ヘアケアや生活習慣を変えても、ひどいようなら皮膚科へ


病気などでお風呂に入れないとき、まず気になるのは頭の臭いやベタつきではないでしょうか。

頭は、人のなかで一番、皮脂が多い場所です。

しかも、皮脂は、汗と異なり、シャンプーや石けんでなければ落とすことができません。

だからといって、いつも以上に力を入れてシャンプーしたり、洗いすぎたりすることは、よくありません。

髪、頭皮、フケは、季節や体調の影響を受け、脂っぽくなったり乾燥したり、変化します。

まずは、自分の頭皮や髪の状態を確認して、シャンプーを選ぶようにしましょう。

そして、生活習慣を見直してみるといいかもしれません。

とくに、食生活は大切で、脂っぽいものばかり過剰に食べていると皮脂が多く分泌されます。

バランスの良い食事をしましょう。

もし、シャンプーや生活習慣を変えても、症状が改善しない場合は、皮膚科に相談して下さい。

誤ったケアをすると、症状が進行することもあります。

できるだけ早めに皮膚科へ行きましょう。

脂っぽい頭皮では、余分な皮脂は取り除くことが大切です

頭は、毛がたくさん生えているうえ、体のなかで最も皮脂が多い部位です。

これは、皮脂を分泌する皮脂腺が、毛根部にあり、皮脂と髪はワンセットだからです。

通常、頭皮の皮脂は、髪をつたいながら、毛先まで届きます。

すると、髪は皮脂によってコーティングされ、ツヤのある美しい髪になります。

しかし温度や湿度、健康状態によって、皮脂の分泌は左右されます。

フケも、皮脂と同じです。

とくに、湿気の多い梅雨から夏にかけて脂っぽいフケになりやすく、空気が乾燥する冬は乾燥したフケになりやすいものです。

脂っぽい頭皮の人は、余計な皮脂を取り除くようなシャンプーを使うなど、それぞれの状態に合わせたヘアケアを行いましょう。

シャンプー剤の選び方

*シャンプー剤は、「洗浄力」を基準に選ぶことがポイント

  1. 脂っぽいタイプ

    洗浄力が強いシャンプー(泡立ちが良い)を使い、余計な皮脂を取り除く

  2. 乾燥タイプ

    洗浄力が弱いシャンプー(あまり泡立たない)を使い、頭皮用ローションなどをプラスして、うるおいを与える

頭皮のベタつきは食生活などの生活習慣も影響します


頭皮には、ストレス、睡眠不足、偏った食事など、生活習慣の乱れがダイレクトにあらわれるといわれています。

いくら高価なシャンプーや育毛剤を使っても、生活習慣を見直さなければ、頭皮環境は良くなりません。

できるだけ規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

また、血管を収縮させるはたらきがある「喫煙」や、栄養不足になるような「過度なダイエット」は、必要な栄養分が頭皮や髪へ届かなくなります。

喫煙や、過度なダイエットは、やめましょう。

できるだけ控えたい食べ物
  • 脂っぽいもの
  • 甘いもの
  • 加工食品
  • レトルト
  • 冷凍食品
  • 菓子パン

*栄養不足や栄養バランスの悪い状態は、新陳代謝が滞ってしまい、頭皮にもよくありません。

油の摂りすぎに注意して、バランスの良い食事をしましょう。

頭皮の異常を放置せず、皮膚科に相談しましょう

頭皮のベタつき、脂っぽいフケなどの頭皮トラブルで、病院へ行っても良いのか判断に迷う方も多いはずです。

しかし、頭皮トラブルを放置すれば、髪は育たず、抜け毛や脱毛などへと悪化してしまうケースもあります。

できるだけ早い段階で、皮膚科へ行きましょう。

皮膚科にも種類があり、なかには美容皮膚科という診療科があります。

美容皮膚科では、病気を治すことだけではなく、肌を綺麗に美しくすることが重視されています。

そのため、保険外の施術をすすめられることがあります。

自分に合った診療を受けるために、「頭皮トラブルを診てもらえるか」、「保険診療ができるか」など、事前に電話で問い合わせておくとスムーズに対処できます。

病院に行くべき頭皮トラブルとは?
  • 大きいフケ
  • 大量のフケ
  • 頭皮に赤みがある
  • 臭いが気になる等々・・・

頭皮は、髪で覆われており、外から見えにくい場所です。

症状が進行していても、気づけないこともあります。

何らかの症状がある場合は皮膚科へ行きましょう。

(まとめ)頭皮のベタつきや脂っぽいフケは、病院へ行くべきですか?

1. ヘアケアや生活習慣を変えても、ひどいようなら皮膚科へ

髪、頭皮、フケは、季節や体調の影響を受け、脂っぽくなったり乾燥したり変化します。

そのときの状況に合わせてシャンプーや生活習慣を見直しましょう。

それでも、症状が改善しない場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

2. 脂っぽい頭皮では、余分な皮脂は取り除くことが大切です

皮脂はバリアのようなはたらきがあり、髪をコーティングして頭皮を守っています。

しかし、皮脂の分泌は、温度や湿度、健康状態によって左右されます。

頭皮が脂っぽい人は、余分な頭皮の皮脂は取り除くようなシャンプーを使いましょう。

3. 頭皮のベタつきは食生活などの生活習慣も影響します

ストレス、睡眠不足、偏った食事など生活習慣の乱れも、頭皮のベタつきに影響します。

また、血行が悪くなる喫煙や、栄養不足になる過度なダイエットも、頭皮に大敵です。

できるだけ規則正しい生活や、バランスの良い食事を心掛けましょう。

4. 頭皮の異常を放置せず、皮膚科に相談しましょう

大きなフケや赤みなどの頭皮トラブルを放置すると、抜け毛や脱毛などへと悪化してしまうケースもあります。

できるだけ早い段階で、皮膚科に相談することが大切です。

皮膚科へ行くときは、事前に電話で問い合わせておくとスムーズです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む