髪の自然乾燥は、フケが出る原因の1つとされています


毎日シャンプーしているのにフケがよく出る、という場合、髪の乾かし方に問題がある可能性もあります。

熱によるダメージを避けるために、ドライヤーを使わず自然乾燥にしている人は、フケの出やすい頭皮環境になっているかもしれません。

頭皮が湿った状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなります。

その結果、頭皮の正常なターンオーバーのリズムが崩れ、フケが出やすくなることがあります。

脂漏性皮膚炎などの病気に発展してしまう恐れもあります。

髪を洗った後は、タオルドライとドライヤーの併用で、髪はもちろん、頭皮を速やかに乾かすようにしましょう。

自然乾燥による頭皮環境の悪化以外にも、フケやかゆみの原因はいろいろあります。

気候の変化による多湿や乾燥、栄養バランスの偏り、ストレスによる心身バランスの崩れ、シャンプー時の洗いすぎ・洗い残しなどが考えられます。

ふだんの習慣を見直し、頭皮環境を改善して、フケやかゆみを軽減していきましょう。

自然乾燥は頭皮の雑菌を増やしてしまう恐れがあります


シャンプー後、熱によるダメージを恐れてドライヤーを使わないでいると、どうしても濡れた状態が長く続きます。

髪や頭皮が湿った状態というのは、雑菌が繁殖しやすい環境です。

雑菌が増えすぎると、頭皮の正常なターンオーバーのリズムが崩れてしまうこともあります。

頭皮には常在菌の一種であるマラセチア菌が存在しています。

このマラセチア菌が増えすぎると、「脂漏性皮膚炎」という病気に発展してしまう恐れもあります。

マラセチア菌が分泌する酵素によって脂質が脂肪酸に分解され、この脂肪酸によって皮膚の炎症が引き起こされるのです。

「脂漏性皮膚炎」になると、ベタベタとした塊のようなフケが大量に出るようです。

思いあたる症状がある場合は、皮膚科などを受診してみるとよいでしょう。

タオルドライとドライヤーを併用しましょう

髪や頭皮が湿っている時間を少しでも短くするために、タオルドライとドライヤーを併用して、素早く乾かしていきましょう。

タオルでしっかり余分な水分を取り除くことで、ドライヤーを当てる時間を短縮できます。

髪から10~20 cmほど離して、特に髪の根元を意識しながら風を当てていきます。

同じ場所に熱風が当たらないように気をつけましょう。

ドライヤーで8~9割乾いたら終了するのが理想です。

美容院で、美容師さんによるドライヤー乾燥が終了した時、自分でもちょっと髪を触って、乾燥の程度を確かめてみるのもいいかもしれません。

乾ききる一歩手前で終わるのが、髪の水分を保持し、熱によるダメージを最小限にするコツのようです。

最後に、髪全体に冷風を当ててドライヤーを終了すると、髪のツヤも出てきます。

自然乾燥以外のフケの原因も探ってみましょう

もちろん、フケの原因は自然乾燥ばかりとは限りません。

脂っぽいフケ、乾燥したフケなど、種類はさまざまだと思いますが、フケが出るのは、頭皮のターンオーバーが正常におこなわれていないためといえそうです。

頭皮の皮脂が過剰になる原因としては、夏の暑さ、栄養バランスの偏り、ストレス、洗髪の仕方などがあげられます。

頭皮が乾燥している場合も、皮脂の過剰分泌につながることがあるため、ヘアケア剤などで保湿の工夫をするとよいでしょう。

頭皮も肌の一部ですから、肌の健康維持によいとされるビタミン・ミネラルといった栄養素を、バランスよく摂取できる食事を心がけましょう。

また、改善するのは難しいことですが、日常的なストレスを減らしたり、睡眠時間をしっかり確保したりするなど、生活を見直すことも大切といえるでしょう。

スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)髪の自然乾燥は、フケの原因になる?

1. 髪の自然乾燥は、フケが出る原因の1つとされています

頭皮が湿った状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなります。

その結果、頭皮の正常なターンオーバーのリズムが崩れ、フケが出やすくなることがあります。

また、気候の変化、栄養バランスの偏り、ストレス、シャンプー時の洗いすぎ・洗い残しなども、フケにつながることがあります。

2. 自然乾燥は頭皮の雑菌を増やしてしまう恐れがあります

髪や頭皮が湿った状態というのは、雑菌が繁殖しやすい環境です。

雑菌が増えすぎると、頭皮の正常なターンオーバーのリズムが崩れてしまうこともあります。

常在菌の一種であるマラセチア菌が増えすぎると、「脂漏性皮膚炎」という病気に発展し、ベタベタとした塊のようなフケが大量に出るようです。

3. タオルドライとドライヤーを併用しましょう

髪や頭皮が湿っている時間を少しでも短くするために、まずタオルでしっかり余分な水分を取り除くことで、ドライヤーを当てる時間を短縮できます。

ドライヤーで8~9割乾いたくらいで終了すると、髪の水分を保持し、熱によるダメージを最小限にできるようです。

4. 自然乾燥以外のフケの原因も探ってみましょう

フケの原因は自然乾燥ばかりとは限りません。

頭皮の皮脂が過剰になる原因としては、夏の暑さ、栄養バランスの偏り、ストレス、洗髪の仕方などがあげられます。

頭皮が乾燥している場合も、皮脂の過剰分泌につながることがあるため、ヘアケア剤などで保湿の工夫をするとよいでしょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!