントオイルでのマッサージを、週末などを利用して行いましょう。

週末などを利用して、ゆったりした気分で行えば、心身共にデトックスできそうです。

4. シャンプーの種類は合っていますか?

シャンプーには、

  • アミノ酸系(弱酸性で低刺激:洗浄力もマイルドなため「泡立ちが悪い」と感じることも)
  • 薬用(医薬部外品:製品に表示されている効果効能が期待できる)
  • アルコール系(市販のシャンプーで最も多いタイプ:洗浄力が高いのでコンディショナーやトリートメントの併用は必須)

などがあります。

自分の頭皮に合ったシャンプーを探していきましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む