皮膚炎の可能性あり。皮膚科を受診しましょう


フケは、広く知られた頭皮トラブルの症状です。

たかがフケだと思ってそのままにしていたり、シャンプーでゴシゴシこすって落としたりしていませんか。

ポロポロ落ちる大量のフケが出ている場合は、注意が必要です。

脂漏性皮膚炎や乾癬などの皮膚炎が隠れていることがあるからです。

放置していると、抜け毛や薄毛といった毛髪トラブルへと発展する危険性もはらんでいます。

大量のフケや大きなフケ、かさぶたのようなフケが出たら、速やかに皮膚科を受診することをおすすめします。

乾性フケと脂性フケはセルフケアで治る可能性があります

フケと一口にいっても、2種類あります。

一つは、乾性フケ、もう一つは脂性フケです。

ここで紹介する2種類のフケは、正しいケアを行えば、自分でも治せる可能性があります。

乾性フケ

パラパラと肩などについてしまう白い小さなフケが、乾性フケです。

頭皮の乾燥が主な原因。

頭皮が乾燥することで肌のターンオーバーが乱れ、未熟な細胞がまとまって剥がれ落ちたものです。

乾性フケを改善させるには、洗いすぎによって頭皮が乾燥しないように気をつけなければなりません。

また、頭皮用のローションなどで保湿ケアを行うのも効果的です。

脂性フケ

乾性フケとは違い、ベタベタしているのが脂性フケです。

これは、皮脂の過剰分泌が原因となるフケで、フケそのものも脂っぽくベタつきがあります。

また少し黄味がかった色で、乾性フケに比べて大きめなのが特徴です。

脂性フケの場合、余分な皮脂が頭皮に残ったままにならないように気をつけ、丁寧に洗うことが大切です。

また、脂っこいものや甘いものの食べ過ぎに気をつけ、生活習慣を整えるのも効果的です。

長引くフケ症状は、皮膚科を受診しましょう

一般的なフケであれば、適切なケアをすれば徐々に改善していきます。

しかし、どんなにケアをしても良くならない場合は、単なるフケではなく病気が隠れているかもしれません。

長引くフケ症状は、皮膚科を受診しましょう。

マラセチア菌が原因で起こる「脂漏性皮膚炎」


単なるフケ症状と間違われやすいものとしてよくあるのが脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は、皮脂を好む性質のあるマラセチア菌が、皮脂の過剰分泌によって増殖してしまうのが原因で起こる皮膚炎です。

マラセチア菌が増えたことで頭皮が刺激され、大きなかさぶたのようなフケが発生します。

さらに進行すると炎症の痛みやかゆみが出てくることもあります。

脂漏性皮膚炎は、セルフケアではなかなか治らないケースもあるので、皮膚科で適切な治療を受けることが大切です。

治療では、まず炎症を抑え、増えすぎたマラセチア菌を減らすために、ステロイド剤や抗真菌剤といった塗り薬を用います。

場合によっては、抗真菌薬の入ったシャンプーや服薬が必要になることもあります。

治療が長くなることもありますが、治療をしなければ再発や脱毛症になる可能性もあるので、早めに治療を受けましょう。

紅斑とポロポロ剥がれる角質が特徴の「乾癬」

乾癬もフケに間違われやすい病気の一つです。

まだ詳しい原因については研究段階であり、まだ解明されていません。

しかし、もともとの体質や遺伝も要因であるといわれており、発症に至るかどうかはストレスや生活習慣などの外的要因も関わっているとされています。

乾癬の症状は、発疹や紅斑ができ、その後上に白く乾燥した角質が重なり合い、ボロボロと剥がれ落ちていきます。

ときにかゆみを伴うこともあり、乾燥性のフケと混同しやすい病気です。

乾癬はセルフケアで対処するのは難しいので、速やかに専門医に相談しましょう。

ただし、乾癬は完治させるのは難しいとされています。

しかし、適切な治療を継続すれば、症状を緩和させることができます。

具体的な治療は、ステロイド外用薬やビタミンD3の外用薬の使用です。

治療の効果には個人差もあるため、紫外線照射や内服薬などの治療が行われるケースもあります。

いずれにせよ、自分に合った治療方法を見つけることが大切です。

そのためにも、できるだけ早く専門医に相談する必要があります。

スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)ポロポロ落ちる大量のフケ、どうしたらいいの?

1. 皮膚炎の可能性あり。皮膚科を受診しましょう

一般的に、フケは頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌が原因で起こり、セルフケアである程度改善させることができます。

しかし、なかなか治らないフケや大きなかさぶたのようなフケ、ポロポロ大量に落ちるフケは病気が隠れているケースがあるので注意が必要です。

2. 乾性フケと脂性フケはセルフケアで治る可能性があります

フケには、乾性フケと脂性フケの2種類があります。

乾性フケは頭皮の乾燥が原因で、脂性フケは皮脂の過剰分泌が原因です。

どちらもシャンプー方法の見直しが有効で、優しく丁寧に洗うことで改善する可能性があります。

3. マラセチア菌が原因で起こる「脂漏性皮膚炎」

フケと間違われやすいのが脂漏性皮膚炎です。

皮脂の過剰分泌によりマラセチア菌が増殖、それが刺激となり頭皮が炎症を起こします。

大きなかさぶたのようなフケが出るのが特徴で、自然治癒するのは難しく、抗真菌薬やステロイド剤での治療が必要です。

4. 紅斑とポロポロ剥がれる角質が特徴の「乾癬」

盛り上がった紅斑とその上を覆うようにできる角質が特徴の乾癬も、ポロポロと角質が剥がれる様子からフケだと勘違いされやすい病気です。

原因はまだ解明されておらず、完治させるのも難しい病気ですが、適切な治療を継続すれば症状を緩和することができます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!