汗が溜まりやすい女性の頭皮にも、あせもはできます

Fotolia_91239765_Subscription_Monthly_M
あせもは汗が原因で起こる皮膚の炎症です。

高温多湿の気候のときに大量の汗をかくと、その汗を体外へ出しきれなくなります。

外へ出られなくなった汗は皮膚の下で溜まってしまい、小さな水泡を作って発疹となり皮膚上に表れます。

ですから、あせもは汗が溜まりやすく逃げにくいところに多く出ます。

特にあせもができやすいのは首や背中、肘や肘の内側などですが、頭皮にもできます。

あせもには白いあせもと赤いあせもがあり、赤いあせもはかゆみを伴います。

頭皮は髪で蒸れやすいことに加えて、帽子などをかぶるのであせもができやすい場所です。

また女性の場合、髪を束ねるヘアスタイルを長時間していることで蒸れてしまい、あせもになるケースもあります。

あせもができる原因

あせもは「汗疹」と書くように、汗をかくことによってできる湿疹です。

汗をたくさんかくことで汗管が詰まって皮膚の内部に汗が溜まってしまい、小さな水疱になったものがあせもです。

汗をかきやすい季節に皮膚が汚れていると、汗腺が詰まってしまいます。

そのため、毛穴の部分が炎症を起こしブツブツができるのがあせもです。

ですから、あせもができやすいのは汗をたくさんかくところや汗が溜まりやすいところです。

たとえば、顔や首、ひじやひざの裏側、足の付け根などです。

頭も汗をかきやすい場所で、あせもができやすい部分です。

子どもに多いと言われていますが、近年大人でもあせもができる人が増えています。

何だか頭がかゆいと思っていたら、実はあせもだったということもあるようです。

頭は髪の毛があるので蒸れやすい場所ですが、女性の場合、髪を束ねるヘアスタイルをすることで更に蒸れてしまいます。

また、ファッションや日よけで帽子をかぶることも、あせもができやすい原因の一つといえます。

白いあせもと赤いあせもとの違い

e7fae3f24440323f09cec4f53d711966_s
あせもには2種類あり、白いあせも(水晶様汗疹)と赤いあせも(紅色汗疹)とがあります。

どちらもできるメカニズムは同じです。

白いあせもは透明で小さい水疱です。

かゆみはなく、高熱が出て汗を大量にかいたときにも出ます。

こちらは症状が軽く、放っておいても水泡が自然と治り、薄皮がいつの間にかはがれて治っていたというケースも少なくありません。

赤いあせものほうは、皮膚が炎症を起こしているので、強いかゆみを伴います。

ベルトをしていた場所が赤くなったり、デスクワークを続けていてお尻がかゆくなったりするのは赤いあせものことが多いでしょう。

頭皮には両方のあせもができます。

頭の場合は髪の毛などで皮膚が汚れやすい部位ですから、あせもが悪化して赤いあせもになりやすい傾向があります。

かゆいからと爪でひっかいたりすれば、さらに悪化させてしまいます。

頭皮のあせもを放っておくとこんなことになる

「暑い季節にはあせもはできるもの」「放っておいても治るもの」と放置してしまう人もいますが、これは良くありません。

あせもをひっかいてしまうと、傷口からばい菌が入って膿むことがあります。

また、とびひを誘発するおそれもあります。

とびひは、あせもなどの搔きこわしに黄色ブドウ球菌などの皮膚常在菌が入る病気で、かかるとどんどん広がっていく感染性の病気です。

また、あせもの一つ一つは小さいものですが、いくつも集まって大きくなることがあります。

こうなると、多発性汗腺腫瘍になるケースもあります。

いわゆる「あせものより」と呼ばれるもので、膿んだあせもがよって大豆サイズまで大きくなり、赤いしこりや膿瘍になります。

この状態になるとかゆみに加えて痛みが出ることもあります。

このようなひどい症状を引き起こさないためには清潔にすることが大事です。

汗を拭かずに放っておくと汗腺をふさいでしまいますから、汗が出たらこまめに拭くか、シャワーなどで汗を洗い流すようにします。

そして、頭皮のあせもの場合は、発汗を妨げるような帽子は長い時間かぶらないことも重要です。

素材も汗を吸いやすいものか、通気性のよいものを選びましょう。

(まとめ)意外と知らない女性の頭皮にできるあせもとは?

1.汗が溜まりやすい女性の頭皮にも、あせもはできる

あせもは体外へ出られなくなった汗が皮膚の下で溜まり、小さな水泡を作って発疹になったものです。

あせもは頭皮にもできます。

頭は髪で蒸れやすいことに加えて、帽子をかぶることも原因となります。

女性の場合は髪を束ねるヘアスタイルが原因になることもあります。

2.あせもができる原因

あせもは汗をたくさんかくことで汗孔が詰まって小さな水疱になったものです。

子どもの場合は発汗が盛んなのであせもが出来やすいのですが、大人でも汗を大量にかいて蒸れる状態が続けばあせもはできます。

頭皮のあせもはヘアスタイルも原因になります。

3.白いあせもと赤いあせもとの違い

白いあせもはかゆみがなく、放置しても自然と治るケースが多いようです。

赤いあせもは治るのに時間がかかり、いくつも集まって大きな湿疹になると、強いかゆみを伴います。

4.頭皮のあせもを放っておくとこんなことになる

あせもを放っておくと、膿んだりとびひになって広がったりする可能性があります。

特に頭は髪の毛があって汗が溜まりやすく、汚れやすいところなので化膿しやすい部位です。

頭皮のあせもを防ぐには、汗を頭皮に残さないことと汗が乾くのを邪魔する帽子などはかぶらないことが重要です。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む