食事の内容や髪の洗い方などを見直すと改善されることがあります


頭皮が脂っぽくて気になるという方も多いのではないでしょうか。

皮脂は、頭皮や髪の健康を守るために必要なものです。

健康な頭皮は、適度に皮脂を出しているのですが、何らかの理由で皮脂が過剰に分泌されてしまうと脂っぽさが気になるようになります。

その多くが「脂分の多い食事を取りすぎている」、「寝不足」、「タバコ」、「運動不足」などの生活習慣の乱れによるものです。

また、シャンプーの選び方や洗い方が原因で、皮脂が過剰に分泌されてしまっているケースもあります。

毎日きれいに洗っているはずなのにベタつきが気になるという方は、一度、ご自身の食事内容や生活習慣を見直してみると良いかもしれません。

皮脂が悪いわけではありません

脂っぽい感じが気になりだすと、皮脂が悪い、と思われがちです。

では、皮脂とはなんでしょうか。

皮膚は、多層構造になっていて、一番表面にあるものを皮脂膜といいます。

皮脂膜は、皮膚の表面を覆っている天然の保湿成分で、皮膚を守ってくれる大切なものです。

皮脂は肌や髪を適度に潤してくれて、乾燥から守ってくれています。

また、皮脂膜には常在菌が生息しています。

善玉菌は、皮脂を分解してエネルギーとし、異物や雑菌、紫外線などの刺激や攻撃から肌を守ってくれています。

つまり、普段から、皮脂は適度に分泌されていて、健やかな肌や頭皮を維持するために重要なものだということです。

ただ、肌が乾燥している時や、ストレスがかかった時などに過剰分泌することがあり、必要以上に分泌されてしまうと問題を感じます。

そうすると、ベタつきや角栓といった現象が起き、皮脂が毛穴を詰まらせてしまう原因となります。

食事や生活習慣の乱れが悪影響を及ぼしています


皮脂の過剰分泌は、乾燥やストレスだけが原因ではありません。

普段の食生活や、生活習慣が原因になって乱れてしまうことがあります。

脂の多い食べ物が原因

揚げ物やジャンクフードなどを好んで食べる場合、体内に、脂肪が蓄積されやすくなります。

また、ケーキやチョコレートなどの脂質と糖質が多い食べ物も同様です。

体内に余分な脂肪が多い場合、汗などと共に、皮脂として、過剰に分泌されてしまいます。

運動不足やタバコが原因による血行不良

運動不足による血行不良も大きな原因です。

デスクワークの方は、普段から運動する量が少ないため、体内の血行が悪くなり、体の新陳代謝が落ちます。

その結果、肌の老化サイクルが早まり、頭皮まで栄養が行き届かなくなってしまうのです。

頭皮が栄養不足になると、免疫力が低下して、体は身を守るためにベタついたり、抜け毛や薄毛になってしまったりします。

また、タバコによる血行不良はたいへん大きな原因です。

シャンプーの選び方や方法を変えると改善する場合もあります

くせ毛直しを兼ねて、洗髪を朝に行っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、朝にしか洗髪しないことが、ベタつく原因になっている場合があります。

頭皮などの肌は、睡眠中に生まれ変わるため、頭髪が汚れたまま寝てしまうと、ベタつきだけでなく様々なトラブルの原因にもなります。

そして皮膚は睡眠中に生まれ変わるので、寝る前に頭皮の汚れを落とすと、トラブルを減らすことができます。

また、シャンプーの選び方も重要です。

合成界面活性剤が配合されているシャンプーの中には、泡立ちも良く、洗浄力が高いことをセールスポイントにしているものがあります。

確かに、汚れをしっかり落としてくれるでしょう。

しかし、頭皮が潤うために必要な皮脂まで、洗い流してしまっている場合もあります。

必要な皮脂を洗い流されてしまったために、不足した分を補おうとして、頭皮は今まで以上に皮脂を分泌してしまうのです。

その結果、過剰分泌となり、ベタつきの原因となっているケースもあります。

シャンプーは、香りや値段だけでなく、自分の頭皮のコンディションに合わせたものを選ぶようにしましょう。

体と同じタンパク質の成分でできている「アミノ酸系シャンプー」と呼ばれるものがあります。

これは、肌や頭皮に優しいシャンプーなので、敏感肌やアトピーの方だけでなく、頭皮の皮脂バランスがたいへん崩れてしまっている方にもおすすめです。

(まとめ)頭皮が脂っぽい感じで気になる時、どうしたらいい?

1. 食事の内容や髪の洗い方などを見直すと改善されることがあります

脂っぽい頭皮が気になりだすと、皮脂が悪いように思われがちですが、皮脂が悪いのではありません。

生活の乱れやストレスなどが原因で、皮脂が過剰分泌されると、頭皮の皮脂バランスが崩れてベタつきの原因になります。

2. 皮脂が悪いわけではありません

皮脂は、皮膚を守るために重要な役割を果たしています。

健康な皮膚には、適度な皮脂が存在しています。

しかし必要以上に皮脂が分泌された時、ベタつきや角栓といった毛穴の詰まりで肌トラブルになりがちです。

3. 食事や生活習慣の乱れが悪影響を及ぼしています

揚げ物、ジャンクフード、チョコレートなど脂質や糖質が多いものなどを好んで食べていると、体内に余分な脂肪が蓄積されて、皮脂として過剰に分泌されます。

また、運動不足やタバコによる血行不良も、頭皮が栄養不足になるためベタつきの原因となります。

4. シャンプーの選び方や方法を変えると改善する場合もあります

皮膚は睡眠中に生まれ変わるので、寝る前に頭皮の汚れを落とすと、トラブルを減らすことができます。

また、シャンプーの洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで洗い流されてしまい乾燥状態になることがあります。

アミノ酸系などの肌に優しいシャンプーを使うと改善される場合があります。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む