頭皮を清潔に保つことが雑菌の繁殖を防ぎます


頭皮には常在菌が存在しますが、これはもとから皮膚にあるものです。

頭皮の常在菌が通常の数でしたら問題ないのですが、大量に繁殖してしまうと雑菌となり、不快な臭いや荒れなどを起こし、頭皮環境が悪化します。

頭皮環境が悪いと髪が正常に育たず、抜け毛を招くなど様々なヘアトラブルにつながります。

では、どのような場合に菌が繁殖してしまうのでしょうか。

それは、頭皮が不衛生な状態のときです。

皮脂や汗などの汚れは頭皮に長時間放置されると、酸化を始めます。

そのような酸化した汚れを養分として、菌は増殖していきます。

ですから、皮脂や汗などで頭皮が汚れたら、早めに洗い流すことが大切です。

そのためには、洗髪は毎日行いたいものです。

ただし、洗いすぎは必要な潤いまで奪ってしまいます。

そうなると、奪われた潤いを補おうとして、皮脂が過剰に分泌します。

皮脂過剰も雑菌の繁殖を促してしまい逆効果となるので、一日に一度のペースでの洗髪が良いでしょう。

洗髪で一日の汚れを落とし、頭皮を清潔に保って雑菌の繁殖を防ぐよう心がけましょう。

洗髪方法を工夫して雑菌の繁殖を防ぎましょう

汚れを取り除く、正しい洗髪方法

雑菌の繁殖を防ぐためには、頭皮を清潔に保つ心がけをしたいものです。

そのためには、洗髪で汚れを取り除くことが大切です。

洗髪の方法が良くなければ頭皮に汚れが残ってしまい効果がありません。

予洗いで効果的に汚れを落とす

それでは、汚れをしっかりと落とせる正しい洗髪方法とはどのようなものでしょうか。

まず、洗髪前にブラッシングをして髪を解きほぐしておきましょう。

そうすることで、頭皮の汚れを落としやすくなります。

また、シャンプー剤を使う前に予洗いを行うことも効果的です。

予洗いとは、お湯だけで髪や頭皮の汚れを落とすというものです。

髪をかけあげながら、頭皮全体にまんべんなくシャワーのお湯をあてて汚れを流すというものです。

予洗いは2分程度続けるようにしましょう。

シャンプー剤の流し残しが雑菌の繁殖の原因になります

シャンプー剤はあらかじめ泡立てる

シャンプー剤はあらかじめ手のひらで良く泡立ててから、頭皮につけるようにしましょう。

頭皮につけてからでは泡立ちが悪くなりますし、泡立ちが不十分なまま使用するとシャンプー剤の洗浄効果が発揮されにくくなってしまいます。

そして、頭皮を洗うときには、指の腹を使いマッサージするように洗いましょう。

生え際から頭頂部に向けて指の位置をずらしながら、頭皮全体を優しく洗いあげてください。

すすぎはていねいに行う

シャンプー剤をすすぐときには、流し残しに気をつけてください。

シャンプー剤やコンディショナー類の流し残しが頭皮についたままだと、雑菌の繁殖の原因となってしまいますので注意をしましょう。

すすぎはていねいに行い、しっかりとシャンプーやコンディショナーを洗い流してください。

洗髪後はドライヤーを使い、速やかにヘアドライをしましょう

ぬれた頭皮は雑菌が繁殖しやすい

頭皮の雑菌の繁殖を防ぐために、洗髪後には速やかにヘアドライを行いたいものです。

ぬれた状態の頭皮は雑菌が繁殖しやすくなっていますので、髪や頭皮を長い時間ぬれたままにするのは避けましょう。

自然乾燥やタオルドライは、髪が乾ききるまでに時間を要しますので、その間に雑菌が繁殖してしまいます。

洗髪後には、ドライヤーを使用して速やかにヘアドライを行うようにしましょう。

頭皮環境を良好に保つ心がけを

正しい方法での洗髪やヘアドライを行い頭皮を清潔に保つことが雑菌の繁殖を防ぐ対策になりますが、同時に日頃から生活習慣に気を配り、頭皮環境を良好に保つ心がけをしたいものです。

頭皮環境が悪いと雑菌の繁殖を促してしまいますから、頭皮環境を乱す睡眠不足や偏った食生活は避けたいものです。

運動不足、ストレス、喫煙や過度な飲酒も頭皮環境が乱れる原因となりますので、注意をしましょう。

(まとめ)頭皮に雑菌を繁殖させないための対策はありますか?

1. 頭皮を清潔に保つことが雑菌の繁殖を防ぎます

頭皮にもともと存在している常在菌は、通常の数でしたら問題のないものです。

しかし、常在菌が大量に繁殖してしまうと、雑菌となり不快な臭いや頭皮環境の悪化をひきおこします。

頭皮に雑菌を繁殖させないためには、洗髪などで頭皮を清潔に保つことが大切です。

2. 洗髪方法を工夫して雑菌の繁殖を防ぎましょう

毎日、洗髪を行っていても、やり方が良くなければ汚れを落とし切れず、雑菌の繁殖を防ぐことができません。

しっかりと汚れを落とすには、洗髪前にブラッシングをして髪を解いておくと良いでしょう。

また、お湯だけで汚れを洗い流す予洗いも効果的です。

3. シャンプー剤の流し残しが雑菌の繁殖の原因になります

シャンプー剤を使うときには、頭につける前にあらかじめ手のひらで泡立てておきましょう。

頭皮を洗う際には、指の腹で優しくマッサージをするようにして、全体を洗うのがコツです。

また、シャンプー剤やコンディショナー類の流し残しがあると雑菌の繁殖につながりますので、しっかりと流すようにしましょう。

4. 洗髪後はドライヤーを使い、速やかにヘアドライをしましょう

ぬれた状態の頭皮は雑菌が繁殖しやすくなっていますので、洗髪後はすぐにヘアドライをしましょう。

自然乾燥やタオルドライでは、髪が乾ききるまでに時間がかかりますので、その間に雑菌が繁殖してしまいます。

ドライヤーを使って短時間で乾かすようにしましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む