風呂上がり後のすばやい乾燥がフケを防ぎます


風呂上がりはリラックスしていて、ゆっくりとくつろいでしまいがちですよね。

でも、実は髪を濡れたまま放置するのは危険です。

風呂上がりに髪を自然乾燥で乾かそうとすると、頭皮が乾くまでにかなりの時間がかかります。

乾くまでの間、頭皮は、生乾きの髪の毛に包まれているため、湿度が高くカビ菌が繁殖しやすい環境になっているのです。

その結果、フケが増えてしまったり、脂漏性皮膚炎になったりする原因に。

髪をしっかり洗った後は、できるだけすばやくドライヤーで乾かす習慣をつけましょう。

頭皮のフケが気になる人は、洗髪後のドライヤーの使い方を見直してみると良いかもしれません。

頭皮の生乾きは、脂性フケの原因です

「髪は自然乾燥が一番だ」と考えている方も多いようですが、実はそれは間違いです。

髪を自然乾燥させるということは、乾くまでの間は生乾きの状態が続くということになります。

洗濯物も生乾きの時間が長くなると臭くなるように、頭皮も生乾きの状態が長く続くと臭くなるのです。

この臭いの元になっているのがマセラチア菌。

湿度の高いところが大好きなこれらのカビ菌は、皮脂も好物です。

そのため、頭皮が濡れた髪の毛で覆われている状態が長く続くと、皮脂と湿度の高さが原因となり、カビ菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

マセラチア菌は皮膚常在菌なので、頭皮が健康な場合は特に問題がおきません。

しかし、生乾きが原因となりマセラチア菌が頭皮で大繁殖してしまうと、脂性フケやかゆみの原因になってしまうのです。

症状が悪化すると脂漏性皮膚炎になってしまい、皮膚科での治療が必要になってしまうこともあります。

頭皮の健康のためにも、洗髪後はできるだけすばやくドライヤーで乾燥させる習慣をつけましょう。

熱風で乾燥しすぎるのも、乾性フケの原因になります


髪の毛は生乾きの状態を避けるため、できるだけすばやく乾燥させることが良いといわれています。

そのためには、ドライヤーを使用して乾燥させることが大切です。

とわいえ、しっかりと乾かそうと頑張りすぎ、ドライヤーの熱を長時間頭皮に当て続けることも良くありません。

ドライヤーの熱風はすばやく乾かすためには効果的なのですが、使いすぎると頭皮が乾燥して逆効果になってしまうことがあります。

その結果、乾性フケの原因になってしまうことも。

頭皮が健康な時なら多少の乾燥も皮脂が補ってケアしてくれますが、乾燥しがちな人はドライヤーの使いすぎにも注意が必要です。

正しいドライヤーの使い方を覚えましょう

生乾きも、ドライヤーの使いすぎもフケの原因になってしまう。

どうしたらいいの?と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

確かにどちらも良くありませんが、ドライヤーの使い方を間違えなければ、このような問題がおきることはありません。

まずは、しっかりと正しい使い方を覚えて試してみてください。

  1. 最初はタオルドライで水気をとる

    いきなりドライヤーで乾かすのではなく、まずは乾いたタオルで髪の毛の水分をとりましょう。

    タオルドライをすることによって、ドライヤーを使用する時間が減るのでダメージが少なくなります。

    タオルドライの際は、ゴシゴシすると髪が傷んでしまうので、タオルで挟むように押し当てて優しく水分を吸収するようなイメージで行ってください。

  2. 熱風で8割ほど乾かす

    ある程度、タオルドライで水分がとれたらドライヤーの出番です。

    ドライヤーは頭から10 cmほど離したところから風を当てるようにしましょう。

    この時のポイントとしては、髪の毛ではなく、頭皮を乾かすように心がけてください。

    毛先は多少濡れたままでも問題ありません。

    また、熱風が同じところに当たり続けると良くないので、まんべんなく様々な場所に当たるようにドライヤーを移動してください。

    髪の毛の量が多い人は、熱くなりすぎないように途中で冷風を併用するのもお薦めです。

  3. 冷風で落ち着かせる

    熱風で8割方乾いたら、最後は冷風に切り替えてください。

    頭皮をクールダウンさせるだけでなく、髪のキューティクルを引き締める効果があるのでツヤのある髪の毛になります。

(まとめ)風呂上がりに気になるフケは、乾かし方に問題があるの?

1. 風呂上がり後のすばやい乾燥がフケを防ぎます

風呂上がりはリラックスして、髪を乾かすことは後回しにしがち。

でも、髪を濡れたまま放置しておくのは危険です。生乾きの頭皮は湿度が高く、カビ菌の繁殖原因になります。

ドライヤーですばやく乾かしましょう。

2. 頭皮の生乾きは、脂性フケの原因です

髪は自然乾燥のほうが良いと考えている方も多いようですが、実は間違いです。

生乾きの状態が長く続くため、マセラチア菌などのカビが繁殖しやすくなります。

脂性フケや脂漏性皮膚炎の原因になるので気をつけましょう。

3. 熱風で乾燥しすぎるのも、乾性フケの原因になります

ドライヤーを使って髪の毛をすばやく乾かすことは重要ですが、乾かしすぎると逆に乾燥してフケの原因になりかねません。

元々頭皮が乾燥しがちな人は、ドライヤーの使いすぎに気をつける必要があります。

4. 正しいドライヤーの使い方を覚えましょう

髪を乾かす時は、ドライヤーを使用する前にタオルドライで水分をとることが大切です。

ドライヤーは頭から10 cmほど離し、頭皮を乾かすように熱風を当てましょう。

8割ほど乾いたら、冷風に切り替えて引き締めます。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む