ブラシを使った頭皮マッサージで脂っぽさが改善されます


シャンプーブラシは、洗髪時に頭皮を洗うためのブラシです。

手のひらサイズの丸い形で、突起がでています。

シリコン製のものなどがあり、そうであればヘアブラシほど固くなく、濡れても大丈夫です。

安価なものから千円単位のものまであり、ヘアケア製品を扱うお店などで簡単に購入することができます。

このシャンプーブラシですが、適切に使うと、脂っぽい頭皮をスッキリさせることができます。

また、洗髪時に頭皮マッサージを同時に行うことができ、頭皮の血流をアップし、血流を良くすることにつながります。

爪を伸ばしていたり、ネイルをしていたりする人にとっては、自分の指の腹で頭皮を洗うのが難しいので、シャンプーブラシを使えば頭皮や爪を傷つけずに済みます。

指先を怪我している時には、シャンプーブラシを使うと怪我している部分を守ることができます。

しかし、シャンプーブラシは使いすぎたり、間違った使い方をすると、頭皮を傷つけたり、乾燥頭皮になったりしてしまいます。

正しい使い方をして頭皮の脂っぽさを解消し、スッキリさせましょう。

シャンプーブラシは手に取って選ぶ

頭皮に当たる部分の硬さで、まずは選びましょう。

多くのシャンプーブラシの毛先は様々な硬さになっています。

購入する前に、お店で毛先を触って確かめてみましょう。

ブラシの先の形状も、尖っているもの、丸いもの、小さな凸凹がついているものなど様々です。

先が適度に尖っているブラシは頭皮の毛穴に入りこんだ脂が取れそうですし、凸凹なブラシは頭皮マッサージに便利です。

手指の代わりにブラシを小刻みに動かして頭皮を洗うので、持ちやすいブラシの方が、力の入れ方などの調整がしやすいものです。

実際に手に取って動かしてみましょう。

ヘアサロンの美容師さんに相談するのもよいでしょう。

お店では手でシャンプーしてくれますが、家ではシャンプーブラシを使っているかもしれません。

シャンプーブラシを使って頭皮に優しく洗髪する方法


一般的なシャンプーブラシの使い方について、説明します。

まず、ヘアブラシで髪を梳かし、毛髪についた大きなゴミや汚れを落として、もつれをほぐしましょう。

次に、ぬるま湯をゆっくり毛髪と頭皮にかけて、全体を濡らしましょう。

シャンプー液を手に取り、泡立ててから、泡を頭皮と毛髪につけます。

ここで、シャンプーブラシの出番です。

シャンプーブラシは細かく左右に動かし、頭皮を洗います。

力を入れないように、泡で頭皮を洗うようにしましょう。

頭全体にシャンプーブラシを動かしながら、頭の同じところは3回ほど洗っていきます。

それ以上シャンプーブラシを使うと、頭皮が傷ついてしまいます。

毛髪と頭皮をすすいで、泡を完全に落とします。

すすぎ残しは、臭いなどの原因になります。

ぬるま湯を使いながらゆっくりきちんとすすぎましょう。

きちんとドライヤーを使って頭皮と毛髪を乾かしましょう。

シャンプーブラシの使い過ぎに注意しましょう

ブラシを使ったマッサージは、しすぎると、頭皮が傷ついてしまう場合があります。

気持ち良いあまりに頭皮の脂を取りすぎると、頭皮が乾燥して、フケや抜け毛の原因になることもあります。

シャンプーブラシの丁寧な取扱説明書には、洗髪方法の説明の中で、頭の同じところを3回ブラシしたら、すすぐ、とあるものです。

これでは物足りない感じがするという方もいるでしょう。

しかし、ヘアブラシで大きな汚れを落とし、きちんと頭皮と毛髪を濡らしてから、シャンプーの泡で洗うなら、頭の同じところは3回洗えば十分なのです。

シャンプーブラシは頭皮をこすり、直接刺激するので、あまり長時間、使い続けるものではありません。

また、ヘアブラシの先の形状によっては毛穴に詰まった脂をかき出すような、刺激の強いものもあります。

そのような製品では、長時間、同じところに当てるのでなく、毎日、短時間だけ使って、清潔さを保ちましょう。

大事なことは、頭皮を刺激しないように、丁寧にきちんと使うことなのです。

(まとめ)ブラシで頭皮マッサージをすると脂っぽさが取れますか?

1. ブラシを使った頭皮マッサージで脂っぽさが改善されます

シャンプーブラシは、頭皮を直接洗うブラシです。

ネイルをしていたり、指先に怪我をしていたりする人は、爪や怪我の部分を守ることができます。

また、頭皮の過剰な皮脂をスッキリ落とし、マッサージ効果で血流アップもできます。

使いすぎると頭皮の傷や乾燥の原因となるので注意が必要です。

2. シャンプーブラシは手に取って選ぶ

実際に店頭におもむいて、手に取って選ぶとよいでしょう。

シャンプーブラシの毛先が硬いか柔らかいか、毛先が尖っているか凸凹しているか、持って動かしやすいかなどを見ましょう。

ヘアサロンの美容師さんのアドバイスを参考にするのもよい方法です。

3. シャンプーブラシを使って頭皮に優しく洗髪する方法

まずヘアブラシでまんべんなく梳かし、ぬるま湯を丁寧に、頭皮と毛髪にかけます。

手で良く泡立てて、頭皮と毛髪につけ、シャンプーブラシを細かく動かし、頭の同じところを3回通るように洗います。

ぬるま湯で泡が残らないようすすぎ、丁寧にドライヤーで乾かします。

4. シャンプーブラシの使い過ぎに注意しましょう

シャンプーブラシで頭皮をこすりすぎると、頭皮が刺激され、傷ついてしまいます。

頭の同じところを3回で十分なのは、その前に丁寧にブラシして、ぬるま湯で流しているからです。

刺激しないように優しく使いましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む