頭皮のフケがひどい時は、皮膚科へ行きましょう


頭皮のフケは、多少ならシャンプーの方法や生活習慣、食習慣などを見直すだけで改善されることがあります。

しかし、長期間に亘る場合や、目に余るほど量が多いフケは皮膚科を受診する必要がある可能性が高いです。

脂漏性皮膚炎や白癬、疥癬といった皮膚炎の可能性も考えられます。

感染症の場合は、いくらシャンプーや生活習慣を見直しても治ることはありません。

症状に合わせた薬を処方してもらう必要があります。

たかがフケと思わずに、ひどくなる前に皮膚科での診察・治療をすることが大切です。

フケは皮膚炎が原因になっている可能性があります

フケを伴う頭皮の皮膚炎があります。

これらの症状が気になる場合は、できるだけ早く診察を受けましょう。

脂漏性皮膚炎

しっとりとした大きめのフケが出る、頭皮が赤いなどの症状を伴う場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

頭皮だけでなく、耳周り、眉毛や鼻の周りなどに症状が出ることが多いです。

皮膚が赤くなって薄くむけてきたり、カサカサと剥がれ落ちてきたりした皮膚がフケとなります。

皮膚常在菌のバランスが崩れ、マセラチア菌というカビの一種が増えすぎたことが原因です。

頭部白癬

頭皮のフケに加えて脱毛が気になる場合は、頭皮白癬の可能性があります。

別名「しらくも」とも呼ばれていて、白癬菌という水虫の原因として有名な菌が頭皮に感染することでおこる感染症です。

剥がれ落ちた角質や毛髪から、他者へ感染する可能性があります。

尋常性疥癬

疥癬とは皮膚に赤い発疹ができて、次第に広がっていく皮膚炎です。

表皮の細胞が過剰に作られてしまうため、皮膚が厚く盛り上がって皮膚の粉がフケのようにポロポロと落ちていきます。

疥癬は、人に感染することはありません。

発症の詳しい原因はわかっていませんが、遺伝、ストレス、食生活などが要因になっているのではないかと考えられています。

皮膚科では検査をして必要な薬を処方してくれます


皮膚科では顕微鏡などを用いて感染症にかかっていないかを確認、フケの原因がどこにあるのかを調べてくれます。

ほとんどの場合は、脂漏性皮膚炎と診断されるケースが多いようです。

症状に合わせた治療や薬の選択が必要になるので、必ずしも1回の診察で劇的に改善されるとは限りません。

なお、脂漏性皮膚炎の場合、下記のような薬が処方されることがあります。

  • 炎症を抑えるリンデロンなどの「ステロイド外用薬」
  • 菌の繁殖を抑えるニゾラールなどの「抗真菌剤(カビ止め)」
  • かゆみを抑える「抗アレルギー薬」や「抗ヒスタミン薬」
  • 皮膚の代謝を正常に近づけるための補助として「ビタミンB2」や「ビタミンB6」

頭部白癬や尋常性疥癬も外用薬によって治療をしていくことが多いですが、脂漏性皮膚炎とは薬が異なりますので自己判断で使用しないようにしてください。

皮膚科の受診と同時に、生活を見直してみましょう

脂漏性皮膚炎の場合、日常生活の中で気をつけるだけで悪化を避けることができます。

  • シャンプーの方法

    抗菌効果があるシャンプーを使用することで、菌の繁殖を抑えることができます。

    ただし、肌が弱っている状態なので、洗浄力が強い石油系ではなく、アミノ酸系などの肌に優しい洗浄成分が含まれたものを使用することをお薦めします。

    洗う時のお湯の温度は36~38度ほどのぬるま湯がベストです。

  • 食事の内容

    脂漏性皮膚炎の場合、皮膚の過剰分泌が原因になっています。

    ジャンクフードや脂っぽい食事を避け、肌の代謝を促すビタミンを多く摂取しましょう。

    特にビタミンB群は内服薬でも出されることが多い成分です。

    また、辛いものやコーヒーなどは刺激物になるため、フケが増える可能性があります。

  • 睡眠

    睡眠不足は頭皮のターンオーバーを妨げます。

    特に夜10時から翌2時まではゴールデンタイムといわれる肌の再生が一番活発になる時間です。

    その時間にしっかりと、良質な睡眠をとることができるように気をつけてみてください。

(まとめ)頭皮のひどいフケを治すのに、病院へ行ってもいいの?

1. 頭皮のフケがひどい時は、皮膚科へ行きましょう

頭皮のフケは多少ならシャンプーの方法や生活習慣を見直すことで改善されます。

しかし、長期間に亘る場合はなんらかの皮膚炎になっている可能性が高いので、皮膚科の診察を受けたほうが良いかもしれません。

2. フケは皮膚炎が原因になっている可能性があります

脂漏性皮膚炎、頭部白癬、尋常性疥癬など、フケを伴う皮膚炎が存在しています。

どれも、放っておくと悪化する可能性が高いものばかりなので、自己判断で対処しようとせずに皮膚科でしっかりと治療をしましょう。

3. 皮膚科では検査をして必要な薬を処方してくれます

皮膚科では、顕微鏡検査などで何が原因でフケが発生しているのかを調べてくれます。

必ずしも1回の診察で劇的に改善されるとは限りませんが、症状に合わせた薬や治療法が選択されるため安心です。

4. 皮膚科の受診と同時に、生活を見直してみましょう

脂漏性皮膚炎の場合、日常生活の中で少し気をつけるだけでも改善されていくことがあります。

皮膚科で診察を受けるのと同時に、シャンプーの方法、食事の内容、睡眠の質など生活を見直してみましょう。

この抜け毛の原因をチェックしましたか?

中高年女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係するの?

中高年の女性で抜け毛に悩まされている方は多くいます。更年期をはじめとしてホルモンバランスが崩れやすいことと関係があるのかについて説明します。

続きを読む