女性で頭皮が濡れるとかゆい方は頭皮湿疹の恐れがあります

865e9d487981405a9dde354af6005dad_s
女性のなかで、頭皮が濡れるとかゆいのは頭皮湿疹が原因です。

頭皮湿疹には、頭皮の乾燥、シャンプーなどの刺激、アトピー性皮膚炎とさまざまな種類があり、そのなかでも脂漏性皮膚炎が一番多く、カビによって頭皮がかゆくなってしまいます。

濡れると頭皮にかゆみがある場合には、早めに改善する必要があります。

かゆみの大きな原因は皮脂分泌が多くなってしまうことです

頭皮の皮脂線や毛穴には、常在菌であるマラセチア菌が存在しています。

なんらかの影響で、皮脂が過剰分泌してしまうことで、これらが多くなってしまいます。

これによって、頭皮が濡れるとかゆみを伴ってしまうのです。

改善するためには、皮脂の分泌量を抑える必要があります。

抑えるには、女性ホルモンのバランスを整える必要があります。

女性の多くは、ストレスを抱えるとホルモンのバランスや自律神経を乱すことが多いです。

これによって、女性ホルモンが徐々に減少してしまい、男性ホルモンの方が優勢となります。

こうなると、男性ホルモンがその特徴である皮脂腺を拡大してしまいますので、同時に皮脂量が多くなるのです。

この脂漏性皮膚炎というのは、もともと女性よりも男性に多い症状です。

しかし、生活スタイルの変化、食生活の乱れ、多大なストレスなどによって、バランスを正常に保つことができない人が多くなっています。

頭皮のかゆみを少しでも抑えたい人は、乱れてしまったホルモンを正常にするためにも、規則正しい生活とストレスを溜めないように、発散できる場所を見つけることが大切です。

早めに医療機関で受診することが大切です


頭皮のかゆみが酷くなったときには、早めに医療機関に受診をしましょう。

頭皮は、普段の生活のなかで気にかけることが少ない部位なので、一度よくなったとしても、また再度痒みに悩まされてしまうことになります。

完全に解消するまで治療を受ける人も多いですので、悪化しないためにも受診をおすすめします。

頭皮のかゆみの場合は皮膚科での受診が一般的です。

治療方法として、常在菌であるマラセチア菌を抑制するための薬や、炎症を止める薬、そしてかゆみ止めをもらうなどの方法で治療を開始していきます。

マラセチア菌は、髪の毛を濡らした状態にしておくと、どんどん多くなってしまいます。

そのため、お風呂上りに濡れたまま放置せず乾燥させることが対策として有効です。

さらに、ビタミンBの摂取を積極的に行いましょう。

レバーやうなぎ、マグロ、ニンニクなどを食べることで、脂質の代謝を手助けしてくれるので、皮脂量の分泌を少しでも抑えることができます。

このように、脂漏性皮膚炎かなと思った時には早めに受診をし、結果によっては治療を開始しましょう。

接触性皮膚炎も頭皮のかゆみがあります

頭皮がかゆい原因は、脂漏性皮膚炎だけではなく接触性皮膚炎の可能性もあります。

接触性皮膚炎は、化学物質やアレルゲンに触れることによって、かゆみが引き起こります。

この場合は、腫れ、湿疹などもあり脂漏性皮膚炎と比べても症状が酷いです。

接触性皮膚炎になる原因は、アレルギー反応やシャンプーなどに含まれる毒性への反応や酸化した皮脂によっても起こることがあります。

対策方法としては、不衛生な頭皮環境にしないことが大切です。

頭皮トラブルの頻度が多いと感じたときには、一度洗髪方法の見直しをしてみましょう。

あまりにも症状が酷い場合は、シャンプーの利用はやめお湯だけで洗髪をする方法をおすすめします。

お湯でも十分に汚れを綺麗に落とすことができますので、普段からシャンプーは少量に抑えましょう。

他にも、アレルゲンのチェックをしたり、今使っているシャンプーの見直しをしたりすることで、接触性皮膚炎になる原因を特定することができます。

基本的に、健康な頭皮状態を維持するためには、正しいシャンプー方法を行うということが重要になってきます。

普段から頭皮環境に異常を感じたときには、その都度見直しをすることが重要です。

接触性皮膚炎の場合も、かゆみが酷くなってきたら医療機関への受診をおすすめします。

(まとめ)女性で頭皮が濡れるとかゆいのはなぜ?

1.女性で頭皮が濡れるとかゆい方は頭皮湿疹の恐れがあります

頭皮湿疹にはさまざまな種類があり、なかでもカビが原因で起こる脂漏性皮膚炎は皮脂分泌が多いことで発生します。

皮脂分泌が多いと、毛穴の中に汚れが詰まってしまい、育毛環境が悪くなってしまいます。

2.かゆみの大きな原因は皮脂分泌が多くなってしまうことです

女性ホルモンのバランスは、ストレスや生活習慣の乱れが原因です。

バランスが崩れてしまうと、男性ホルモンが活発化するので、皮脂量が多くなり、脂漏性皮膚炎を引き起こしやすくなります。

3.早めに医療機関で受診することが大切です

脂漏性皮膚炎になると、かゆみや頭皮の炎症が発生してきます。

この状態になる前に、頭皮のかゆみを感じたときには医療機関へ受診をしましょう。

早期改善をすることで、症状拡大を防ぐことができます。

4.接触性皮膚炎も頭皮のかゆみがあります

頭皮がかゆくなる原因というのはさまざまあり、早めに原因を特定する必要があります。

症状が酷くなることで、シャンプーの見直しや生活習慣の改善など原因特定は難しくなってしまいますので注意しましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む