シリコンの有無より、洗い方や主成分が問題です


フケが気になるからノンシリコンシャンプーにかえてみたのに、逆にフケが増えた気がする。

最近、そんな悩みを抱える女性が増えているようです。

頭皮や髪に優しいといわれるノンシリコンシャンプーなのに、フケが増えるなんて、と思うかもしれません。

しかし実は、フケの症状にシリコンが入っているかどうかは直接関係していないのです。

確かに一時期「シリコン成分は毛穴をふさいでしまうため頭皮トラブルの原因になる」といった情報が広まりました。

しかし、この説に科学的な根拠はなく、最近ではきちんとすすぎをすれば問題がないとされています。

もちろんシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーには、洗い上がりがスッキリする、髪質が軽くなりボリュームを出しやすくなるなどのメリットがあります。

ですが、シリコンが入っていないからといってフケが出なくなるというわけでもないのです。

ノンシリコンシャンプーを使いだしてからフケが増えてしまった場合、

  • ノンシリコンシャンプーの洗浄力が頭皮に合わない
  • すすぎ残しや乾燥不足

というのが主な理由です。

頭皮にあった洗浄成分を選ぶ、きちんと洗い流す、ドライヤーでしっかり乾かす、といった基本的な洗髪方法を見直してみましょう。

シリコン成分がフケを増やすわけではありません

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通り「シリコン成分を含まないシャンプー」のことです。

市販の多くのシャンプーにはシリコンが含まれています。

これはシリコン成分がキューティクルに付着し、コーティングすることで髪どうしの摩擦を防いだり、髪にツヤを与えたり、指どおりをなめらかにしてくれるため。

そのシリコンが毛穴に詰まって頭皮や髪に悪影響がある、といわれて注目されたのがノンシリコンシャンプーです。

しかし実際には、シリコンが髪や頭皮に悪影響を与えるという科学的な根拠は出されていません。

むしろシャンプー中のきしみを軽減する、髪を一時的にコーティングしてドライヤーの熱や空気の乾燥から守るなど大切な役割があり、シリコンは髪を守るうえで必要な成分ということもできるのです。

フケが発生する主な原因は、頭皮の乾燥、シャンプー剤のすすぎ残しなど、シリコン成分のあるなしとは無関係な要素なのです。

フケが増える原因は洗浄成分と洗髪方法


なぜノンシリコンシャンプーにかえたとたんにフケが増えるのでしょうか。

そこには、いくつかの原因が考えられます。

  • 洗浄成分が強すぎる

    市販の安価なシャンプーの場合、シリコンかノンシリコンかに関わらず、洗浄成分に高級アルコール系界面活性剤が使用されています。

    こうした成分は洗浄力と脱脂力が強く、汚れや皮脂がきれいに落ちる反面、皮脂やうるおい、頭皮環境を整える常在菌まで根こそぎ奪ってしまう危険があるのです。

    直接の保護・保湿の効果がないノンシリコンシャンプーの場合、洗浄力が強すぎるとそのまま頭皮環境が悪くなり、フケの原因となることがあります。

  • 頭皮を傷つける洗い方をしている

    同じノンシリコンシャンプーでもアミノ酸系などのマイルドなものであれば皮脂分泌が過剰になる心配はありません。

    ですが、洗浄力が弱いということは、しっかり丁寧に洗わなければ汚れが落ちないということです。

    シリコン入りに比べ泡立ちの悪いノンシリコンシャンプーは、しっかり洗おうとするあまり強くこすって頭皮を傷つけ、頭皮トラブルを起こしてしまいがちです。

  • オイル成分が残っている

    ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないぶん、髪のからまりやきしみがおきやすく、これをカバーするためにオイルなどが配合されています。

    このオイル成分をきちんと洗い流せていないと、ドライヤーの熱や紫外線で変質して頭皮のかゆみやフケの原因になることがあります。

フケのタイプによってシャンプーを選びましょう

ノンシリコンシャンプーを使いながらフケの対策をしたい場合、まず自分のフケのタイプを確認しましょう。

乾性フケの場合

パラパラと乾いた粉状のフケの人は、頭皮が乾燥している可能性があります。

そういう方に、脱脂力の強い高級アルコール系や石鹸系の洗浄成分が配合されているノンシリコンシャンプーはNG。

具体的には「~硫酸」「スルホン酸~」といった成分が入っているものは要注意です。

アミノ酸系の洗浄成分で保湿力が高いものを選びましょう。

脂性フケの場合

ねっとりとして大きい脂性フケの人は皮脂の過剰分泌をおさえる必要があります。

アミノ酸系の洗浄成分を使ったノンシリコンシャンプーは、脱脂力が低く、皮脂を十分洗い流せずにフケの原因になる場合があります。

やや洗浄力の高い洗浄成分を配合したシャンプーがおすすめです。

どちらのタイプにもいえることは、自分の頭皮の状態にあったシャンプーを選ぶこと、そしてノンシリコンシャンプーの特性を考えた洗い方をすることです。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーにかえるとフケが増えることがある?

1. シリコンの有無より、洗い方や主成分が問題です

実はシャンプーにシリコンが入っているかいないかは、フケとは関係がありません。

ノンシリコンシャンプーにかえてフケの症状が出る場合、シャンプー剤の成分が頭皮に合っていない、すすぎや乾燥ができていないといった原因がほとんどです。

2. シリコン成分がフケを増やすわけではありません

「シリコン成分は毛穴に詰まって頭皮に悪い」というのは俗説にすぎない、というのが通説です。

むしろ通常シリコンはシャンプー中のきしみを軽減し、髪をコーティングすることで熱や乾燥から髪を守るものです。

フケが発生する原因は、主にシャンプーの洗浄成分や洗い方にあります。

3. フケが増える原因は洗浄成分と洗髪方法

ノンシリコンシャンプーにかえたとたんにフケが増える原因としては

  • ノンシリコンシャンプーは洗浄力が強すぎて頭皮環境が悪化する
  • 泡立ちにくいため、強くこすって頭皮を傷つけてしまいやすい
  • シリコンの代替要素のオイル成分が変質して頭皮を傷める

などが考えられます。

4. フケのタイプによってシャンプーを選びましょう

ノンシリコンシャンプーを選ぶ際には頭皮に合うものを選びましょう。

乾性フケの人は、脱脂力の強い高級アルコール系や石鹸系ではなくアミノ酸系のシャンプーを。

脂性フケの人には、やや洗浄力の高い洗浄成分を配合したシャンプーがおすすめです。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む