必ずしも体質のせいだけとはいえません


地肌も皮膚の一部と考えると、もともと乾燥しがちな肌、脂っぽい肌の人は、頭皮も同様のトラブルを抱えている恐れがあり、それがフケの原因となっているかもしれません。

また、アレルギー体質の人は皮膚が荒れがちなので、フケが出やすくなるといわれています。

しかし、生まれつきの体質だからと諦めないでください。

確かに体質を劇的に変えるのは難しいかもしれませんが、適切なケアを行うことによって、頭皮が健やかになり、フケを少なくできる可能性があります。

フケが出やすい理由の一つに、頭皮環境の悪化が考えられます。

汚れや乾燥、刺激などが頭皮にダメージを与え、フケを増やしてしまうのです。

頭皮環境を整えるには、頭皮を清潔にするだけでなく、適度な油分と潤いを与えることも必要です。

それぞれの体質によって対処法も異なるので、まずは自分の肌の状態を観察し、自分に合ったケアを行いましょう。

また、食生活や生活習慣の乱れなども、頭皮に悪影響を及ぼすといわれています。

頭皮のケアをしながら、健康的で規則正しい生活を心掛ければ、頭皮環境の状態の好転が期待できるので、ケアは積極的に行いましょう。

乾燥肌の人は保湿対策が重要なカギです

頭皮の皮脂や、水分が不足していると、「乾性フケ」が出やすくなります。

粉のようにパラパラと落ちるのが特徴です。

水分も油分も少ない乾燥肌の人だけでなく、フケを落とす為に洗浄力の強いシャンプーを使ったり、1日にシャンプーを何度もしたりする人は、皮脂を取り過ぎてしまい、必要以上に皮脂が少なくなっていることがあります。

頭皮を守る皮脂が不足すると、水分が蒸発して頭皮が乾燥し、バリア機能が低下することで頭皮がダメージを受けてフケが増えるのです。

乾燥を防ぐには、頭皮への刺激が少なく、必要な潤いを守るアミノ酸系シャンプーで洗い、頭皮用保湿ローションやオイルなどを用いると効果があるといわれています。

また、強い力でゴシゴシとこするのは禁物です。

頭皮を傷めないように優しく洗いましょう。

脂性肌とインナードライ肌は間違えやすいので注意しましょう


皮脂の分泌が過剰になっているのが脂性肌の人です。

ベトベトと脂っぽく髪にくっつく「脂性フケ」は、汚れや皮脂の過剰分泌などが原因と考えられています。

皮脂や汚れが毛穴に詰まると、雑菌が繁殖しやすくなり、脂漏性皮膚炎などの炎症を起こす可能性もあるので、清潔に保つように心掛けてください。

余分な皮脂や汚れを取り除く為にシャンプーは必要ですが、乾燥肌と同様に、洗い過ぎには気をつけましょう。

必要な皮脂まで取り除いてしまうと、それを補おうとして皮脂を過剰に分泌させてしまうからです。

それから、脂性肌と思っていたら、表面上は脂っぽいのに中は乾燥しているという「インナードライ肌(脂性乾燥肌)」だったという人もいます。

インナードライ肌は、肌の水分量が少なくなった為に、これ以上、水分を蒸発させないように、皮脂を多く分泌している状態です。

普段はしっとりしているのに、シャンプー後はつっぱる気がする場合は、もしかしたらインナードライ肌かもしれないので、しっかりと保湿をするようにしましょう。

アレルギー体質の人は専門医の指導の下で治療しましょう

体を守る為の免疫機能が特定の物質に過剰に反応する状態をアレルギーといいます。

アレルギーが引き起こす病気には、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎などがあります。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人が、生活環境や心身のストレスなど様々な悪化要因によって発症するといわれています。

皮膚が乾燥しやすいので乾性フケが発生したり、かゆみを伴う為にかきむしってしまい、かさぶたができてしまったりすることもあります。

皮膚を清潔にして、保湿と保護をすることが大切です。

アレルギー体質を完治することは難しいといわれていますが、悪化させる因子を知り、環境を整えることで症状を軽減させることも可能です。

専門医に相談し、適切な治療を受けましょう。

(まとめ)フケが出やすいのは体質のせいですか?

1. 必ずしも体質のせいだけとはいえません

乾燥肌、脂性肌、アレルギー体質の人はフケが出やすくなります。

頭皮環境を整える為に、自分の肌の状態に合わせて適切なケアを行いましょう。

食生活や生活習慣なども影響を及ぼすので、改善するように心掛けましょう。

2. 乾燥肌の人は保湿対策が重要なカギです

頭皮を守る皮脂が不足すると、水分が蒸発して頭皮が乾燥し、バリア機能が低下して頭皮がダメージを受け、乾性フケが増えます。

刺激が少ないシャンプーや頭皮用保湿ローションなどを用い、頭皮を傷めないようにしましょう。

3. 脂性肌とインナードライ肌は間違えやすいので注意しましょう

汚れや、皮脂の過剰分泌によって脂性フケが出ます。

清潔を保つことは必要ですが、より皮脂が増えるので、洗い過ぎには気をつけてください。

表面は脂っぽいのに中は乾燥しているインナードライ肌の場合は、保湿しましょう。

4. アレルギー体質の人は専門医の指導の下で治療しましょう

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質や皮膚のバリア機能が弱い人が様々な悪化要因で発症するといわれ、皮膚が乾燥しやすく、乾性フケが出ることもあります。

皮膚を清潔にして保湿と保護をし、専門医の治療を受けましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む