臭いの原因は「ノネナール」という体臭の成分です


ノネナールは別名「加齢臭」とも呼ばれ、世間的には中高年の男性特有の臭いだと思われがちですが、実は男女問わず40歳を過ぎた頃から年齢と共に増加し、60代で急増する成分です。

男性の方がホルモンの関係で皮脂量が多いため、臭いが目立ちやすい傾向にありますが、女性も、ホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌量が増えて加齢臭が気になるようになります。

加齢臭は自分では気が付きにくい上に、デオドラントや香水ではごまかせません。

シャンプーの方法や種類、食事の内容などを見直して、臭いの原因を減らすように対策する必要があります。

ノネナールが発生する原因は、脂質の酸化です

加齢臭の原因であるノネナールという成分は、なぜ発生してしまうのでしょうか?

頭皮は、顔の2倍ともいわれているほど汗をかく場所です。

また、髪の毛があるため、汚れや脂がきれいに落ちずに残ってしまっていることもあります。

これらの余分な皮脂が酸化すると、過酸化脂質という物資に変化するのです。

この過酸化脂質と、同じように皮脂から分泌されている「パルミトオレイン酸」が結合することによってノネナールが発生します。

若い頃は女性ホルモンが活発なために、皮脂の分泌量が抑えられているのですが、ストレスが原因になることがあります。

そして加齢や生活スタイルなどの変化により、自然にホルモンバランスが変化すると、女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

ホルモンの影響に加え、体内の抗酸化作用も、年齢と共に働きが弱まってくるために、皮脂も酸化しやすくなります。

加齢臭の原因であるノネナールは、体の衰えと共に、誰もが増えてしまう可能性を秘めている物質だといえます。

皮脂を過剰に分泌させないことが臭いの対策になります


皮脂が過剰に分泌しないようにするために、脂の多い食べ物の摂取を減らすように心がけましょう。

体を作るために必要なタンパク質を摂取することは大切なのですが、脂質のことを考えると、動物性よりも植物性タンパク質の量を増やしていくのが良いのかもしれません。

特に、畑の肉といわれる大豆製品は、イソフラボンという女性ホルモンによく似た働きをする成分が多く含まれていますので、ホルモンの影響による皮脂の過剰分泌を防ぐ効果も果たしてくれるでしょう。

また、頭皮に分泌されてしまった皮脂を、酸化させる前に、丁寧なシャンプーでほどよく除去することも大切です。

あまり洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、不足した分を補うために皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

肌に負担をかけずに、きれいにすることができるアミノ酸系のシャンプーがお薦めです。

活性酵素を抑えるために、体の抗酸化作用をアップさせよう

私達の体は、酸素を取り入れることでエネルギーを作り出していますが、その酸素の一部は活性酸素に変化します。

いろいろな環境のなかで活性酸素が増えすぎると、体内を酸化させるため、様々な病気の原因になったり、脂肪を酸化させてノネナールを発生させたりします。

活性酸素の活発な働きを抑えるために、抗酸化作用の高い栄養素を積極的に摂取すると良いでしょう。

抗酸化作用をアップさせる栄養素
  • ビタミン類(A、C、Eなど)

    野菜や果物に多く含まれる栄養素で、特にビタミンEは若返りのビタミンとして抗酸化作用が非常に高いといわれます。

  • カロテノイド(リコピン、β-クリプトキサンチン、カプサイシンなど)

    赤、オレンジ、黄色などの色素成分で、トマトや人参などの緑黄色野菜に多く含まれます。

    特にリコピンは抗酸化作用が高く、ビタミンEの100倍ともいわれています。

  • ポリフェノール(アントシアニン、タンニン、カテキンなど)

    植物に含まれる色や香りの成分で、赤ワインやブルーベリーなどに多く含まれています。

    緑茶や紅茶に多く含まれるタンニンやカテキンは、抗酸化作用だけでなく、脂肪の吸収を抑制したり、毛穴を引き締めたりする効果もあるので、皮脂の過剰分泌も抑えてくれます。

(まとめ)女性の頭皮も臭いが気になる!やっぱり脂が原因?

1. 臭いの原因は「ノネナール」という体臭の成分です

ノネナールは加齢臭と呼ばれる体臭の原因を作り出す成分で、皮脂が酸化することで発生します。

加齢臭は中高年の男性特有な臭いだと思われがちですが、ホルモンバランスが崩れた女性にも発生する可能性があります。

皮脂の過剰分泌に気をつけましょう。

2. ノネナールが発生する原因は、脂質の酸化です

脂質が酸化することで、ノネナールが発生しやすくなります。

そのため、頭皮が皮脂を過剰に分泌している状況だと、臭いが気になるようになりがちです。

活性酵素の働きを抑えるように心がけることで改善されます。

3. 皮脂を過剰に分泌させないことが臭いの対策になります

皮脂を過剰に分泌させないために、意識的に食べ物を変えていくことが重要です。

植物性のタンパク質の摂取を増やしていくと余分な皮脂が溜まりにくくなります。

また、弱った頭皮には、肌に優しいアミノ酸系のシャンプーなどで丁寧に洗うことも大切です。

4. 活性酵素を抑えるために、体の抗酸化作用をアップさせよう

緑黄色野菜や果物などの抗酸化作用が高い食べ物を積極的に摂取することで、体内の酸化を防ぎましょう。

体内の抗酸化作用がアップすることで、皮脂が酸化しにくくなり、臭いの元であるノネナールの発生を抑えることが可能です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む