フケ・かゆみ・臭い・湿疹・炎症などがあります


毎日しっかりとシャンプーをしているのに、フケが出る、かゆい、いやな臭いがすると、悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

それは、もしかしたら頭皮から出る皮脂が多すぎるからかもしれません。

頭皮から出る脂は、頭皮の乾燥を防ぎ、細菌や外的刺激から頭皮を守るという大切な役割がある一方、様々な原因で過剰に分泌して、頭皮トラブルを招くことがあります。

過剰に分泌された皮脂は、皮膚に存在する常在菌のバランスを崩して、病原性のある菌を増加させたり、汚れと混ざって毛穴をふさぎ、頭皮にダメージを与えたりします。

すると、髪の成長にも悪影響を及ぼし、薄毛や抜け毛に繋がることも考えられます。

症状が軽い場合は、正しいヘアケアや生活習慣の改善などで好転することもありますが、対処を間違えると、頭皮環境が悪化してしまい、長期の治療が必要になる恐れもあります。

そうならない為にも、まずはシャンプーや生活習慣を見直してみましょう。

それでも良くならない時は、症状が進行していたり、他に原因があったりする可能性があるので、医師など専門家に相談してください。

頭皮の悩みから解放される為に、最初の一歩を踏み出しましょう。

間違った洗髪方法が招く頭皮トラブル

シャンプーの選択や洗い方を間違えると、足りなくなった皮脂を補おうとして、逆に脂が増える結果になる可能性があります。

高級アルコール系や石けん系のシャンプーは、洗浄力が高く、頭皮の皮脂を落としすぎる傾向にありますが、比較的低刺激で汚れや余分な皮脂を落とすアミノ酸系シャンプーを用いると、適度な皮脂や潤いを保つことができます。

また、1日に何度もシャンプーをすることも、皮脂不足を招く原因となるので注意しましょう。

フケ

まずはフケの状態を見てみましょう。

乾燥してパラパラと落ちるフケは「乾性フケ」といい、シャンプーのしすぎなどで頭皮が乾燥した為に起こります。

脂っぽく髪にくっつくフケは「脂性フケ」といい、皮脂の過剰分泌や汚れが原因と考えられるので、余分な皮脂を取り除き、清潔にしましょう。

大きなフケの場合は、脂漏性皮膚炎や、他の皮膚病の可能性があります。

かゆみ

頭皮が乾燥しているとかゆみを引き起こすといわれているので、皮脂を取りすぎないことが大切です。

頭皮用保湿ローションやオイルなどを用いて頭皮の潤いを補うのも良いでしょう。

臭い

頭皮のいやな臭いの原因は、活性酸素による皮脂の酸化ということがわかっています。

皮膚に元々存在する常在菌が、余分な皮脂や大量の汗、頭皮に残ったシャンプー剤などによって増殖し、皮脂を分解して過酸化脂質を生み出します。

その過酸化脂質が臭いを発生させるのです。

シャンプーやリンス、トリートメント剤などのすすぎ残しがないように気をつけましょう。

生活習慣の乱れが、皮脂を増やすホルモンに影響を及ぼします


テストステロンなどの男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す働きがあります。

女性にも、男性ホルモンは存在しますが、男性の5~10%程度だといわれており、通常は大きく作用しません。

しかし、加齢やストレスなど、何らかの理由でホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンの作用で、皮脂も増加する訳です。

ストレスを感じると「コルチゾール」というストレスに対抗するホルモンが分泌されるのですが、これがさらに、男性ホルモンを刺激する作用もあるのです。

とても強いストレスや慢性的なストレスによって、コルチゾールが過剰に分泌されると、皮脂の増加に繋がります。

それから、睡眠中は成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンは体を成長させるだけではなく、細胞の再生や脂肪の分解なども行います。

さらに、就寝直後の深い睡眠時には、コルチゾールの分泌が抑制されるので、質の良い睡眠を取ることが皮脂の増加を抑える重要なカギとなるでしょう。

バランスの良い食生活を心掛けましょう

皮脂の主成分は、中性脂肪です。

動物性脂肪を多く含む乳製品や肉類は、中性脂肪を増加させるというのはご存知かもしれません。

過剰な中性脂肪は血中を流れ、よくない作用を及ぼします。

穀類やいも類などの糖質も、摂取しすぎると皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

糖質を摂取すると、血糖値が急上昇し、インスリンが分泌されて血糖値を下げようとします。

このインスリンが皮脂産生促進因子となり、皮脂の分泌を増大させるのです。

ただし、脂肪や糖質は、人間に不可欠な栄養素です。

過剰摂取には気をつけなければいけませんが、むやみに制限することはやめましょう。

皮脂の過剰な分泌を抑制する働きがあるビタミンB2・B6・Cなどを摂取し、バランス良く食べることが大切です。

(まとめ)頭皮の脂が原因で起こる頭皮トラブルは?

1. フケ・かゆみ・臭い・湿疹・炎症などがあります

頭皮から出る脂は、様々な原因で過剰に分泌し、菌を増加させたり、毛穴をふさいだりして、頭皮トラブルを招くことがあります。

まずはシャンプーや生活習慣を見直し、好転しない時は医師など専門家に相談してください。

2. 間違った洗髪方法が招く頭皮トラブル

洗髪方法を間違えると、不足した皮脂を補う為にかえって皮脂が増え、フケやかゆみ、臭いの原因になる可能性があります。

低刺激で汚れや余分な皮脂を落とすアミノ酸系シャンプーを用い、シャンプーしすぎないようにしましょう。

3. 生活習慣の乱れが、皮脂を増やすホルモンに影響を及ぼします

強いストレスによるコルチゾールの過剰分泌は、皮脂の分泌を促す男性ホルモンを刺激します。

また、成長ホルモンは睡眠中に脂肪の分解も行い、深い睡眠はコルチゾールの分泌を抑制するので、質の良い睡眠が重要です。

4. バランスの良い食生活を心掛けましょう

皮脂の主成分である中性脂肪を増加させる動物性脂肪や、糖質を多く含む食品の過剰摂取に気をつけましょう。

皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあるビタミンB2・B6・Cなども摂取し、バランス良く食べることも大切です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む