体の外側&内側から、臭いのもとをつくりださないこと


暑い日は「汗臭い」とよくいいますが、実際のところ、かいたばかりの汗は、無臭です。

では、何が原因で、頭の臭いを感じてしまうのでしょうか。

その原因は「皮脂」と「髪」の2つにあります。

原因1つめの皮脂は、頭皮が汗をかくと一緒に分泌されます。

皮脂は、時間がたつと、菌が繁殖したり酸化したりして、べたつきや臭いのもとになります。

原因2つめの髪は、髪に付着するタバコなどの周囲の臭いです。

これらを予防するためには、シャンプーで頭皮や髪を清潔に保つことです。

シャンプー剤のなかには、こびりついた皮脂を落とすような洗浄力の強いタイプもあります。

自分の頭皮に合う、シャンプー剤を選びましょう。

そして、シャンプーのあとは、ドライヤーで髪を乾かします。

生乾きは、頭皮の雑菌を増やし、臭いの原因になります。

他にも、食事や衣類など、生活を見直すことがポイントです。

たとえば、脂っこい食べ物を控えたり、通気性の良い服にしたり、臭いのもとをつくらないようにします。

自分に合った方法で、体の外側からも内側からも臭い対策をしていきましょう。

汗を感じたときは、深呼吸して、汗の悪循環を防ぎましょう

暑い夏の急な汗や臭いは、止められません。

しかも、汗が出ることは、精神的な影響が大きいといわれています。

汗や臭いで気持ちが動揺すると、さらに汗をかくという悪循環に陥ります。

そこで、汗を感じても焦らず、まずは深呼吸してリラックスしましょう。

気持ちが落ち着いたら、汗をハンカチでふきます。

臭いが気になるときは、濡れたタオルで、吸いとるようにふきます。

それでも、臭いが気になるという人は、市販のグッズを活用しましょう。

最近では、衣類用の消臭スプレー、汗をふきとるシートなど、臭いを抑えてくれるグッズも数多くあります。

汗対策!衣類編
  1. 下着の素材は綿にする(汗の吸収が良い)
  2. 服の素材は合成繊維にする(速乾が良い)
  3. 肌にピッタリした服よりゆったりした服にする(通気性をよくする)
  4. 長袖にして、直射日光を避ける

シャンプーあとは、ジメジメした頭皮を乾かしましょう


忙しさのあまり、シャンプーしたあと、生乾きの状態でいる人や自然乾燥をしている人も多いはずです。

しかし、この状態はよくありません。

シャンプーあとの頭皮は、温かく、湿度も高い状態です。

ここに、皮脂というエサがあれば、雑菌が繁殖してしまいます。

放置すれば、不潔な状態になり、臭いやかゆみが発生します。

また、濡れた髪も要注意です。

濡れた髪は、周囲の臭いを吸着して、臭いやすくなります。

ジメジメした頭皮も濡れた髪も、早く乾かすことが大切です。

シャンプーあとは、タオルドライして、ドライヤーを使いましょう。

ドライヤーは、髪を乾かすだけはなく、湿気のこもった頭皮をキレイに保つのにも役立ちます。

ドライヤーを使用するときは、ドライヤーと髪の距離は10センチ以上離します。

1か所を集中して乾かさないように気を付けてください。

朝、シャンプーしたい人は・・・

シャンプーは、朝より夜がベストです。

これは、時間のない朝だと洗い残しや生乾きなど、臭いをつくる原因が多いからです。

それでも、朝、シャンプーしたいという人は、時間に余裕のあるときや乾かす時間のあるときにしましょう。

食べ物に注意して、全身から臭い対策しましょう

シャンプーなど体の外側からだけはなく、内側から臭い対策することもできます。

これは、食生活と体の臭いには関係があるからです。

たとえば、肉など動物性の脂質ばかりを食べていると、皮脂が多く分泌され、体臭が強くなります。

また、お酒を飲みすぎると、体のなかではお酒を分解するために、臭い物質が発生します。

つまり、食べ物によって体の臭いが変わるということです。

食事は、バランス良く食べることが基本ですが、臭いをつくりだす食べ物を控えることも大切です。

臭いの原因になる食べ物
  • 肉など脂っこいもの
  • 味が濃いもの
  • ニラ、にんにくなどに臭いの強いもの
  • インスタント食品
  • 添加物の多い食品など
臭い対策になる成分
  • ビタミンC(ブロッコリー、ピーマン、小松菜、ほうれん草、トマト、柑橘系の果物、イチゴなど)
  • ビタミンE(アボカド、アスパラガス、かぼちゃ、さつまいも、ニラ、ブルーベリー、プルーン、うなぎ、鮭、さんまなど)
  • イソフラボン(納豆、豆腐、枝豆など)
  • カロテン(にんじん、あんず、海苔、わかめなど)
  • カテキン(緑茶など)

*これらの抗酸化成分を含む食品は、活性酸素の生成を抑えるはたらきがあり、臭い対策に役立ちます。

(まとめ)暑い日に困る、頭の臭い!汗や脂っぽい頭皮の対策とは?

1. 体の外側&内側から、臭いのもとをつくりださないこと

まず、自分の頭皮にあったシャンプー剤を使い、外側からケアをします。

次に、内側のケアとして、食生活を見直し、臭いのもとをつくらないようにしましょう。

体の外側からも内側からもケアすることで、臭い対策しましょう。

2. 汗を感じたときは、深呼吸して、汗の悪循環を防ぎましょう

急な汗や臭いを感じても、まずはゆっくり深呼吸しましょう。

気持ちが動揺すると、さらに汗をかくという悪循環に陥ります。

臭いが気になるときは、濡れたタオルを使いましょう。

市販の衣類用の消臭スプレーやシートも便利です。

3. シャンプーあとは、ジメジメした頭皮を乾かしましょう

シャンプーあとの頭皮は、温かく湿度も高いため、雑菌が繁殖しやすい状態です。

放置すれば、不潔な状態になり、臭いやかゆみが発生します。

また、濡れた髪は、周囲の臭いを吸着して臭いやすくなります。

シャンプーあとは、ドライヤーを使いましょう。

4. 食べ物に注意して、全身から臭い対策しましょう

頭皮環境を整える意味でも、食事はバランス良く食べることが基本です。

もし、肉など動物性の脂質ばかりを食べていると、皮脂が多く分泌され、体臭が強くなります。

臭いをつくりだす食べ物に注意し、ときには控えることが、臭い対策になります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む