汗対策をしっかりすることは、夏の頭皮トラブルを少なくする鍵


夏の蒸し暑さは体だけでなく、頭にも汗をかきやすくなります。

汗自体は頭や体の温度を下げるために必要なものです。

しかし、汗をそのままにしておくと、臭いや汗疹の原因になります。

そればかりでなく、汗が皮脂や頭皮についたほこりと混ざって毛穴をふさぎ、薄毛の原因になることや、かゆみや湿疹が起こる場合もあります。

頭皮にかいた汗のケアをしっかりすることで、頭皮のトラブルを防ぐことが可能です。

汗をかく量を減らし、頭髪を涼しく清潔に保つために、帽子や日傘で直射日光を避けましょう。

ブラッシングをこまめにして、毛髪や頭皮に風を通しましょう。

蒸し暑い日には頭皮の汗をこまめに拭くことで、臭いを防ぐことができます。

注意すべき点としては、汗が気になるからといって、洗髪は一日何回も行わないことです。

敏感な頭皮を傷めてしまいます。

一日一回の丁寧な洗髪と日中のこまめな汗ケアで頭皮トラブルは回避できます。

良い汗をかいてきちんと流しましょう

汗は暑さにより体や頭にたまった熱を下げ、老廃物を排出する役割があります。

夏場の暑さをしのぐには汗をかいて体温を下げることはとても健康的です。

汗をかかないと体に熱がたまってしまいます。

したがって、暑い夏でも運動したり、湯船につかったりして頭と体を温め、汗をかくと新陳代謝が良くなり、スッキリと涼しくなったような気分になれます。

しかし、かいた汗をそのまま放っておくことは問題です。

汗のトラブルの仕組みは以下になります。

皮膚に汗が残ったまま次々に汗をかき続け、皮膚の高温多湿状態が続いてしまいます。

そのような状態の頭皮には、汚れだけでなく雑菌がたまりやすくなります。

汗が毛髪に残ると、ヘアスタイルが崩れるだけでなく臭いにもなります。

臭いや汚れ、雑菌は抜け毛や頭皮の皮膚炎の原因になります。

だから、かいた汗はなるべく早く流し落とすことが頭皮トラブル回避になるのです。

夏場に多い、汗による頭皮トラブル4つ

  • 臭い

    皮膚にかいた汗を放っておくと嫌な臭いが出てくるのと同じように、頭皮の汗もそのままにしておくと皮脂と混ざり、ノネナール臭と呼ばれる加齢臭に似た臭いが起こります。

  • 細毛や薄毛

    頭皮にかいたベタベタする汗をそのままにしておくと、頭皮の皮脂やほこりと混ざってしまいます。

    これが毛穴に詰まると、毛髪が出てこられなくなるので、細い毛髪や薄毛の原因になります。

  • フケ

    汗が頭皮の皮脂やほこりと合わさって大きくなると、フケが増えたように見えます。

  • かゆみ、湿疹

    頭皮の汗を放っておくと、かゆみや汗疹のような湿疹ができやすくなります。

    この状態が続くと皮膚炎が起こり、抜け毛や切れ毛の原因になります。

頭皮の汗対策のポイント6つ

  • 一日一回の丁寧なシャンプーで十分汗対策になります。

    最初にブラッシングをして大きな汚れをおとし、次にぬるま湯をゆっくりとまんべんなくかけます。

    シャンプー液は掌で十分に泡立てて頭皮と毛髪にもみこみます。

    指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう。

    すすぎは丁寧にし、濡れた髪を早く乾かしましょう。

  • スッキリ感があるシャンプーよりも、抗菌できる成分が入ったシャンプーのほうが汗対策には効果的です。
  • こまめにブラッシングし、頭皮と毛髪に新鮮な空気を通しましょう。
  • 外出時には日傘や帽子をかぶり、直射日光と熱から守りましょう。

    また、帽子は通気性の良いものをかぶりましょう。

  • 頭皮にかいた汗を拭きましょう。

    その際、こすると毛髪が傷つくので、優しく頭皮を抑えるように拭きましょう。

  • 香辛料のきいた辛い食べ物を控えましょう。

    辛いものを食べると、より一層汗をかきやすくなります。

(まとめ)汗は夏の頭皮トラブル対策のポイントですか?

1. 汗対策をしっかりすることは、夏の頭皮トラブルを少なくする鍵

汗は体温を下げるために必要なものです。

しかし、汗をかいたままにしていると、臭いの元になり、汚れが一緒に毛穴に詰まることで、抜け毛や皮膚炎などの頭皮トラブルの原因になります。

適切な汗対策をしましょう。

2. 良い汗をかいてきちんと流しましょう

体には夏に汗をかいて体温を下げる機能があり、汗をかくことは自体は健康的です。

しかし汗をかいたままだとヘアスタイルが崩れやすくなるだけでなく、頭皮が高温多湿で雑菌がたまりやすい状態になります。

かいた汗はきれいに流すことが頭皮トラブル対策になります。

3. 夏場に多い、汗による頭皮トラブル4つ

汗は放っておくと加齢臭のような臭いを出します。

また、汗とほこりや皮脂が混ざって毛穴に詰まることで、抜け毛が起きたり、細い毛しか生えなくなったり、フケの原因になったりします。

また悪化するとかゆみみや汗疹のような湿疹、皮膚炎になる場合もあります。

4. 頭皮の汗対策のポイント6つ

一日一回の丁寧なシャンプーをしましょう。

抗菌成分の入ったシャンプーは効果的です。

ブラッシングによって通気を良くし、日傘や帽子を使うと、直射日光と熱から守れます。

頭皮の汗を優しく抑えるようにふき取ります。香辛料のきいた食べ物を避けましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む